« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の51件の記事

The Dark のインタビュー

Dark_int_seanEMPIRE のサイトの Future Films のコーナーに、The Dark のページがあって、そこでショーンやマリアさんのインタビュー映像をご覧いただけます。
よれよれのTシャツのショーンがとてもチャーミングですよ。

下の方の、Trailer & Clips の中にある、Featurette (Sean Bean & Maria Bello) をクリックすると、サイズを選べるようになっています。

また、Sean Bean Daily のこちらで、このファイルをダウンロードできるようにしてくださっています。

映画の中のシーンも結構でてくるのですが、マリアさんが「サラ!、サラ!」と同じ名前の娘を探しているので、ヒストリー・オブ・バイオレンスとごっちゃになりそうです。(笑)

それにしても、ショーンたら、夜、脚本(?)を読んでいて、怖くなっちゃったって...(笑)

イギリスでは、4月7日に公開だそうですが、メイキングのTV放映もあるようですね。いいなぁ。

| | コメント (0)

MOVIE STAR 5月号(Vol.135)

Ms135ヴィゴ来日インタビュー記事の最後をかざる(?)、MOVIE STAR 5月号が定期購読なので、本日到着。

ヴィゴの記事は、カラー記事7ページと豪華版。
撮りおろしのカラーグラビアがなかなか素敵ですよ。
インタビュー記事、記者会見の記事、プレミアの記事と、来日中のヴィゴの行動を追った囲み記事も他では出ていなかった情報なのでちょっと嬉しいです。
ヴィゴの記事とは離れて、マリアさんのインタビュー記事(モノクロ)も1ページあります。

ショーン・ビーンの記事も、ちゃんとカラーで2ページ。インタビュー記事ではありませんが、Faceless のことが取り上げられています。写真は、スタンドアップのイタリアのプロモーションの時のものと、ELLEアワードに出席した時のもの。それに小さいですが、例のアイボリー・バーの写真がちょっと出ています。

やっぱり、ヴィゴファン、ショーンファンにとっては欠かせない雑誌ですね。

火曜日に本屋さんに並んだ、ELLE Japon 5月号 にもヴィゴの1ページのインタビュー記事(カラー)があるので、チェックをお忘れなく。

| | コメント (0)

HoV UK版 DVDが到着(イースターエッグ検証)

B000E6TVRS"A History of Violence" のUK版のDVDがようやく到着しました。
やはりこのパッケージデザインが嬉しい。

見る順番としては邪道なんでしょうけど、まずはイースターエッグからチェックです。
viggo-worksで教えてもらったUS版のイースターエッグは全部で4つ。

1つ目は、Main Menu で左上にある New Line のシンボルマークを選択すると、DVDのクレジットが出るとのこと。 UK版ではこのマークには何もしかけがないようです。
DVDのクレジットなら、別に見たいようなものでもないのでOKですね。

2つ目は、Maini Menu から Special Features に移動して、パソコンで再生している場合は Special Features のタイトルの右にマウスカーソルを持っていくと、血の滴ったマークが出てくるのでそれをクリック。エド・ハリスの短いインタビューを見ることができます。
DVDプレイヤーからは、Scene 44 (Deleted Scene) が選択されている状態で右にカーソルを操作すると血のマークが出てきます。

3つ目は、Special Features からさらに Acts of Violence に移動して、パソコンの場合は、Acts of Violence のタイトルの左にマウスカーソルを持っていくと魚のマークが出てくるのでそれをクリック。魚のおもちゃと戯れるヴィゴがご覧いただけます。

4つ目は、同じく Acts of Violence のタイトルの右側にマウスを持っていくとロウソクのマークが出てくるのでそれをクリック。誕生日ケーキをプレゼントされるヴィゴが登場
します。

3つ目と4つ目をDVDプレイヤーから操作するには、Act1 Random を選択した状態で、左右にカーソルを移動させると、それぞれのマークが出てきます。

イースターエッグはUK版もUS版とほぼ同じもののようです。

映画本編はもちろん、たくさんある特典映像も、クローネンバーグ監督によるコメンタリーも、すべてて英語字幕があるようなので、じっくりと楽しみたいと思います。

【追記】 コメンタリーの字幕は、通常の Main Menu の Setup Option で英語字幕を指定しても表示されません。 DVDプレイヤーで本編を再生しながら、強制的に字幕を選択表示させるモードで探すと、字幕が2種類あって、1つ目が本編の字幕で、2つ目がコメンタリーの字幕です。 PCで再生する場合も同様です。

明日は、早朝から一日出張なので、今晩遅くまでDVDを見るわけにいかないのがちょっと残念。

| | コメント (0)

Sharpeのメイキング本

0007232144Misaさんのところで教えていただきました。

4月18日に、Sharpe Cut というタイトルで、シャープのメイキング本が出版されるそうです。
UKアマゾンで現在予約受付中。

SHARPE CUT: The Inside Story of the Creation of a Major Television Series

Sharpe's Challenge の撮影現場に密着取材して書かれたメイキング本ということのようですね。

B000ELIY44念のため日本のアマゾンをチェックしたら、日本のアマゾンでも予約受付中です。
でも、この値段ならUKのアマゾンから取り寄せたの場合の送料込みの値段とほとんど一緒。
Sharpe's Challenge のDVDと発送をまとめてしまったら、UKの方が安いですよ。

【追記】 その後、日本のアマゾンで価格が割引価格になったようです。
これなら、メイキング本は日本のアマゾンから買ったほうが送料もかからないし安いですね。

| | コメント (0)

ヴィゴのビデオクリップあれこれ

ヴィゴ来日関連のTV番組のビデオクリップについては、Erikoさんのところにお世話になりっぱなしですが、またまたいろいろとビデオクリップを用意してくださっているのでまとめてご紹介します。

cinefil imagica - CinemaEye
ComingSoonTV - ザ・メイキング
スーパーチャンネル の'EXCLUSIVE'
  マリアさん中心
北海道テレビ ぽっぷこ~んシネマ
  みゆうさんが録画してくださったもの

どれもクリップ作成は yoyoさんです。
録画を提供してくださったみゆうさん、クリップを作成してくださった yoyoさん、貴重な番組をシェアしてくださった Erikoさん、みなさんに感謝です。

| | コメント (0)

雑誌情報(男性雑誌関連)

safari06mayHoV公式サイトで予告されていたとおり、週末に発売された男性雑誌に、ヴィゴのインタビュー記事が載っているのでご紹介します。

Safari 5月号
ヴィゴが表紙を飾っています。
中には1ページのカラー記事。お魚Tシャツを着ていますよ。

GOETHE 5月号
カラー5ページのインタビュー記事&グラビア。
他のどれも似たような雑誌の記事と一線を画した内容で、とても良い記事です。
お薦めです。

TITLe 5月号

カラーグラビア1ページとインタビュー記事1ページ。
写真がなかなか素敵。

前号にヴィゴの記事が載った、Sabra(4/13号)にはマリアさんのインタビュー記事が載っていますが、その中で例の階段のシーンを監督夫妻が実演して見せたというウワサについて、「あれはヴィゴの作り話よ」とはっきりと答えています。やっぱりね(笑)

総じて男性誌の記事は、映画雑誌よりも内容が濃くて切り口も優れているように思います。

【追記】 Sachieさんのところで教えていただきましたが、BSfan 5月号 にもヴィゴのインタビュー記事があるそうです。

| | コメント (0)

アルゼンチンとメキシコのヴィゴの画像あれこれ

viggo_in_argentinviggo-works に、ヴィゴの画像がたくさんアップされています。

まず、アルゼンチンで11月13日にサッカー観戦中のヴィゴの写真。
一部の写真の小さいものは、昨年の11月中にウォーターマーク付きのものが紹介されていました。
viggo-works でサムネイルをクリックすると、高解像度の大きな写真をご覧いただけます。
この写真を見ると、最初はボックス席に案内されていたんでしょうか?
しかし、このスーツの上下に、サッカージャージをシャツインで着るのは可笑しいよ、ヴィゴ!

