« BSのビデオクリップ2本 | トップページ | Mainichi Weekly 3/11号 »

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』初日

viggo_and_maria写真プレゼントにつられて東劇の初回に行ってきました。
(左の写真をクリックすると、大きな写真でご覧いただけます。)

劇場入り口にある、等身大のヴィゴのパネルにお出迎えされて入場。入り口でプレゼント写真をいただきました。(サインもプリントです。1000枚ですから当然ですね。)

hov_program 今回、プログラムが豪華なのにはびっくり。
ヴィゴの顔のアップのカラーの帯がついた、ハードカバー(24ページ)のプログラムが1000円でした。
中の写真はすでに見たことがあるものですが、紙質はもちろんいいですし、キャストのインタビュー、中身の濃いレビューの他に、監督の長めのインタビュー(PLAYBOY誌のものと内容的には重なっているかな?)とフィルモグラフィーがあったり、まさに保存版といった作りです。
これで1000円なら安い!

映画の方は、プレミアとよみうりホールの試写会に続いて、3回目なのですが、どういうわけだか「あれ? こんなシーンあったっけ?」とあらためて気づくシーンがあったりして、見るたびに新しい発見がある不思議な映画です。
字幕に気をとられていると、微妙な表情の変化を見逃してしまうので、少なくとも2回は見に行きたい作品ですね。

プレミアとよみうりホールの試写ではなかったボカシが入ったシーンや、急に画面が暗くなるシーンがありました。
ボカシがあったり画面を不自然に暗くする方が、かえってイヤラシイ感じがすると思うんですけどね。R-15指定なんですから、変な小細工をしないほうがいいのに。

明日ももう一度見に行く予定なので、今度はどんな発見をするか、楽しみです。

|

« BSのビデオクリップ2本 | トップページ | Mainichi Weekly 3/11号 »

History of Violence」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん、こんにちは!
東劇でお見かけしたのですが、会釈程度になってしまってすみませんでした~。
ボカシ、気になりましたよねえ(^^;本当に、かえってイヤらしくなりますよね。DVDが発売になるときは無修正でお願いしたいものです。
今回2回目の鑑賞でしたが、やっぱり「ここってこうだったかな?」って思うところがあったので、また確認しに行かなくちゃ。
そして毎回観るたびに、確認確認!とエンドレスになりそうです~(^^;

投稿: Naomi | 2006.03.12 09:33

punktさん、こんにちは。
いらしたんですね。いいなー。
三冬は熱が出て、昨日今日は動けませんでした。
明日強行突破して東劇に行ってきます。
プログラム、すごく楽しみです。
ボカシ・・・?(日本の映画館って、これだから。。。)
千葉劇場にもいく予定なので、そちらでも確認してみます。
↓のダウンロード、ありがとうございました。
録画し損ねたのもあったので、うれしいです~。

投稿: 三冬 | 2006.03.12 13:02

 私は初回の途中にロビーに入って、2回目を見ました。 初回のお客さんが出てくるところを見てましたが、ほんとにいろんな客層が来ていらして、なんとなくうれしかったです。

 プログラムが豪華なのは、ヴィゴファンにはうれしいけれど、一般のファンにはどうなんでしょうとちょっと心配。東劇でも、おじさんが「1000円?ハードカバー?いらんいらん 普通のでいいのに」と売店のお姉さんに言ってました。
 こんな豪華なプログラムを見たのは初めて。それにこのつくりで1000円というのは安いと思うんですけどね。


>ブログサービス(ココログ)がメンテナンスに失敗して
 ええ、ちょうどそのとき書き込もうとした間の悪い私です。しくしく。
 下のブリジットとの写真、どれもよくて。でも退色しているように見えるのは「効果」なのか微妙だわと思った・・というようなことを書いたのでした。

投稿: mizea | 2006.03.12 18:21

punktさん、いつもですが、ステキなクリップを有難うございます。

初日に2回目を見ましたが、たくさんの観客を見て、
本当にうれしくなりました。
HoVは、広い観客層の方々が鑑賞できる、
かなり質の高い映画と感じました。
それに、このプログラムは必読ですね。

ヴィゴ、かっこよかったですね~♪
ジョーイは本当に殺人が上手かったんだと
信じてしまいました(爆)

私もぼかしには憤慨しました。
ヴィゴとマリアの捨て身の演技が台無しじゃないですか!
もっと問題の映画がいっぱいあると思うのですが。
見たことないですけど。。。

投稿: H | 2006.03.12 20:18

punktさん、今日は鑑賞前におじゃまいたしました。
わたしも昨日今日と連続鑑賞して、だんだん細部に目がいっているところです。でもまだ貯金箱に気づけない・・・。

ところでそのボカシと暗転、汐留の試写会から入ったんですよ!
プレミアでは入っていなかった、と同行した方から試写直後に聞いて、プレミアはカナダ仕様で、これは日本用だからなのかなあ、と自分を納得させておりましたら、前日のよみうりホールでも入っていなかったと言われ・・・地団駄踏みました!!(笑)

1日違いの試写会で仕様が変わるなんてことがあるとは。。。どっからクレームがついたんでしょうね?
DVDでは余計な修正が入りませんように!

投稿: mate_tea | 2006.03.13 00:06

Naomiさん
こちらこそ、ちゃんとご挨拶できなくて失礼いたしました。
DVDはインディアンランナーだってボカシなしでしたから、大丈夫なんではないかと...
何度も映画館に足を運んで、ちょっとでも長く上映&地方で上映館が増えるようにがんばらないといけませんね。

三冬さん
熱があるとのこと大丈夫ですか?
あのシーンではボカシはぜんぜんいらないと思うんですけどねぇ。
プログラムは素敵なので、期待していいと思いますよ。

mizeaさん
> ええ、ちょうどそのとき書き込もうとした間の悪い私です。しくしく。
ああ、それは大変失礼いたしました。
ブログに「ただいまコメントは書き込めません」とメッセージを上げることもできず、歯がゆい思いをしておりました。
確かに、あんな豪華なプログラムより普通の値段のものを、と思うお客さんもいらっしゃるでしょうね。
私たちはとても嬉しいですが。

Hさん
この映画、とても完成度の高い作品ですよね。
私は普段は暴力シーンのあるような映画はあまり好きではないのですが、この映画はかなり気に入りました。
できるだけ、いろいろな方に見ていただきたいですね。

mate_teaさん
今日はおしゃべりできて楽しかったです。
そう、よみうりホールではボカシも暗転もなかったんですよ。
他所様のブログなどで、試写会でボカシがあったというのを読んで、??? だったのですが、東劇で見て「ああ、これか」と。
クレームがついたから、というよりは自主規制だと思いますが、試写会では特にアンケートをとっていたわけでもないですしね。

投稿: punkt | 2006.03.13 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BSのビデオクリップ2本 | トップページ | Mainichi Weekly 3/11号 »