« Elle Style Awards 2006 | トップページ | 雑誌情報あれこれ »

成田空港にお出迎えに行かれるみなさまへ

いよいよ、明日、ヴィゴの来日ですね。
成田空港へお出迎えに行こうと、はりきっていらっしゃる方も多いと思います。

お出迎えを計画されている方に一言。

情報は、事前にご自分でしっかり集めましょう。
今回は、ムービーアイさんも、ファンの要望にできる範囲で答えるよう、配慮をしてくださっているもようです。

【追記】先ほど、携帯のHoVメーリングリストから来日のお出迎えについてのご案内がありました。上記リンクは普通にPCからもご覧いただけますので、注意書きをしっかり読んで、指示に従ってください。ムービーアイさんが、ここまで情報を明らかにしてくださっているので、みなさまのご協力を私からもお願いいたします。

私はお出迎え、お見送りにはいっさい行きませんが、ぜひ、行かれた方のご報告をお待ちしております。
みなさまが、素敵な経験を共有されることをお祈りします。

【2/22追記】 コメントに、あおいさんが成田お出迎えの報告をしてくださっていますので、みなさまもご覧になってください。

【さらにオマケの追記】
これは時々こちらにコメントを書いてくださる、アメリカ在住のUshiさんからの情報です。
Ushiさんは、Track16ギャラリーの展覧会の最終日である18日(土)の夜に、再度ギャラリーを訪れたところ、17日の夜にNYでサイン会をしたばかりのヴィゴが、ほんの20分前にギャラリーに立ち寄ったところだった、とスタッフから聞かされたそうです。
そして、驚いたことに、なんでもヴィゴは先週だか先々週に日本に行ってたと、スタッフが言ってたそうです。
なんと、みんながプレミア情報で一喜一憂している間に、ヴィゴが来日してたとは!

Ushiさんの情報を元に、ここ2週間のヴィゴのスケジュールを組み立てて見ましたが、とんでもないハードスケジュールですね。

2/17(金)夜:NYでサイン会。 
2/18(土)夜:展示の最終日にギャラリーに寄る。
2/19(日)   休日?
2/20(月)スタッフとギャラリーのお片づけ?
2/21(火)昼前:日本へ向けて出発
2/22(水)夕方:日本到着
2/23(木)午後:記者会見
2/24(金)夜:ジャパン・プレミア
2/25(土)夜:シドニーへ向けて出発
2/26(日)朝:シドニー到着
2/27(月)夜:オーストラリア・プレミア(シドニー)
   翌日以降にメルボルンに移動して、ここでもプロモーションの予定
3/3(金)夜:LAでNZ主催のプレオスカー・パーティーに出席?

これにさらに、2月3日あたりはスペインのレオンにいたようですし、2月6日の週か、13日の週には日本に来ていたというのですから....時差はあるは、南北で季節は逆転するは、殺人的なスケジュールですよね。
プレミアの時に、あまりお疲れでないといいのですが。

|

« Elle Style Awards 2006 | トップページ | 雑誌情報あれこれ »

History of Violence」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも楽しい話題や情報をありがとうございます。ヴィゴがすでに来日!?の情報にはびっくりしました(笑)。そんな離れ業が可能とは・・・日本でもヴィゴの展覧会を開くための打ち合わせだっりしたら嬉しいですね。

ムービーアイさんは本当に誠実にファンとゲストのことを考えてくれているように感じます。誰にとっても気持ちのよいイベントになるといいですね。

投稿: なを | 2006.02.21 17:38

なをさん
私も、ヴィゴが既に一回来日していた、という話を聞いたとき、「ヴィゴの展覧会の打ち合わせだったらいいのに」と思いましたよ。

投稿: punkt | 2006.02.21 22:46

初めまして、こんにちは!
なんと、今回のプレミア来日の前に日本に?
驚きです~!!
ホントに、個展の打ち合わせとかだったらいいのにな。
そして日本でもサイン会とかやってくれたらなあ。