viggo_in_mexico そして、メキシコとアルゼンチンのプロモーション中のヴィゴの写真です。
こちらも、11月中に一部が紹介されていました。
サンロレンソのアウェーのジャージを着ているものは確かアルゼンチンの写真だったと思います。
こちらも、サムネイルをクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

どちらも、初めて見る写真があるので要チェックです。

| | コメント (0)

Faceless のショーン

faceless_sean1 3月初旬からパイロット版を撮影と伝えられていた Faceless ですが、その撮影現場の写真が Bean Box Board で紹介されています。

ほとんど坊主頭に髭で、どこぞの用心棒のような迫力のあるお顔。
携帯電話を仕舞っている場所が、えっ!? という感じなんですが(笑)

出典はこちらのようですが、Bean Box Board にはウォーターマークなしの大きな写真も出ているようですね。
Bean Box Board に登録されていない方は、Sean Bean Daily の方にも少し大きな写真へのリンクが紹介されているので、そちらをどうぞ。

【追記】 Sean Bean Dailyのこちらこちら方が、直接写真を貼ってくれているので見やすいと思います。

久々の悪役チックなショーンもカッコイイですね。

| | コメント (2)

NYトークイベントのオーディオクリップ

viggo_ny060106-1以前にもこちらこちらで写真や参加された方のレポートをご紹介した、1月6日の、The New York Times Arts & Leisure Weekend

この時のヴィゴのトーク全部の録音の、オーディオクリップを Podcast Alley のサイトからダウンロードすることができます。

NYT: TimesTalks with Viggo Mortensen  とあるところの左の Download File からダウンロードしてください。

このときのイベントに登場した、他の方たちのオーディオクリップもあるようなので、聞いてみると面白いかもしれませんね。

| | コメント (0)

「スタンドアップ」DVDは6月2日発売

B000F1IP38ようやく、「スタンドアップ」のDVD発売予定が、6月2日に決まったようです。
アマゾンでも予約受付開始です。

スタンドアップ 特別版

アマゾンのサイトでは、特典などの詳しい記述もありませんし、ジャケットデザインも今のところ出ていませんが、詳しくはワーナー・ホーム・ビデオのサイトで。(アマゾンでもジャケットと詳細がアップされました。)
特典映像は

”スタンドアップ”の舞台裏(16分)
未公開シーン集(11分)
オリジナル劇場予告編

だそうです。
US版では、この未公開シーンの中に、カイルとグローリーのとても良いシーンがあったと聞いているのですが、日本版でも同じだと良いですね。

ミスを指摘してくださった方、ありがとうございました!

| | コメント (0)

雑誌情報(映画雑誌関連ほか)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の公式サイトでも、ヴィゴやマリアさんのインタビュー記事が掲載されることが予告されていた映画雑誌をまとめてゲットしてきました。

Cut 4月号
ヴィゴのグラビア4ページ(以前にFLAUNTに掲載された写真と同じ。ただしサイズがずっと大きい)、インタビュー記事2ページ

SCREEN 5月号
ヴィゴのカラーグラビア1ページ、インタビュー記事1ページ、マリアさんのカラー記事1ページ。
応募者全員にヴィゴのクオカード(800円の切手が必要)のサービスがあります。

ROADSHOW 5月号
ヴィゴのモノクログラビア1ページ、インタビュー記事1ページ、マリアさんのモノクロ記事1ページ。

FLIX 5月号
ヴィゴとマリアさんは、それぞれカラーグラビア1ページとインタビュー記事1ページ。
「来日スター・レポート」で、楽しいイラストで記者会見の様子を紹介。
「2月のハリウッド・スターを追え!」に、"North County"のロンドンプレミアが小さく紹介されていて、ショーン・ビーンとシャーリーズ・セロンの Blond Bombshells の写真も載っています。

キネマ旬報 4月上旬号
ヴィゴとマリアさんのカラー記事がそれぞれ1ページ。

Free Image Hosting at www.ImageShack.usFree Image Hosting at www.ImageShack.us最後におまけとして、サンデー毎日 3月19日号から、中野翠さんのエッセイ「満月雑記帳」のスキャンを上げておきます。
(この号は、もうバックナンバーになってしまったので。)
画像をクリックすると、大きな記事をご覧いただけます。

いつも辛口の批評をする中野さんですが、HoVはとっても気に入ったみたいで、とても褒めています。
でも、「マッサオな奥目の、骸骨顔のスター」ですって(爆)

| | コメント (2)

ヴィゴの動画@オーストラリア

urban_cinefileviggo-works でオーストラリアのヴィゴのインタビューの動画をダウンロードできるようにして紹介しています。

ところがどうもうまくダウンロードできないみたいです。
そこで、出典を探してみました。

Urban Cinefile の Interviews の中に、ヴィゴのインタビューのページがあります。
ヴィゴの写真の下の、Low か High を選ぶと、RealPlayer のストリーミングファイルをご覧いただけます。

冒頭、いきなりズズッー、ズズッーと音を立ててマテ茶を啜るヴィゴが(笑)
ヴィゴの飲み物に興味を持ったインタビューアに、例によってマテ茶を勧めるヴィゴ。
インタビューはクローネンバーグとの関係についての話が中心です。

ついでに、High の動画を独自に抜き出してダウンロードできるようにしてみました。
Store and Serve からダウンロードしてください。(23.3MB)

【Store and Serve でダウンロードする場合】
画面の右側か、一番下の方の表の Download! というボタンをクリック。
新たに開いた画面の一番下のほうにある、リンクをクリックしてファイルを保存。

| | コメント (2)

ベルギーのヴィゴの写真

viggo_belguim昨年12月にご紹介した、ベルギーのヘントの映画祭の時に撮られたヴィゴの写真(5枚)がありましたが、もっと大きくてウォーターマークなしのものを、jenlynn820さんが viggo-works で紹介してくださっています。

viggo-worksで写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

ブーツを脱いで横に置いてある写真もありますが、こんな大きなブーツを履いたら、足元がゴロゴロしますよね。

| | コメント (0)

Silent Hill に新画像

silenthill05オハラさんのところで教えていただきました。

Silent Hill の新画像が、RopeofSilcon.com のこちらにあるそうです。
その中で、はじめて見るショーンの画像が1枚

コート姿で雨に濡れているみたいですね。

Silent Hill は、どうも自分では積極的に情報を探しに行くがためらわれるのが難点です。
みなさんの後をこわごわ付いて行く感じですね。

| | コメント (0)

ヴィゴ来日時の動画

weekly_cinema060313今回のヴィゴ&マリアさん来日関連のTV放送は、通常の地上波とNHKのBSしか見られない私にとっては、見ることができない番組が多いのですが、親切な方々に助けていただいています。

今回ご紹介するビデオクリップもそのような番組の1つです。
いつものように、えり子さんのところで、yoyoさん作成の動画をご覧いただけます。

Comin' Soon TV「ウィークリー シネマ☆インタビュー」

マリアさんのことについて、すごく褒めているヴィゴを見つめるマリアさんの視線が真剣です。

えり子さん、yoyoさん、ありがとうございます。

| | コメント (0)

カイルのレザー・ジャケット

kyle_leathe_jracketathelasさんのところで教えていただきました。

North Country の衣装、小道具が、eBayでチャリティーのためのオークションに出されています。
売り上げの全額は、セクシュアルハラスメントやドメスティックバイオレンスを防止する運動 "Stand Up キャンペーン" に寄付されるそうです。

sb_leather_jacket その中に、カイルのレザー・ジャケットが出品されています。
映画の中ではカイルが良く着込んでいるジャケットなので、エイジングもされていて、かなりくたびれた感じのジャケットです。

すべての衣装、小道具は、0.99ドルからオークションを開始したようですが、カイルのジャケットは現在153.44ドル。

日本からもオークションに参加できますが、送料については別途問い合わせが必要です。

オークションの締め切りは日本時間の20日午前11時ですが、どこまで値段があがるのでしょうかね。

【追記】 結局、このレザージャケットは787ドル(約9万2千円!)で落札されたようです。

| | コメント (4)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」インタビュー記事ほか

flix060310 ヒストリー・オブ・バイオレンスの初日を控えて、メディアにアップされる記事、レビューも増えてきたようですね。
日本のWeb上にある、インタビュー記事、レビュー記事をまとめてみました。
なお、記事はほとんど全部ネタバレですのでご注意ください。

