« 1月6日NYヴィゴ・トークイベント・レポート | トップページ | 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』試写会情報 »

アラトリステと謎の日本人

Alatriste_Japanesecapitan-alatriste.com に不思議な写真がアップされています。
(もしも他の写真で流れてしまっていたら、こちらからどうぞ)

アルバムの場所が変更されたようなので、リンクを直しておきました。

Balamerさんがアップしてくださった写真で、アラトリステ姿のヴィゴと、裃姿の人物と、公家とも侍ともつかない不思議な格好の人が写っています。
Balamerさんは、支倉常長がスペイン宮廷に到着した時ではないか、と書いているのですが、コメントでTargulさんが指摘しているとおり、微妙に時代が合っていません。

支倉常長は1615年にスペインでフェリペ3世に謁見しているのですが、アラトリステの話の舞台は主としてフェリペ4世の時代で、1620年代以降なんですよね。

かといって、この鎖国が始まった時代に、他にスペインにいた日本人はいなかったはずだし...謎の写真ですね。
alatriste_sword
他にも capitan-alatriste.comには、こんな素敵な写真も出ているので要チェックです。

|

« 1月6日NYヴィゴ・トークイベント・レポート | トップページ | 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』試写会情報 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。面白い写真ですね。誰でしょう?お公家様?

・・・支倉さんと共にスペインに渡り、そのままスペインに帰化した「ハポン氏」がカピタンと握手しているところだと思いたいですが、多分支倉さんの間違いなんでしょうね。
おもしろ~い!(^^)

投稿: なまえはまだない | 2006.01.13 00:30

なまえはまだないさん
スペインには、支倉常長と共にスペインに渡った日本人の子孫だと称する、ハポン姓の人々がいらっしゃるんですよね。
いったい誰なのか、映画に本当に登場するのか、気になりますよね。

投稿: punkt | 2006.01.13 23:30

 そう、ハポン姓の方たちの可能性ですね。 映画の中で「ハポン氏」が出てくるかわかりませんが、そういう形で残っている日本人がいた可能性はあるので、史実は横に置いといて、当時のスペイン宮廷の世界的な広がりを示すために、背景のように出演するということもあるかもしれませんね。。 日本市場向け? いや、これは考えすぎ。
 でもアラトリステ製作サイドがこの裃や狩衣も用意したとしたら、手間がかかってますよね。。

 おまけ
 私の名前をクリックすると、アラゴルン最新フィギュアのページに飛びます。 顔がかなりヴィゴ似です。

投稿: mizea | 2006.01.14 17:58

mizeaさん
アラトリステに日本人が出てきたら、それはそれで面白いですよね。この当時のスペインは絶頂期で、世界最大の国力を誇っていた時ですものね。

おまけで教えてくださったフィギュア、本当に顔が良く似てますね。フィギュアの顔は、ぎょっとするか、笑ってしまうようなのが多いですけど、これならちょっと欲しいかも。

投稿: punkt | 2006.01.14 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月6日NYヴィゴ・トークイベント・レポート | トップページ | 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』試写会情報 »