投稿: Naomi | 2006.02.22 01:08

 ええーーっ! 「驚き」というより目的は何だ!のほうが気になります。
 ほんとに個展のことだったらいいなと思います。 出版の仕事関連かもしれないですね。 出版に関して・・というのは、日本の作家のものを出すなら社長として来日可能性があるよねーと以前から考えてたんですが。

投稿: mizea | 2006.02.22 08:23

先ほど、空港から帰ってきました。警備のみなさまと、ムービーアイさんの丁寧な対応により、大きな混乱もなく、ヴィゴをお迎えすることができました。本当に、よい配給さまですね。
ヴィゴは・・・やはり、この日程ではやむをえないのか、本当にお疲れのご様子で、目がちょっとうつろで、それでも一生懸命笑おうとしてくれるところが儚い感じで、それでも頑張ってきてくれて、本当にありがとうと云いたいです。
あの長い足でスタスターと自らカートを押しながら歩いて行かれてしまったので、短い邂逅ではありましたが、とてもよい想い出になりました。
お洋服とか靴とか(笑)レポートできればよかったのですが、あまりの青い眸の美しさに、顔一点に集中して口を開いているうちに、貴重な数秒間が終了です。でも、なんだか、とても見たことのある姿でしたね。

投稿: あおい | 2006.02.22 21:05

Naomiさん
もう、びっくりですよね。
日本でも、ぜひ個展をやってほしいですね。

mizeaさん
Ushiさんのお話では、スタッフの方はヴィゴが自分で本を日本に運んでいったようなことを言っていたそうです。
インロックに自分で納品? まさかねぇ(笑)

あおいさん
お帰りなさいませ。お疲れさまでした。
やはり、ヴィゴはお疲れ気味でしたか、時差だってかなりきついですからね。
今晩はゆっくりと疲れを取っていただきたいものです。

>あまりの青い眸の美しさに、顔一点に集中して口を開いているうちに、貴重な数秒間が終了です。

わかります、わかります。
ぼーっと見惚れてしまうんですよね。

素敵な体験のおすそ分け、ありがとうございました。

投稿: punkt | 2006.02.22 22:44

ご無沙汰しておりました。ヴィゴ来日、HoV公開間近で、又目が離せませんね。ところで
>Ushiさんのお話では、スタッフの方はヴィゴが自分で本を日本に運んでいったようなことを言っていたそうです。
インロックに自分で納品? まさかねぇ(笑)
実は、お正月にインロックに注文してあった「Linger」と「Recent Forgeries」が一昨日やっと届いたのです。先週か先々週ヴィゴが日本に来たなら、ご自分で持ってきた可能性もあるなぁと考えてしまったのですが、ヴィゴは考えも及ばないことをよくするので、あり得るかも。もしそうなら、なんだか嬉しいです。
私も、是非是非、ヴィゴに日本で個展をお願いしたいです。

それから、punktさん、大変な量の情報を毎日有難うございます。
プレミア、楽しんできてくださいね。(私は外れました)

投稿: H | 2006.02.22 23:25

Hさん
ちょうど、インロックからPerceval Pressの本が届いたんですか?
ああ、それじゃあ、ヴィゴが日本まで本を運んだというのは本当かもしれませんね。
もう、それは、ヴィゴが直接ハンドキャリーで持ってきたと信じるしかありませんよ!(笑)
プレミア残念でしたね。
私も、自分自身はハズレだったので、誘っていただけたことについては、本当に感謝しています。

投稿: punkt | 2006.02.23 01:19

あおいさん、お疲れ様でした。(^^ゞ1点に集中という気持ちよ~くわかります。私もその場にいたら、きっと同じ状態です。臨場感のあるレポートありがとう。punktさんいつも楽しい情報ありがとうございます。とてもたのしいです。明日は、寒そうなので、暖かくして楽しんで、又、ステキなレポートお願いします。

投稿: 泉 | 2006.02.23 21:06

泉さん
お気遣いいただいて、ありがとうございます。
明日のプレミアに、張り切って参加したいと思います。

投稿: punkt | 2006.02.24 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Elle Style Awards 2006 | トップページ | 雑誌情報あれこれ »