レビュー記事と、マリアさんのインタビュー記事をまとめて追加しましたので、この項目を上にあげておきます。(3/17)


◆インタビュー記事

yomiuri060317 読売新聞 【3/20 追記】
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」に主演 ビゴ・モーテンセン
クリックすると大きくなるヴィゴの写真あり(3月17日)

FLixムービーサイト 【3/11 追記】
今週のクローズアップ『ヒストリー・オブ・バイオレンス』ヴィゴ・モーテンセン
インタビューではありませんが、ヴィゴの紹介記事です

FLixムービーサイト 【3/10 追記】
ヴィゴ・モーテンセン 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
掲載されている写真が素敵ですよ

Herald Asahi 【3/10 追記】
In Sight/ Movies: Personal 'history' takes a violent, twisted turn

Daily Yomiuri
【3/9 追記】
Viggo Mortensen puts the 'Rings' behind him

tokyo_headlineTOKYO HEADLINE web【3/7 追記】
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』ヴィゴ・モーテンセン
フリーペーパーのTOKYO HEADLINE に掲載された記事と、写真も文章も一緒です。

Japan Times
Mortensen, Bello jump into the deep end
無料のユーザー登録が必要

◆マリアさんのみのインタビュー記事

ハリウッドチャンネル【3/17 追記】
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 マリア・ベロインタビュー

シティリビング
【3/17 追記】
壊れた心の破片が見えたときこそ、愛情を感じるものよ

eiga.com【3/17 追記】
「デビッド、ビゴ、私の3人の信頼関係は、他では築けないものだったわ」

CinemaCafe 【3/10 追記】
ヒストリー・オブ・バイオレンス マリア・ベロ インタビュー

ZAKZAK 【3/10 追記】
マリア・ベロ「自分自身を見つめ直すきっかけに」

Pause
【3/8 追記】
Pause Interview マリア・ベロ『ヒストリー・オブ・バイオレンス

Cyber CREA 【3/6 追記】
自分のダークな面を受け入れることで、人間はよりパワフルな存在になれる


◆映画レビュー記事

PREMIERE 【3/20 追記】
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」来日記者会見
ヴィゴとマリアさんが記者会見で、なぜダンスしだしたのかがわかりますよ。

毎日新聞 シネマの週末・トピックス 【3/17 追記】
ヒストリー・オブ・バイオレンス
3月10日 東京夕刊

毎日新聞 映画ひとこと百言:
【3/17 追記】
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

nikkeibp.jp 映画、斜め読み
【3/17 追記】
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
自分の知らない夫の素顔とは? 鬼才クローネンバーグの最新作


シネマスクランブル
【3/17 追記】
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

VOGUE NIPPON 【3/17 追記】
無垢な時代など、私たち人類は持ったことがない

ハリウッドチャンネル【3/17 追記】
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 来日記者会見
これ以前の記者会見関連は、こちらにまとめてあります

Metropolis
【3/17 追記】
No more Mr. Nice Guy
これも記者会見の内容ですね

日刊スポーツ【3/9 追記】
最後まで緊張の解けない心理劇

eiga.com
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

CinemaCafe
REVIEW:『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

Japan Times
Uncontrollable forces of human nature
無料のユーザー登録が必要

3月9日の午前中から、ブログサービス(ココログ)がメンテナンスに失敗して、24時間以上に渡って記事のアップも、コメントの書き込みもできないようになっていたのが、ようやく復旧したようです。
その間、コメントを書き込もうとして下さった方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんでした。

| | コメント (0)

Telegraphの記事

telegraph060314ここ3日間、手伝いで駆り出された仕事がちょっとばかしハードで、満足にネットもチェックできていませんでした。

眠い目をこすりこすりネットを覗いてみたら、思わず目も覚めようかという、ショーンの素敵な写真が!

(さらに、この写真の左側の Film というところをクリックすると、別の素敵な写真があります。 みつけてくださったyumiさん、ありがとうございます。)

Telegraph のサイトの記事からなんですが、インタビュー記事もなかなか面白いです。

くたびれていて、訳文をつくる元気がないのですが、さっそくMisaさんが訳してくださっているので、それをご紹介します。【追記】 最後まで訳してくださったので、全部ご紹介しますね。

Telegraph 記事訳(1)(2)(3)(4)(5)

インタビュアー(女性)は、やはりショーンファンなのでしょうか? このインタビュー記事は的確なつっこみ満載ですね。

インドに大好きな Henderson's Relish をしっかりと持っていった話もでてきますが、日本人が海外旅行にお醤油を持っていくような感覚なんでしょうか?(笑)

そして、9/11の事件が起きた時に、ちょうどニューヨークに居たショーンは、飛行機がまったく飛ばなくなってしまったので、ボストンからサザンプトンまで、クィーンエリザベス2世号で帰ってきたそうですが、そのままシェフィールド・ユナイテッドの Millwall とのアウェイの試合に直行したんだそうです。(爆)
家族だって、心配してたでしょうに...

ショーンらしいといえばショーンらしいんでしょうけど。

| | コメント (4)

ヴィゴのビデオクリップ2本

公式サイトにちゃんとした情報が載っていなかったため、ヴィゴが出ていたにもかかわらず、見逃してしまった番組を、ご親切にもビデオクリップを提供してくださった方々のご協力により、えり子さんのところからダウンロードできます。

3月11日放送 フジテレビ めざましどようび

  mizeaさん、えり子さんありがとうございます。

3月4日放送 TBS ダイアモンドシアター
  mate_teaさんとそのお友達のRさん、yoyoさん、えり子さんありがとうごさいます。

ヴィゴファンの連携プレー、協力体制にはいつも頭が下がります。

| | コメント (5)

Silent Hill のLAプレミアは4月20日

silenthill04pinkgoldさんのところで教えていただきました。

Silent Hill のLAプレミアが、4月20日に、ハリウッドのエジプシャンシアターでおこなわれるそうです。

このニュースの出典は、Calender of Hollywood's Celebrity Events です。
キャストのトップとして、ショーン・ビーンの名前が出ていますが、果たしてLAプレミアにショーンは出席するのでしょうか?

ホラーは苦手なので、めったに公式サイトにも近づかない(近づけない)んですが、キャスト紹介のところからショーンの写真をキャプチャしてみました。
ちょっと悪役顔ですね。(笑)

全米公開は4月21日。
日本公開の予定は7月8日。

| | コメント (2)

「フライトプラン」のDVDは5月24日発売

B000CS44YIHoV関連のニュースを追うのが忙しくて、ショーン・ビーン関連のニュースが遅れ気味ですが、なんとかキャッチアップを。

「フライトプラン」のDVDが、日本でも5月24日に発売されるそうです。 日本のアマゾンで予約受付を開始しています。

ショーンの機長姿は何べんでも見る価値があると思うのですが、穴だらけのプロットがちょっとねぇ~、と思っていたら、えり子さんにキネマ旬報のレビュー記事を見せていただいてびっくり。
ベタ褒めなんです。
そのレビュー記事だけ読むと、伏線の張り方などこの映画のプロットは完璧、なんだそうです。(どこが?)

プロットはなんだけど、こういう映画は好きだ! という感想なら理解できるんですけどねぇ。
私も、この映画のプロットはなんだけど、リッチ機長は大好きですから。

【追記】 えり子さんから許可をいただいたので、キネ旬の問題のレビュー記事のスキャン画像を貼っておきます。ご覧になって、突っ込んでやってください。(笑)

| | コメント (4)

ヴィゴのセクシーボイス

viggo-works でとても面白いオーディオクリップが紹介されています。

【追記】 Forumの移動にともなって、一時的にアクセスできないようですので、新しいフォーラムの方へのリンクも載せておきます。こちらからオーディオクリップはダウンロードできますよ。

もともと Viggo Daily に投稿されていたもののようですね。

オーストラリアのラジオ番組の録音のようですが、前半はパパラッチに日常生活をいろいろと撮られているというようなことを話しているようですね。
とっても可笑しいのが後半。

ヴィゴの声がとてもセクシーなので、ちょっとしたテストをおこないましょう、ということで、ぜんぜんセクシーじゃない言葉を、セクシーに囁いてください、というコーナーです。
ヴィゴにセクシーに言ってもらう言葉は、

Income tax return (所得税還付)
root canal (歯の根管)
cricket match (クリケットの試合)

ヴィゴは、この3つの言葉を、ちゃんと違うようにセクシーに発音してくれてますよ。(笑)
viggo-worksで用意しているファイルは圧縮ファイルなので、解凍してお聞きください。

| | コメント (4)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」記者会見レポート 第二弾

先日ご紹介した、Sachieさんの「ヒストリー・オブ・バイオレンス」記者会見レポートに続いて、Mikiさん(Sylvanbreezeさん)の記者会見レポートが完成しましたので、さっそくご紹介です。

記者会見レポート:その1その2その3

スチルカメラマンの席だったSachieさんとちがって、ビデオ席の方にスタンバイしたMikiさんが見たものは...
お二人の視点の違いもあって、こちらもとっても面白いレポートです。
特に、こまめに追記されているメモ書きがとっても楽しいです。
ぜひ、みなさんもお読みになってくださいね。
公式サイトからも、今日中にリンクされる予定だそうです。

なお、Mikiさんのレポート中の写真は、Mikiさんが配給会社の許可を得て撮影・掲載しているものですので、Mikiさんの許可なく再掲載などなさらないでくださいね。

| | コメント (2)

Mainichi Weekly 3/11号

mainichi_weekly_060311_1東劇までの道すがら、片っ端から駅の売店の新聞スタンドをチェックして歩いて、ようやく Mainichi Weekly をゲットしました。

mainichi_weekly_060311_2 ヴィゴのインタビュー記事は、特に目新しい内容はなかったと思います。
記事全体のスキャン画像はアップしませんが、写真だけアップしておきますね。(写真はどちらもクリックすると少し大きなものを表示します。)

ヴィゴのインタビュー記事の向かいのページに、「ナルニア国物語」のシナリオの一部が対訳スタイルで載っていました。この記事の翻訳と解説は、LOTRファンなら恨み骨髄のT女史。

シナリオから取り上げられていたのは、ルーシーがタムナスさんと初めて出会うシーンです。
その対訳を英語と見比べながら読んでいて、ひっくりかえりそうになりました。
"lamppost" の訳語が「電柱」となっていたんです。

確かに電柱という意味もありますが、あれを街灯と訳さないなんて、原作をまったく読んだことがなく、映画すらまったく観てない、それどころか映画の粗筋などの資料もまったく見ていないことが丸判りですね。こんな人に解説してもらっても、ぜんぜん役にたたないと思うんですが...

実際のナルニアの映画の字幕は、「オーシャン・オブ・ファイヤー」の字幕も担当された松浦美奈さんですのでご安心ください。

| | コメント (4)

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』初日

viggo_and_maria写真プレゼントにつられて東劇の初回に行ってきました。
(左の写真をクリックすると、大きな写真でご覧いただけます。)

劇場入り口にある、等身大のヴィゴのパネルにお出迎えされて入場。入り口でプレゼント写真をいただきました。(サインもプリントです。1000枚ですから当然ですね。)

hov_program 今回、プログラムが豪華なのにはびっくり。
ヴィゴの顔のアップのカラーの帯がついた、ハードカバー(24ページ)のプログラムが1000円でした。
中の写真はすでに見たことがあるものですが、紙質はもちろんいいですし、キャストのインタビュー、中身の濃いレビューの他に、監督の長めのインタビュー(PLAYBOY誌のものと内容的には重なっているかな?)とフィルモグラフィーがあったり、まさに保存版といった作りです。
これで1000円なら安い!

映画の方は、プレミアとよみうりホールの試写会に続いて、3回目なのですが、どういうわけだか「あれ? こんなシーンあったっけ?」とあらためて気づくシーンがあったりして、見るたびに新しい発見がある不思議な映画です。
字幕に気をとられていると、微妙な表情の変化を見逃してしまうので、少なくとも2回は見に行きたい作品ですね。

プレミアとよみうりホールの試写ではなかったボカシが入ったシーンや、急に画面が暗くなるシーンがありました。
ボカシがあったり画面を不自然に暗くする方が、かえってイヤラシイ感じがすると思うんですけどね。R-15指定なんですから、変な小細工をしないほうがいいのに。

明日ももう一度見に行く予定なので、今度はどんな発見をするか、楽しみです。

| | コメント (6)

BSのビデオクリップ2本

weekly_navi_tv_060310昨日、今日と衛星放送で放映された番組を、ダウンロードできるビデオクリップにしてみました。

BS週刊なびTV

ヴィゴはちっちゃく映るだけです。また、重大なネタバレシーンがあるので、映画をご覧になっていない方は、ファイルを保存しておいて、映画鑑賞後にご覧になることをお薦めします。(5.3MB)

Store and ServeRapid Share

【Store and Serve でダウンロードする場合】
画面の右側か、一番下の方の表の Download! というボタンをクリック。
新たに開いた画面の一番下のほうにある、リンクをクリックしてファイルを保存。

【RapidShare でダウンロードする場合】
表示される表の、Free というボタンをクリック。
開いた画面で、30秒程度カウントダウンされるので、しばらく待つ。
カラーで3文字表示されるので、それを here: というところに入力し、Dowonload from~ というボタンをクリック。

weekly_city_info_060311 BS週刊シティー情報

こちらは、短いですがヴィゴのインタビューがあります。
映画のシーンは、予告編+α程度なので、たいしたネタバレではないと思います。(8.8MB)

Store and ServeRapid Share

 

最後におまけとして、公式サイトのニュースにあった、ヴィゴとマリアからのコメントもダウンロード可能なファイルにしてみました。(445KB)
こちらはびっくりするほど短くて、おまけにヴィゴの声がとても小さくもごもごしているし、画面の構図は素人だし...ですが、ま、来日の記念ということで。

Store and ServeRapid Share

| | コメント (0)

シドニーの写真

viggo_sydney_tvviggo-worksに、シドニーでTV番組に出演した時のヴィゴの写真が9枚掲載されています。

こちらのサムネイルをクリックすると、大きな写真をご覧いただけるのですが、とても大きなものだったので、ダイアルアップ環境向けに、少し写真のサイズが小さいくて軽いものも用意してくれています。

| | コメント (0)

Michael Tighe撮影の写真

viggo_by_michael_tighe今度は Michael Tighe 撮影のものと思われる、ちょっと古い写真が、viggo-wroks にアップされました。

在りし日のブリジットと一緒の写真3枚を含めて、全部で5枚。
viggo-worksのサムネイルをクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

ヴィゴの隣で遠吠えしているらしいブリジットの写真がなかないいですよ。

| | コメント (0)

ムービープラス「ほっとシネマ」のビデオクリップ

hotcinema0603043月4日に、ムービープラス「ほっとシネマ」で、ヴィゴのインタビューと映画の紹介が放送されたそうです。

私の家では見ることができないのですが、Erikoさんがyoyoさんと共に、ダウンロードできるビデオクリップを用意してくださいました。
そのおかげで見ることができました。
Erikoさん、yoyoさん、ありがとうございました。

なお、作品紹介はかなりネタバレですので、ご注意ください。

| | コメント (0)

ヴィゴの写真がどっさり

viggo_by_vera_andersonここのところ、連日 viggo-worksにヴィゴの高解像度の写真がアップされていますが、本日もどっさりあります。

viggo-wokrs でサムネイルをクリックすると、ものすごく大きな写真をごらんいただけます。

まず、Vera Anderson 撮影の写真が8枚。
以前にも見たことがある写真なんですが、サイズがとっても大きなものです。
このシリーズも、着ているシャツがなんだかパジャマみたいなんですよね。
viggo_by_warwick_saint
そのすぐ下には、Warwick Saint 撮影の写真が15枚あります。
このシリーズの中には、初めて見る写真が何枚もあります。
ちょっとポーズが違う写真は、以前に見たことがあるのですが。

sydney_premiere そしてさらに、シドニーのプレミアの時の写真がまだまだどっさりアップされています。

もう1つおまけとして、オーストラリアのラジオのヴィゴのインタビュークリップをご紹介します。
ABC.net.au の Jay and the Doctor のコーナーから、ヴィゴのインタビューのオーディオクリップをダウンロードできます。Viggo Mortensen の名前のところから右クリックでダウンロードです。
インタビューでは、ヴィゴの "実験的な" 音楽として、 Pandemoniumfromamerica の中からイライジャが歌って(つぶやいて?)いるところを紹介したり、バケットヘッドのことを話題にしたりしています。

| | コメント (0)

[ヒストリー・オブ・バイオレンス」記者会見レポート

hov_j_pc_060223 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の公式サイトのNEWSでもアナウンスされていますが、記者会見のレポーターに選ばれた、Sachieさんの記者会見レポートが、Sachieさんのサイトにアップされています。

カナダからの贈り物(1):記者会見編(1)
カナダからの贈り物(1):記者会見編(2)

記者会見に参加することになった経緯から、実際の記者会見の細かいやり取りまで、素敵な写真も満載で、Sachieさんの鋭い目が見逃したことは何一つなかったんじゃないかと思うほど詳しいレポートです。

お薦めですので、ぜひご覧になってください。

Sachieさんに転載の許可をいただいたので、写真を1枚お借りいたしました。
なお、この写真は、ムービーアイの許可を得て、Sachieさんご自身が撮影された写真です。
Sachieさんに許可を得ずに、写真などを他に転載することは絶対にしないでくださいね。

| | コメント (0)

ニセのサイン本にご注意ください

viggo-wroksのNewsでも報じられていますが、Perceval Press の Books のページに以下の注意書が掲載されています。

ヴィゴ・モーテンセンによって、個人宛ての献辞なしでサインされたとしている、 LINGER と FOR WELLINGTON が E-Bay に出ているという報告がありました。これらの本を購入する可能性のあるすべての人々に対して警告いたします。モーテンセン氏は、特定の個人、団体、あるいは慈善事業への献辞なしに、これらの本にサインをしたことはありません。これらのサインは偽造です。モーテンセン氏によってサインされたと信じて、これらの本に対して実際の価格よりはるかに高いお金を、だまされて払う人々がいたことを残念に思います。

以前にも、ヴィゴのサインの入ったものを売買する人々に対して、絶対のそのようなものは買わないように、というヴィゴ自身の怒りのメッセージが掲載されたことがありました。
サインを売買の対象にするということを阻止するためもあって、ヴィゴは必ず献辞を入れてサインをしているようです。

ヴィゴは、サインをお金を払って買う、ということそのものに対して怒りを覚えているように感じられます。
ファンに対して直接「ありがとう」という気持ちを込めてサインをしているので、それを売買の対象にされるということは、自分の誠意を踏みにじられるように感じているのかもしれませんね。

みなさんも、このような商品には手を出さないよう、気をつけてください。

| | コメント (2)

Sharpe's Challenge 特別上映会

shrapes_challenge_3CSBで教えてもらいました。

4月3日(月)、BAFTA(British Academy of Film and Television Arts)のプリンセス・アン・シアター(ロンドン、ピカデリー)で、Sharpe's Challenge の特別上映会が行われるそうです。
続けて、原作者のバーナード・コーンウェルとキャスト、クルーへのQ&Aも行われるとか。
今回の Sharpe's Challenge はコーンウェル先生の直接の原作はないのに、先生はQ&Aに参加されるんですね。

ショーン・ビーンが Sharpe's Challenge で大暴れするヒーローとして帰ってきた。ウェリントンがワーテルローでナポレオンを粉砕してから1年後、地方のマハラジャであるカーンデ・ラオがイギリスのインドにおける利権を脅かしているとの急報があった。ウェリントンはシャープを調査のために派遣し、それはこれまでで最も危険な任務となった。帝国の運命と将軍の娘の生命は、ひとりの男の手の中にある...

同じく、CSB の Latest Sean News によると、ショーンはFaceless パイロット版の撮影のため、今週から4月までロサンゼルス滞在予定、となっているのですが、このBAFTAの特別上映会にはショーン自身は参加するのでしょうか?

18:30 受付、19:00 上映開始
この特別上映会は、メールか電話で事前予約が可能だそうです。
アカデミーメンバーは入場無料。メンバー以外の料金は10ポンド。

たしか、TV放送は90分×2回だったと思うんですが、19時から上映で、Q&Aまであるということは、特別上映はダイジェスト版?

| | コメント (0)

Paul Miller撮影の写真

viggo_by_paul_millerviggo-worksに、シドニーで撮影されたと思われる素敵な写真が数枚アップされました。

Sydney Morning Herald の2月27日の記事でご紹介した写真と同じく、Paul Miller撮影の写真だそうです。

ここしばらくお目にかかっていなかった、マテ茶も登場です。
茶器の方は、陶器のお茶碗といった感じで、今まで見たことがないタイプのものですね。
それにしても、こんなに茶葉をいれるんだ。

viggo-worksで、サムネイルをクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

【追記】 Viggo Daily に高解像度の大きな写真がでてきましたね。画面に収まりきれないほど大きいですよ。ヴィゴの視線にクラクラします。Hさん、お知らせありがとうございました。

| | コメント (0)

ヴィゴ来日関係のニュース

今回のヴィゴ来日関係のネット上のニュース記事をまとめてみました。公開日が近づくと、もっと記事も増えてくるかもしれませんが、現時点でのリストです。(2月27日)

その後追加した記事が増えてきたので、記事を上に上げます。(3月1日)
さらにネット上の記事を追加しました。(3月6日)
インタビュー記事は、別項目に移動しました。(3月10日)

◆日本到着

サンスポ
ヴィゴ・モーテンセンが成田空港に来日

ウェブ報知
ヴィゴ新作映画PRで来日

◆記者会見

cinemacafe.net【3/6 追記】
ヒストリー・オブ・バイオレンス ヴィゴ・モーテンセン マリア・ベロ 来日記者会見

シネトレ【3/6 追記】
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』ヴィゴ・モーテンセン&マリア・ベロ 来日記者会見

All About「映画で学ぶ映会話」
【3/6 追記】
愛する人の過去を許せますか? 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

 

カナダ大使館 広報・文化ページ 【3/2 追記】
デイヴィッド・クローネンバーグ監督最新作
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の記者会見と試写会
主演のヴィゴ・モーテンセンとマリア・ベロを迎えて

MovieWalker 【3/2 追記】
クローネンバーグ監督最新作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
主演のビゴ・モーテンセンとマリア・ベロが揃って来日!

シネくら citywave.com 【3/1 追記】
3月11日(土)日本公開「ヒストリー・オブ・バイオレンス」ヴィゴ・モーテンセン&マリア・ベロ来日

CineSmart 【3/1 追記】
アカデミー助演男優賞、脚色賞ノミネート作、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のヴィゴ・モーテンセンとマリア・ベロが来日!

TOKYO HEAD LINE web 【2/28 追記】
ヴィゴ・とマリアが語った「愛の真実」とは?

Magical Cinema 【2/28 追記】
映画「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 来日記者会見

CINEMA TOPICS ONLINE
世界中の観客を魅了した「ヒストリー・オブ・バイオレンス」主演ヴィゴ・モーテンセン&マリア・ベロ来日記者会見!!

FLixムービーサイト
尽くす男のヴィゴ・モーテンセンが神田うのに釘付け!

webザテレビジョン
ヴィゴ・モーテンセンの男らしさに神田うのもクギ付け!
ちょうど、Flixと対句のようなタイトルになっているのがなんだか可笑しい。

CINEMA COMIN'SOON
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』来日記者会見

日刊スポーツ
米映画「ヒストリー・オブ-」会見

goo映画
ヴィゴ“暴力警鐘映画”PR

VOGUE NIPPON
ヴィゴ、5度目の来日『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

eiga.com
ビゴ、5度目の来日「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 【3/1 追記】
記事の内容は、上記のVOGUEとまったく一緒ですが、写真があります。

デイリースポーツonline
うの「深い愛のある家庭築きたい」

ウェブ報知
神田うの、結婚にあこがれ

◆プレミア試写会

日刊スポーツ
「ヒストリー・オブ-」カナダ大使館試写

プレミアで司会をされた、伊藤さとりさんの公式HP
news の「2/24~ヴィゴさまのジャパンプレミア」を参照

| | コメント (2)

ヴィゴの写真@オーストラリア

viggo_melbourne_1viggo-worksに、オーストラリアのヴィゴの写真が、いろいろアップされています。
どの写真も、viggo-worksでサムネイルをクリックすると、大きな画像をごらんいただけます。

まず、メルボルン到着時の写真、ということで、めずらしくサングラスを頭に載せたヴィゴの写真が数枚。日本到着時と同じシャツですね。(笑)
viggo_melbourne_2
そして、こちらには、シドニーとメルボルンのプレミアの写真がたくさんあります。どれも大きな画像のサイズはとても大きいですよ。
あの、小さな女の子にサインをしてあげているシリーズの写真もあります。
DVDのパッケージにサインしたものを、女の子に見せてあげているみたいですね。

さらに、Ladybirdさん撮影のメルボルンのプレミアの写真も追加でアップされています。

| | コメント (0)

Ramon Palacios-Pelletier撮影の写真

viggo_Ramon_Palacios-Pelletierviggo-worksに Ramon Palacios-Pelletier 撮影の写真がアップされています。(モノクロ2枚、カラー5枚) 
昨年のカンヌ映画祭の時に撮影されて、雑誌などに掲載された一連のシリーズですね。

viggo-worksでサムネイルをクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

| | コメント (0)

ジョン・ハウ:ファンタジー画の世界 突撃レポート

john_howe_2以前にもご紹介した、現在カナダ大使館でおこなわれている展覧会「ジョン・ハウ:ファンタジー画の世界」。 残念ながらまだ見にいけていないのですが、とっても素晴らしいようですね。

今日は、その原画展、プレス内覧会、記者会見、レセプションに参加された、jesterさんの突撃レポートをご紹介します。

jesterさんは、なんと記者会見に参加したのみならず、ブロガー代表ということで、ジョン・ハウ氏に単独インタビューまでおこなったんだそうです。しかも、そのインタビューで、ハウ氏にヴィゴについて質問されたんだそうですよ!

とっても楽しいレポートなので、ぜひご覧になってください。

ジョン・ハウさんの原画展
ジョン・ハウさんの原画展(その2)
ジョン・ハウさんの原画展(その3)
ジョン・ハウさんの原画展(その4)
ジョン・ハウさんの原画展(その5)
まだまだ続きます... 続きは ゆきてかえりしひび でどうぞ。

john_howe_060304

関連の話題として、3月4日のBS1で放送された、週間シティー情報のなかで、ジョン・ハウの展覧会の紹介と、ジョン・ハウ氏のインタビュー映像が流れました。
その部分を、ダウンロード可能なビデオクリップにしてみました。

Store and Serve (6.8MB)

【Store and Serve でダウンロードする場合】
下の方にある表の Download! というボタンをクリック。
新たに開いた画面の一番下のほうにある、リンクをクリックしてファイルを保存。

| | コメント (5)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」雑誌掲載、TV放送情報

昨日、ヒストリー・オブ・バイオレンスの公式サイトから、NEWS にヴィゴとマリアさんの来日時のインタビューの放送と雑誌などへの掲載情報をアップした、とのお知らせが来ていましたね。

ぱっと見たところ、TVなんだか雑誌なんだかよくわからないものもあったのですが、ErikoさんやMisaさんが、わかりやすくきれいにまとめてくださっているので、ちゃっかりと便乗させていただくことにしました。

Erikoさんのブログ
Misaさんのブログ

我が家では、地上波とNHKのBSしか見ることができないので、CS放送等については、どなたかがビデオクリップを作ってくださることを期待したいと思います。
電波状態が極端にわるいTBS以外の地上波とBS1、BS2については、録画に失敗しなければビデオクリップを作ってみるつもりです。

| | コメント (0)

ヴィゴの動画ほか@オーストラリア

rove_live_viggoオーストラリア発のヴィゴのビデオクリップやら、オーディオクリップがまだまだでてきていますので、まとめてご紹介します。

Rove Liveのビデオ

2月28日の夜にオーストラリアで放送されたトークショー、Rove Live にヴィゴが出演したときのビデオクリップを、viggo-worksでダウンロードできます。
Sendspace というサービスを利用しているので、viggo-worksの Viggo on Rove Live というリンクをクリックすると開く画面の、下のほうに小さな字で書かれている Download: rovelive-hi.wmv というところからダウンロードしてください。

このトークショーの中で、トムのダイナーをエド・ハリス扮するギャングが訪れるシーンの撮影のところで、カウンターに座ったエド・ハリスは、実はズボンをはいてなかったんだ、などというとんでもない話をしています。どうも、これはヴィゴお得意のホラ話のような感じですね。
viggo-wroksのメンバーの間でも、監督夫妻が階段のシーンを実演してみせたという話と同様、プロモーションに疲れてきたヴィゴの作り話じゃないのか、でもこれがまた伝説になるのよ、といった意見のようです。

また、昔、スウェーデンのホッケーチームの通訳をしたことがある、という話題からスウェーデン語のテストのシーンがあったりして、なかなか面白いショーですよ。

ほかに、ラジオのオーディオクリップが2本。

The Cage のインタビュー

こちらも、viggo-wroksからダウンロードできます。
HoVの中で映る、ヴィゴのお尻は、デジタル処理で修正してるのか? なんていう、面白い質問もでてきます。

MovieTime のインタビュー

これもviggo-worksで教えてもらったのですが、MovieTime のサイトで、ヴィゴのインタビューを聞くことができます。
ちゃんと全部を聞いていないのですが、30分の番組のうち、11分過ぎにクローネンバーグ監督の短いインタビューが、そして12分頃から25分過ぎまで、ヴィゴのインタビューがあります。
こちらはファイルを抜き出して、ダウンロードできるようにしてみました。(7.2MB、RealPlayerが必要)

【RapidShare でダウンロードする場合】
表示される表の、Free というボタンをクリック。
開いた画面で、30秒程度カウントダウンされるので、しばらく待つ。
カラーで3文字表示されるので、それを here: というところに入力し、Dowonload from~ というボタンをクリック。

ほかに、viggo-worksには Ladybirdさん提供の写真が追加されていて、クリックすると大きな写真をごらんいただけます。

| | コメント (0)

Sharpe's ChallengeのDVDはUK Amazonでも予約開始

B000ELIY44先ほど、チェックしにいったところ、ようやくイギリスのアマゾンでも、Sharpe's ChallengeのDVDの予約受付けを開始したようです。

やはり発売予定日は5月1日のようですね。
さっそく予約をしてきました。

ドラマ放送からわずか1週間でリリースしてくれるなんてありがたいことです。

【ご注意】 イギリスのDVDのリジョンコードは2で日本と同じですが、TVに送る信号方式が日本とは違うPALです。PCで見る場合はまったく問題ありませんが、ふつうのDVDデッキとTVでは見ることができません。PALからNTSCに信号を変換する機能があるDVDデッキが必要となります。

| | コメント (4)

ヴィゴの動画@オーストラリア

smh_maddox_viggoviggo-worksで教えてもらいました。

Sydney Morning Herald のサイトで、ヴィゴのインタビューのビデオクリップを見ることができます。
「ロード・オブ・ザ・リング」でいろいろ変わりましたか? などといったインタビューに答えています。

【追記】 このビデオ、ヴィゴの右手首に注目です。
何に注目するかですって?
それは、ayaさんのブログをご覧になってください。なんだか自分のことのように嬉しいです。

Maddox meets Viggo

例によって、ダウンロードできるようにしてみました。(5.9MB)
Store and Serve からどうぞ。

【Store and Serve でダウンロードする場合】
画面の右側か、下の方にある表の Download! というボタンをクリック。
新たに開いた画面の一番下のほうにある、リンクをクリックしてファイルを保存。

また、viggo-worksのこちらで、メルボルンのプレミアに参加された、KimさんとTealiさんのレポートとその時撮ったビデオクリップをダウンロードできます。(ビデオは色がほとんど飛んでしまって、モノクロのような感じです。)

さらに、Ladybirdさん提供の写真もご覧いただけます。

| | コメント (5)

MOVIE STAR 4月号ほか 雑誌記事

MS134MOVIE STAR 最新号ほか、雑誌をいくつかご紹介します。

MOVIE STAR 4月号(Vol.134)

HoVの公式サイトでもアナウンスされていた通り、ヴィゴの記事はカラー6ページ。記事のうち2ページは、1ページ全部のカラーグラビアですが、表紙と同じく、以前、FLAUNTに掲載されたシリーズの写真です。インタビュー記事は、ヒストリー・オブ・バイオレンスについてが中心ですが、ネタバレに近いので、映画をご覧になっていない方は要注意。

ショーン・ビーンの記事はカラー2ページ。写真は North Country のUKプレミアから。
記事の方は、前号にショーンの写真が出ていた、The Ivory というバーのマネージャーに取材したというものです。ショーンのお決まりの飲み物はギネスで、特にギネスのアカスグリ・ジュース割りを飲むのだとか。このお店、ピアノの生演奏が売りなのだそうですが、ショーンが曲をリクエストして歌うことがあるんですって! 「なかなか歌が上手い」 と書かれているんですが、本当ですか?

PLAYBOY 4月号(No.374)

映画紹介ページで、約1ページのHoVの紹介記事。
見開き2ページのHoVの広告。
クローネンバーグ監督のインタビュー記事5ページ。
特に、監督のインタビュー記事が読み応えがあってお薦め。ただしかなりネタバレなので、映画を見てから読むと、いい解説になると思います。

TVブロス 3/4-3/17号

モノクロ 2ページの HoV紹介記事。クローネンバーグ監督のインタビュー中心。
ヴィゴについての対談(?)コラムも面白いですが、これまた思い切りネタバレです。


Junior SCREEN Vol.10 ファンタジー映画スペシャル号

ナルニア国物語特集号なのですが、ロード・オブ・ザ・リングを振り返る特集があって、ヴィゴとショーンは、それぞれ1ページのカラーグラビアで、アラゴルンとトム・ストール、ボロミアとリッチ機長の写真がでかでかと載っています。

【追記】 Aralisさんが、下記のコメントで寄せてくださった情報によると、「CREA」「VERY」「GISELe(ジゼル)」「STUDIO VOICE」の各4月号、「Chou Chou」3/7~3/20号 に映画の紹介記事が載っているそうです。詳しくは、コメントをご覧ください。
Aralisさん、どうもありがとうございました。

| | コメント (2)

HoV ジャパンプレミア映像配信

hov_japan_premiere2月24日に行われた、ヒストリー・オブ・バイオレンスのジャパンプレミアの動画の配信が、公式サイトのNEWSから行われています。

IEだとちゃんとWindows Media Playerが起動するようですが、FireFoxからだと上手く起動しないですね。

大きいサイズの方のファイルをダウンロードできるようにしてみました。(31MB)
Store and Serve RapidShare

【Store and Serve でダウンロードする場合】
画面の右側か、一番下の方の表の Download! というボタンをクリック。
新たに開いた画面の一番下のほうにある、リンクをクリックしてファイルを保存。

【RapidShare でダウンロードする場合】
表示される表の、Free というボタンをクリック。
開いた画面で、30秒程度カウントダウンされるので、しばらく待つ。
カラーで3文字表示されるので、それを here: というところに入力し、Dowonload from~ というボタンをクリック。

フォトセッションの後、ヴィゴがマリアさんに腕を貸して退場するところがないのがちょっと残念ですが、それ以外はノーカットなのがいいですね。

| | コメント (5)

Herald Sun 3月2日の記事

heraldsun060302 また、オーストラリア発のニュース記事のご紹介です。

今度は Herald Sun の記事です。ヒストリー・オブ・バイオレンスにはほとんど触れず、ヴィゴの政治的な発言を取り上げています。
これも、写真が素敵なので、ぜひ元記事をご覧になってください。

Herald Sun 3月2日の記事

ロード・オブ・ザ・リングのリーダーがこの地に

クレア・サザーランド
2006年3月2日

彼は荒野で野宿し、道路で轢いた動物を食べ、ロード・オブ・ザ・リングの撮影期間中、常に剣を腰近くに持っていた。

だが、3部作のスター、ヴィゴ・モーテンセンは、昨日、彼の奇行のうわさは誇張されていると語った。
「私がその映画で一生懸命働いたという意味だろう?」とモーテンセンは尋ねる。
「少し誇張があると思うけど、実際、私はいつでも、それがすっかり終わるまで、撮影が完全に終了するまで、一生懸命働いて学ぶんだよ。」
「そうする必要はないけれど、でもより良い仕事をしようと、より情報を自分自身に与えるんだ。」

彼の最新作、ヒストリー・オブ・バイオレンスの宣伝のためメルボルンにいるモーテンセンは、最近、アメリカ大統領のジョージ・W・ブッシュを「けだもの」と表現したことについては、なにも釈明しなかった。
「政治についてコメントすることは私の人生の目的ではない。だが...ひとたび何かを知ったら、そして何か人を誤らさせること、真実でないこと、不公正なこと、同邦の市民や世界にとって有害なことに気がついたら、なにも言わないのはある種の無責任だ。」

彼は(オーストラリアの)ジョン・ハワード首相をイラクにおける戦争に対する非難の中で容赦しない。
「なぜ彼らの国々が戦争に係わるのかということを正当化しようとする、ハワード、ブレア、ブッシュや他の多くの人々による、このような誤った方向に導こうという取組みがある。」とモーテンセンは言う。
「これらの人々が正直でないことに気づき始めると、善人であるという幻影は崩れ去る。」

モーテンセン(47)は、彼を名声に向けて打ち上げた、ロード・オブ・ザ・リングの王になろうとする役の前に、15年以上にわたって俳優として働いてきた。

ヒストリー・オブ・バイオレンスは3月9日公開。

なお、上記の写真に添えられたキャプションは、"Thoughtful:Viggo Mortensen in Melbourne yesterday."(物思いに沈んで:ヴィゴ・モーテンセン、昨日メルボルンにて)。撮影:Belinda O'Neill

ハワード、ブレア、ブッシュの名前の後ろに、日本の首相の名前もリストアップされるわけですね。
オーストラリアの新聞系ニュースサイトの記事は、内容もしっかりしているし、写真もどれも素敵ですよね。日本の単なる芸能ネタとして載せているニュース記事とはえらい違いですよね。

| | コメント (0)

Sharpe's Challengeの新画像

sharpes_challenge1ヴィゴに気をとられていたら、素晴らしい情報を、pinkgoldさんのところで教えていただきました。

4月23日、24日にイギリスで放映される予定の、シャープの新作「Sharpe's Challenge」の画像です。
シャープの後ろに象ですよ!

出典はpicture palaceで、ここのSharpe's Challenge のタイトルの横の矢印をクリックすると、PDFファイルをご覧いただけます。
PDFファイルの中には、小さいですが、他にもいろいろ写真があるので、ぜひご覧下さい。
sharpes_challenge2 直接PDFファイルを取るのならこちらから右クリックで保存してください。
picture palace には、紹介ページもあるようですね。

ちょっと貫禄がついたシャープですが、やはり右の写真のようなシーンはお約束でしょうか?(笑)


5月1日発売とうわさされるDVDですが、こちらにも書いたとおり、UKのAmazonでは変な発売日(1月5日)で在庫なしとなっています。UK Amazonのカスタマーサービスにメールを書いて問い合わせてみたのですが、発売日は未定とのことでした。でも、未だにページの表記は間違ったままなんですよね。

ようやく、表記も直ったようです。

| | コメント (0)

HoV メルボルン・プレミア

melbourne060301_13月1日に行われたメルボルンのプレミアの写真が出てき始めました。

現在のところ、写真が出ているのは

GettyImages
isifa (これはGettyと同じですね)

さっそく、viggo-worksのこちらに、Gettyの高解像度の写真がアップされています。サムネイルをクリックしてください。
また、同じく viggo-worksに Ladybirdさんが撮影した写真をアップしてくださっています。
Ladybirdさんの写真は、ご本人の許可無くよそに持ち出さないでください。

melbourne060301_2 今回の衣装は、日本のプレミアの時のスーツに、あの、国連旗で作ったシャツですね。
足元はやはり黒いブーツです。(笑)
ヴィゴ! そのスーツにそのシャツは合わないと思うよ。

今見た写真の中で素敵なのは、右の写真。
小さな女の子のために、ヴィゴが真剣な面持ちでサインをしてあげているのがとってもいいです。
ぜひ、大きな写真でご覧あれ。

| | コメント (0)

ヴィゴのインタビュー記事

yourmovies_060301オーストラリアのサイト yourMovies.com.au に掲載された、ヴィゴのインタビュー記事をご紹介します。(元記事にはもう少し大きな写真が掲載されています。)

インタビュー:ヴィゴ・モーテンセン

ホテルの部屋の隅で、控え目で物思いにふけり、とてもすっきりとしたヴィゴ・モーテンセンは、たぶんあなたが想像できる彼の最も有名な役柄のアラゴルン(ロード・オブ・ザ・リング)とは程遠い。自然な魅力と目立った知性を持って静かに話す。そのことから、デイヴィッド・クローネンバーグやピーター・ジャクソンのような監督達が、なぜ彼を自分達のセットに、と思ったかを理解することは簡単だ。

この、とても才能ある俳優で芸術家は、このいくぶん隠れたハリウッドの宝を確実に人目にさらすことになる彼の新作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」について、Mark Beirne と Sara Friedman と話す時間を取ってくれた。

Q)「ロード・オブ・ザ・リング」に専念したあなたの人生における何年かの後で、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のような小規模のプロダクションに移るのはどんな感じでしょうか?

A)いい感じだよ。責任を持っている人とともに、また、いい時であろうとそうでなかろうと、セットのある種類の雰囲気の元でしなければならないからね。もちろん、ただセットで良い時間を過ごしたからといって、映画が良くなるわけじゃないけど。この場合はどちらも正しいね。私にとっては、制作に何年もかかる巨大な映画でも、2~3ヶ月でできる映画でも、学生の映画でも違いはない。いつでも同じ仕事だし、3台のカメラと大勢のクルーがいようと、たった1台の手持ちカメラで1時間の撮影で全てを撮るのでも、やはり同じ仕事をするだけだ。もしも、デイヴィッド・クローネンバーグのように良くコミュニケーションする監督で、伝染性の話をする楽しい時を過ごせるのなら、人々は楽しく過ごそうとするだろうし、この人のために良い仕事をしたいと思うもんだよね。ただ1つの撮影班なのは良いと、言わなくちゃならない。「ロード・オブ・ザ・リング」では、時には7つの撮影班があって、それは時にはある種の巨大なサーカスみたいだった。本当に素晴らしい人たちと一緒に仕事をしたんだが、あれは、ただもう比類なく広がったプロダクションだった。だから、私は「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のように、直接参加できるアプローチの映画が好きなんだと思うよ。

ヴィゴはなんでも自分でやりたい、係わりたいほうですから、スターらしくふんぞり返って人に準備させて、演技するところだけ悠然と登場、なんていうことは絶対にできなさそうです。小道具まで自分で調達してきちゃう人ですからね。

Q)この映画のあなたの役柄は、とてもプライバシーを切望していますよね。映画スターとして、共感されますか?

A)この一見、普通の家庭的な男性に対して、正当防衛の行動で全国的なメディアの注目集めたために、町民たちが興味をもつようになったら、たぶん多かれ少なかれ私はそのシーンで同じように振舞うだろうと思うよ。私はちょっとだけ関係付けることができるね - 私の役が病院を出てくると町民たちがそこにいるシーン - それはちょっとだけ「ロード・オブ・ザ・リング」以降の人生みたいだと私は思うよ。でも、私がやった方法を変えるべきだったかどうかは解らない。たとえ観客として完全に平和主義で、暴力に対してとても型どおりの物の見方を持っていたとしても、肉体的、感情的両方の暴力に対した時、物語が語られる時には何らかの方法でそれに加担するようになる。暴力は、善人によって正当化されたように見えるので、それは加担させるように仕向け、ちょっとそれを声援し、それからある種の高揚した気分を味わい、映画の中で時が過ぎるにしたがって、もう少し、それに加担したというある種の落ち着かなさを感じる。それが興味深いんだ。

HoVが、見ている人を落ち着かない気持ちにさせる映画、というのは本当です。落ち着かない気持ちになる理由は、人それぞれだと思いますが、見終わって、「ああ、スッキリした」とは絶対にならない映画です。帰る道々、いろいろと考えている自分に気づくはず。

この後、ヴィゴの俳優以外の芸術活動に関する質問と答えがあるのですが、その内容は Sydney Morning Herald の記事とほとんど同じなので省略します。

| | コメント (2)

我が家にもクマちゃん到着

sufc_daddy_bear ひるでさんちの写真があんまり可愛かったので、ついポチッとしてしまったシェフィールドユナイテッドのクマちゃんが、昨日、我が家にも到着しました。

家族が買い物に行っている間に、郵便屋さんにポストにむぎゅっと押し込まれていたらしかったのですが(家族は「それってTシャツかなんか?」と言っておりました(涙))、なんとか無事でした。
内側の袋がブレイズマークがプリントされたビニール袋(紐がついていて肩からかけられるタイプ)だったので、一緒に記念撮影です。(写真をクリックするともうちょっと大きくなります。)
パンツのお尻にはちゃんとシッポの穴も開いているんですよ。

ひるでさんちの子より、ちょっと気が弱そうな感じでしょうか。
ショーンにプレゼントしてもらった、シェフィールドのカイ君のところのクマちゃんとも兄弟分ですね。

一緒に注文したピンバッジも襟につけてみましたけど見えますか?
ピンバッジは、North Country UKプレミアの時のショーンとおそろいで、マークの下に「BLADE FOR LIFE」(一生ブレイズ、ブレイズ命)という銘がついています。

| | コメント (2)

来日記者会見の動画

movie_walkerもう寝ようとしていたら、来日記者会見の動画を見つけてしまったのでご紹介します。

MovieWalker のサイトで、3分42秒の記者会見の動画をご覧いただけます。
MovieWalkerのサイトでは、Windows Media Player用か、Real Playerかが選べて、Media Player はサイズが選べるようになっています。
Media Player 用のファイルをダウンロードできるようにしてみました。下の2つは、画面のサイズが違うだけで、中身は一緒です。

1Mbps用(26.2MB)
500Kbps用(13.1MB)

どちらも Store and Serve  を使っているので、クリックして開く画面の右側か、下の方にある表の中の、Download! というボタンをクリックし、次の画面の下の方にあるダウンロード用のリンクをクリックしてください。

HoVの公式サイトのニュースによれば、いずれ公式サイトでプレミアの動画を配信するとのことなので、楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (5)

インタビュー動画@シドニー

ninemsn060228ninemsnのサイトで、シドニーにおけるヴィゴのインタビューの動画を見ることができます。

この動画を、Splatnextさんがダウンロードできるようにしてくださったファイルが、viggo-works か、Erikoさんのところからダウンロード可能です。
黒いシャツのヴィゴはとっても魅力的ですね。

| | コメント (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »