« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の34件の記事

第78回アカデミー賞 ノミネート発表

第78回アカデミー賞ノミネートの発表がありました。

公式サイト:ノミネートリスト

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」関係では、助演男優賞にウィリアム・ハートがノミネートされ、また脚色賞にもノミネートされたものの、主演男優賞、作品賞、監督賞、助演女優賞などのノミネートは残念ながらありませんでした。

ショーン・ビーン関連では、North Country からシャーリーズ・セロンが主演女優賞に、フランシス・マクドーマンドが助演女優賞にノミネートされました。

アカデミー賞の受賞式は、3月5日夕方(日本時間では3月6日午前中)からとなります。

| | コメント (0)

MOVIE STAR 3月号(Vol.133)

ms133インロックのホームページでは、まだ3月号の紹介はされていないようですが、定期購読している MOVIE STAR 3月号も届いていました。

ヴィゴの記事はカラー4ページ。1ページフルのグラビアは、Entertainment Weekly に以前に掲載された写真と同じシリーズのものでとても素敵です。
他の写真は、1月6日のニューヨークのトークショーの時のものと、パームスプリングス映画祭の時のマスターチーフ・ヴィゴ。
ゴールデングローブ賞の記事の中にも、アシュトン・ホルムズ、クローネンバーグ監督と一緒の写真が(あれ? マリアさんは?)あります。

ショーン・ビーンの記事は、カラー3ページ。1ページフルのグラビアは、以前に見たことがありますが、素敵なシャープの写真。他に初めて見る写真として、1月3日のシェフィールドのアイヴォリー・バー&レストランのオープニングというのが2枚あります。ビール片手に微笑むシャープ仕様のショーンです。

| | コメント (0)

スクリーン+プラス vol.06

screen_plus_6ヴィゴファンのみなさん注目の スクリーン+プラス vol.06 をさっそく入手しました。

ヴィゴ特集号ということで、表紙はもちろん、巻頭26ページに渡って全部ヴィゴの記事!
ヒストリー・オブ・バイオレンスのクリアフォルダはついているし、裏表紙もヒストリー・オブ・バイオレンスの広告だし、ヴィゴの大きな折込ポスターはついているし、応募者全員にヴィゴのクオカードプレゼントだし、ちょっと雑誌としては値段が張りますが、価値は十分にあると思います。

記事は、基本的に過去のSCREENのインタビュー記事をまとめたものが中心のようですね。

そして、さらに嬉しい驚きだったのは、表紙には一言もないのですが、ヴィゴのすぐ後がショーン・ビーンの6ページの特集だったこと。
見たことのある写真とはいえ、シャープ、スタンドアップ、フライトプランの写真がいっぱい(アップの写真も)あって、ショーンファンも注目ですよ。

アマゾンでも注文可能です。

| | コメント (0)

Track16ギャラリー オープニングレセプションのビデオクリップ

viggo-works のTrack16ギャラリーの展覧会専用スレッドに、Chrissieさん提供のオープニングレセプションのビデオクリップがアップされています。

2つのファイルがZIP形式で圧縮されていて30MB程度ありますが、大きくてなかなか綺麗な映像でヴィゴのアップを楽しむことができます。
Right Click and Save to Your Computer というところを右クリックしてご自分のPCに保存し、ZIPファイルを解凍してごらんください。

この動画ファイルへの直リンクは厳禁。
またこのビデオクリップを事前にChrissieさんの許可を得ずに他のサイトなどに掲載することも厳禁です。

| | コメント (0)

「フライトプラン」

flightplan昨日、友人と一緒に「フライトプラン」を観てきました。

ショーンのアップも案外多くて、大画面で見るリッチ機長は素敵でした。
やはりショーン・ビーンはストイックな制服がとても似合いますね。
責任者として毅然とした態度で対処する姿には惚れ惚れです。
ちょっと判断に迷って目が泳ぐところも最高(笑)
ジョディ姐さんのほとんど狂気に駆られたかのような演技もさすがでした。

でも、ウワサには聞いていましたが、ストーリー展開は突っ込みどころ満載でちょっとお粗末ですね。
「飛行中の旅客機の中で、子供が忽然と行方不明になる」というアイディアだけがまずあって、それにあわせて無理やり話を作ったという感じがします。
犯人がなぜ、何のために、どうやって、という部分が極めてお粗末で、説得力がぜんぜんないのが残念です。
いい役者を使っているのにもったいない。
ショーンファンとしては、素敵な機長さんが見られたので満足しておりますが。

リッチ機長の髪型なんですが、確か機内では短かった後ろ髪(前髪もかな?)が、地上に降りたらずいぶん長くなってたような気がするんですが? そんなに急に髪が伸びるの(笑)

今回はちょっと遠出して、イスが重低音の音響にあわせてブルブル動く、というのを試したのですが、ちょっとマッサージチェアのようでした。(笑)

| | コメント (2)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」公式サイト更新

hov_jp2「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の公式サイトが更新されました。
Flashを使ったサイトにすっかりリニューアルですね。

まだ、中身のない部分が多いようですが、ヴィゴやエド・ハリスなどのキャストのプロフィールや、予告編が準備されています。
(アラゴルム役って!(笑) アラゴルンとゴラムを足してませんか?)

携帯のサイトもできたんですね。( http://m.HOV.jp

今後の更新が楽しみです。

| | コメント (4)

COMIN'SOON TV の「フライトプラン」特集

coming_soon_fpカミングスーンTVで、「フライトプラン」特集を放送しているそうです。

私は見ることができないのですが、mizeaさんがショーン・ビーンの出ているところをビデオクリップにしてくださいました。

「フライトプラン」の特集なのに、ショーンの紹介として「スタンドアップ」のシーンも、ボロミアのシーンも出てきて、ショーンファンにはとても嬉しいビデオクリップです。(約6.1MB)

mizeaさんありがとうございました。 大感謝です。

ビデオクリップのダウンロードはRapid Share を使っているので、下記の手順でダウンロードしてください。

【Rapid Shareダウンロードの仕方】
表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。
次に表示される画面でカウントダウンをしばらく待つと、カラー3色の文字が3文字表示されるので、それを「here」に入力して、Start Downloadボタンをクリック。

| | コメント (2)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」ジャパンプレミアに関するアンケート

HoVの配給会社であるムービーアイに、直接情報を尋ねてくださったりしている veranoaさんが、HoVのジャパンプレミアについてのアンケートページを作ってくださいました。

このアンケートの趣旨は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の公開を心待ちにし、ジャパンプレミアに期待する多くのファンの気持ちを、配給会社の方に知って欲しいというものです。

配給会社とはなんの関係もなく実施しているアンケートなので、アンケートの結果が配給会社の何らかの反応を引き出す保証はまったくないものであることをご承知置きください。

また、現時点では監督、ヴィゴ、マリアさんの来日は可能性があるだけで未確定です。

このアンケートへのリンクは、他の多くのファンサイト、ブログからも用意されると思いますが、アンケートの正確性を期するため、回答はお1人様1回限りでお願いいたします。

ジャパンプレミアが、配給会社もわれわれファンも、満足のいく素晴らしい成果があげられますように、皆様のご協力をお願いいたします。

HoVジャパンプレミアアンケート (1/31(火)24:00〆切)

最後に、このような準備をボランティアでしてくださった veranoaさんに感謝申し上げます。

| | コメント (0)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」試写会情報

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の試写会のプレゼント情報が、あちこちの雑誌に掲載されているようです。
Mikiさんveranoさんが、それぞれのブログ丁寧にまとめてくださっているので、不精をしてそれぞれのページへのリンクをさせていただきました。
Mikiさん、veranoさん、ありがとうございます。

現時点では試写会は2つあって、どちらも東京で2月28日(火)です。

| | コメント (13)

おめでとう!ドム

dom_evaドミニク・モナハンが、LOSTで共演しているエヴァンジェリン・リリーと婚約したことが発表されました。
 Flix の記事
 USA TODAY の記事

以前に、ヴィゴがパジャマ姿でパパラッチされて話題になったときにも、仲睦まじい様子が写っていましたが、ついに正式に婚約したんですね。
古典的に、片膝ついてプロポーズしたんだそうです。

おめでとうございます!

| | コメント (0)

雑誌情報あれこれ

最近出た映画雑誌関連で気がついた情報をちょっとまとめてみます。

【追記】 じーなさんに教えていただきました。
Safari 3月号 166ページの”Legendary Celebrity” にヴィゴの記事が載っているそうです。早速、チェックしに行かなくては。 じーなさん、情報ありがとうございます。

【追記2】 Mikiさんのところに、Safariのスキャン記事と、HIHO(映画秘宝)のスキャン記事がアップされていますよ。

Cut 2月号
すでにあちこちで情報が出ているのでご存知のとおり、巻末のアンケートはがきで、2月28日の「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の試写会に応募できます。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の記事も半ページ。
「2006年を動かす男優・女優・監督たち」の記事にもヴィゴが1/4ページ登場です。

flix06Mar_1 flix06Mar_2
Flix 3月号
「2006年の主役はこのスターたち」の中に、ヴィゴ、ショーン・ビーン、エド・ハリスも取り上げられています。

SCREEN 3月号
こちらもご存知のとおり、巻末のアンケートはがきで、やはり2月28日の「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の試写会に応募できます。
また、1月31日発売の Screen+ vol.6 がヴィゴの特集だというのが最大のニュースですね。

Weekly ぴあ別冊 Movieぴあ 1.15号
「フライトプラン」: 1ページの記事(既出のショーンの小さな写真あり)と付録のDVDに予告編。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」:半ページの記事(ちょっとネタバレ)
「ナルニア国物語」の特集とジャパンプレミアの招待もあります。

| | コメント (9)

Track16ギャラリーサイン会のビデオクリップ

viggo-worksで、Track16ギャラリーのヴィゴとGudniさんのサイン会に出席した、Chrissieさん提供によるビデオクリップをダウンロードすることができます。
音声は小さいですが、ヴィゴの声も聞こえます。

Right Click and Save to Your Computer. のところからダウンロードしてください。

zipファイル形式で圧縮してあるので、解凍してご覧下さい。
また、このビデオクリップは、Chrissieさん本人の許可なしに、他のサイトにアップすることは厳禁です。もちろん、viggo-worksのファイルへの直リンクもダメですよ。

| | コメント (0)

"The Dark"トレイラー

thedark01まめおさんのブログで教えていただきました。
オランダのサイト Pathé.nl の "The Dark"のページから、英語版の予告編(オランダ字幕付き)を見ることができます。

以前にあった、ドイツ語吹替えの予告編と違って、ショーンの声を直接聞くことができますよ。

ページの下の bekijk de trailer というところをクリック。

【追記】 ダウンロードできるファイルを用意してみました。ダウンロード期間は1週間です。

【修正】 YousendItは、あまり芳しからぬポップアップがたくさん出るそうなので、ダウンロード先を RapidShare に変更しました。

【Rapid Shareダウンロードの仕方】
表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。
次に表示される画面でしばらく待つと、カラー3色の文字が3文字表示されるので、それを here の欄に入力して、Start Downloadボタンをクリック。

| | コメント (2)

Silent Hill の画像

silenthill03CSBのSilent Hill のページに、ショーン・ビーンが写っている新しい画像が3枚アップされました。

出典は公式サイトで、ENTER THE SITE をクリック後、MEDIA のページのPHOTO GALLERYの中に写真があります。
公式サイトも、まだキャスト紹介などは準備中のようですね。

| | コメント (0)

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」日本版予告編

hov_trailer_jいつもいろいろな情報を寄せてくださる mizeaさんが、ケーブルTVで放送された、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の予告編のビデオクリップを作ってくださいました。

【修正】 YousendItは、あまり芳しからぬポップアップがたくさん出るそうなので、ダウンロード先を RapidShare に変更しました。
【Rapid Shareダウンロードの仕方】
表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。
次に表示される画面でしばらく待つと、カラー3色の文字が3文字表示されるので、それを here の欄に入力して、Start Downloadボタンをクリック。

mizeaさん、ありがとうございました!

内容は、基本的にこれまで見ている予告編とあまり変わりがないようです。(でも、何ととんでもないことに監督の名前がない!?)
余計な変なキャッチコピーがなくてホッとしました。
いよいよ公開間近という気持ちになってきますね。

| | コメント (2)

ショーンの出ている「サイレント・ヒル」トレイラー

silenthill02 Misaさんのところで教えていただきました。
「サイレント・ヒル」のトレイラーで、ショーン・ビーンも出てくるものが、Yahoo! Movies に出てきました。
Windows Media Player版と、Quick Time版が用意されています。

また、Sean Bean Daily では、Quick Time版がダウンロードできますよ。
ショーンはネクタイを締めて、堅気の勤め人風ですね。
ショーンの声も聞けるし...

でもこの映画、かなりグロそうだし、ホラーはダメな私は映画館で見ることができるかどうか、かなり疑問です。映画館じゃ、ショーンのところ以外は飛ばしてみることなんてできないですものね。

| | コメント (5)

ゴールデングローブ授賞式のビデオクリップ

gg_movie1Viggo Daily に splatnextさんが、ゴールデングローブ授賞式のTV中継から、ヴィゴが映るシーンのビデオクリップをアップしてくださっています。

リンクの上の方が大きな画面で、ファイルサイズは24MBほど。gg_movie2
リンクの下の方は画面が小さくなりますが、ファイルサイズは4.6MBです。
ヴィゴが映るシーンは、作品紹介の前後のようですね。
またもや、右のような監督とのキスシーンもありますよ(笑)

splatnextさんに感謝です。

| | コメント (2)

第63回 ゴールデングローブ賞

63_golden_globes1第63回 ゴールデングローブ賞が発表されました。

公式サイトのノミネート/受賞リスト
Flixムービーサイトの記事

残念ながら、ドラマ部門の最優秀映画作品賞にノミネートされていた A History of Violence と、ドラマ部門の最優秀主演女優賞にノミネートされていたマリア・ベロさんは受賞を逃しましたが、ヴィゴがクローネンバーグ監督、マリアさんとともに授賞式に出席しました。
ダークスーツでとってもシックなヴィゴですよ。

とりあえず見つけた写真・ニュースサイトへのリンクを貼っておきます。
後ほど、もっと良く探して追加していきます。

WireImage
Getty Images

【追記】 viggo-worksのこちらで、上の写真(Getty Images)のウォーターマークなしの大きなものをアップしてくださっています。襟元には、星条旗のピンと並んで、非暴力主義のキング牧師のバッジをつけているようです。(1月の第3月曜日である16日は、キング牧師を記念した休日)
そして、viggo-worksのこちらにアップされた写真では、ちゃんとヴィゴが非暴力のアピールをしています。

isifa.com も追加しておきます。

【追記2】 viggo-worksに WireImage のウォーターマークなしの大きな写真がアップされました。画像をクリックすると、さらに大きな写真をご覧いただけます。

Yahoo!News (APREUTERS63_golden_globes2
どちらもヴィゴ、クローネンバーグ監督、ピーター・ジャクソン監督のスリーショット!(リンク先では、もっと大きな写真があります)

ヴィゴが映画賞の授賞式に出席するのは、初めてじゃないでしょうか?
ゴールデングローブ賞の授賞式の模様は、NHKのBS2で下記の通り放送される予定です。
ヴィゴが出席したのなら、録画をしなくては!

BS2 2月3日(金) 後7:30~10:00
アカデミー賞前哨戦 第63回ゴールデン・グローブ賞 授賞式のすべて

| | コメント (2)

ヒストリー・オブ・バイオレンスのプレミアに関する情報

veranoaさんが、ヒストリー・オブ・バイオレンスのジャパンプレミアについて、配給会社のムービーアイさんに直接電話で問い合わせをしてくださいました。

その回答は、

HoVのプレミアは、試写会+イベントの形で開催する予定。
時期:2月下旬
場所:東京のどこか
チケット入手方法:ムービーアイ公式サイト、TV, 雑誌, 他各メディアのウェブサイト、TV 番組、雑誌で公募
規模:公募で一般客を 200~300人招待。プレスを含め、max 250人(つまり会場もこの規模のところ)
イベント招待候補:クローネンバーグ監督、ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ

とのこと。
あくまでも現時点では、上記の3人が参加する可能性が高い、ということだそうで。
veranoaさんのLJに詳しい考察、さらに追加の情報がでています。
配給会社に直接電話するなんて、コロンブスの卵でしたけど、教えてくれるものなんですね。
veranoaさん、貴重な情報をシェアしてくださってありがとうございます。

| | コメント (0)

Track16ギャラリーの写真いろいろ

Track16ギャラリーで行われた、ヴィゴとGudni氏のサイン会、およびレセプションのレポートがぞくぞくとviggo-wroksの専用スレッドにあがってきています。

その中で、写真があるものをご紹介します。写真をクリックすると、さらに大きな写真がご覧いただけるものがほとんどです。

<サイン会の写真>
Willowingさん提供の写真
 飲み物の入ったダンボールをせっせと運ぶヴィゴの写真があります。
 ヴィゴは飲み物とキャンディーを、列に並んでいたみんなに配ったそうです。
Echo285さん提供の写真
Airwinさん提供の写真
 机の上はプレゼントのチョコレートでいっぱいです(笑)

Sunkakanさん提供の写真(ギャラリーで会った方が送ってくださったとか)
 リンクのところをクリックすると、素敵な写真があります。

【追記】
Derycktさん提供の写真がたくさん追加されました。
クリックすると、大きな写真をご覧いただけます。
Derycktさん提供の写真を見ていて気がついたんですが、ヴィゴのパーカーの胸元にはアイスランド国旗のピンバッチが、そしてGudniさんの胸元にはアメリカ国旗のピンバッチがつけられているようですね。お互い、相手の国に敬意を表して、といったところでしょうか。


<ギャラリーとレセプションの写真>
Sunkakanさん提供のTrack16ギャラリー内部の写真
 ヴィゴの写真もあります

Miss Arielさん提供のレセプションの写真

<おまけ>
Echo285さん提供のヴィゴのピックアップトラックの写真
 この写真だと、トラックが緑色なのがよくわかります

予定ではサイン会は午後1時から4時までとのことでしたが、ヴィゴとGudni氏は午後6時半過ぎまでサインをし続けてくれたそうです。

| | コメント (0)

Track 16 Exhibit Book Signing

ヴィゴとGeorg Gudniの展覧会のオープニングに先立って行われた、二人のサイン会のレポートと写真が、viggo-works に掲載されました。
viggo-wroksには、Miss Arielさん提供の写真がアップされています。

ヴィゴは髭を剃り落として、髪も少し短くなったみたいで、すっかりすっきりした感じになっています。着ている緑色のパーカーは、感謝祭の休日にパパラッチされた写真の時と同じもののようだ、とのことです。

サイン会場で、Gudni氏の前を素通りした方もいたようですが、会場に行かれた Chrissieさんや、kaijaminさんは、Gudni氏はとても感じのいい方で、作品も素晴らしかったのでGudni氏と話さないなんてもったいない、と言ったようなことを書かれています。

また、kaijaminさんがサインしてもらうために差し出した Linger が誤植がある最初に出荷されたものであることに気がついたヴィゴが、「これには誤植があるんだよね」と言って、手ずから誤植の部分を書き直してくれたそうです。(他の方のレポートを読むと、誤植のあるLingerを出した人のものは全部、ヴィゴが直していたそうです。)

ヴィゴは、例のピックアップトラックで会場にお昼過ぎに登場し、自分で本、飲み物、クッキーやキャンディーの箱を運び込んでいたようです。

他にも、viggo-worksの Track 16 展覧会専用スレッドにレポートがあがってきていますので、注目です。

【追記】 viggo-works の専用スレッドに、Echo285さんがレポートを載せてくれているのですが、彼女はサイン会の前日の夜におこなわれた、プライベートレセプションに招待されて参加したそうです。
プライベートレセプションには、ライトグリーンのスーツ姿(いつものあれでしょうか?)のヴィゴと、ダークスーツ姿のGudniさんの他に、ヘンリー君とエクシーンの姿もあったそうです。そして、やはりダークスーツ姿のクローネンバーグ監督も現れたそうです。

| | コメント (4)

「スタンドアップ」

northcountryさっそく「スタンドアップ」初日を見てまいりました。

ショーン・ビーンが出ていなければ見なかった映画だと思いますが、思ったよりもなかな良い作品でした。
でも、日本の公式サイトのトップに載せているキャッチ

私なんか、と何度も思った。
お前なんか、と何度も言われた。
それでも、立ち上がってみようと思った。

は、やはり間違ってますよね。「私なんか」なんて、主人公は思ってないじゃないですか。
歯をくいしばって耐えてはいるけど、自分を卑下したようなところは決してないのに。
どうして映画配給会社の宣伝は、的外れなんでしょうね。

それはさておき、ショーンは噂どおり、とても良い役でした。物静かで優しく、本当の意味で男らしい。出番は決して多くありませんが、この映画の中では女性から見て一番理想的な男性です。

アンティークの腕時計を修理しているシーンを見ながら「そんな細かいものをいじれるほど器用とは思えないなぁ」という不埒な考えが一瞬頭をよぎったのは内緒です(笑)

公式サイトのショーンのプロフィールで、TVドラマのヘンリー8世が舞台になってたり、Sharpe's Legendがシャープシリーズの最後の作品と紹介されていた間違いは、プログラムの紹介文では削られていましたが、サイトの方は間違ったままですね。

初日の午後の回でしたが、客の入りは半分弱だったでしょうか。
地味な作品ですが、多くの方に見てもらえるといいですね。

| | コメント (3)

HoV衣装のオークション

hov_auction以前にも New Line Cinema のオークションページで、ヴィゴが着用した衣装などがオークションにかけられていたのですが、また、ヴィゴが着用した衣装が出品されているのでご紹介します。

Tom Stall's (Viggo Mortensen's) Exit Hospital Outfit from A History of Violence

トムが病院を退院する時に身に付けていた紺色のフィッシャーマンセーター(ウール、サイズL)、リーバイスのジーンズ、ナイキのスニーカーのセットです。 オークションの〆切は東部時間で 1月23日の19時。 この記事を書いている時点で、すでに $402.の値をつけています。
10日後には、どんなに高値になっていることやら。

他に、マリア・ベロ着用の衣装一式もオークションに出品されています。

| | コメント (2)

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』試写会情報

すでにあちこちで紹介されていますが...
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の試写会の情報がでてきました。

日時:2月28日(火)18:30開場 19:00開映
場所:よみうりホール

Movie@nifty で申込受付中です(〆切:2月20日(月))

わざわざメールで教えてくださったみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

アラトリステと謎の日本人

Alatriste_Japanesecapitan-alatriste.com に不思議な写真がアップされています。
(もしも他の写真で流れてしまっていたら、こちらからどうぞ)

アルバムの場所が変更されたようなので、リンクを直しておきました。

Balamerさんがアップしてくださった写真で、アラトリステ姿のヴィゴと、裃姿の人物と、公家とも侍ともつかない不思議な格好の人が写っています。
Balamerさんは、支倉常長がスペイン宮廷に到着した時ではないか、と書いているのですが、コメントでTargulさんが指摘しているとおり、微妙に時代が合っていません。

支倉常長は1615年にスペインでフェリペ3世に謁見しているのですが、アラトリステの話の舞台は主としてフェリペ4世の時代で、1620年代以降なんですよね。

かといって、この鎖国が始まった時代に、他にスペインにいた日本人はいなかったはずだし...謎の写真ですね。
alatriste_sword
他にも capitan-alatriste.comには、こんな素敵な写真も出ているので要チェックです。

| | コメント (4)

1月6日NYヴィゴ・トークイベント・レポート

先日は、1月6日のNYにおける、ヴィゴのトークイベントに参加された、Misaさんと、veranoさんのレポートをご紹介しましたが、本日は Sachieさんのレポートをご紹介します。

【追記】 Sachieさんのサイトにレポートの専用ページ「NYレポ:"Beyond the Screen"」ができましたので、レポートは専用ページからどうぞ。

Sachieさんのレポートは、いつものごとく臨場感があって、その場に一緒にいるかのような気持ちになれる素敵なレポートですので、ぜひご覧になってください。
はじめはきっちりと腰掛けていたヴィゴが、次第にくだけた感じになっていく描写なんて、その場にいた方ならではですよね。

また、veranoさんが、追加ですごく大きな写真をアップしてくださったので、こちらもご覧になってください。
Misaさんも、追加のレポートをアップしてくださるそうなので、こちらも楽しみです。
みなさんの素敵な体験をシェアしてくださってありがとうございました。

| | コメント (0)

アラトリステの新画像

alatriste_cap1viggo-works のニュースフォーラムに、VFBから Wowieさんが持ってきてくださった、アラトリステの新しいキャプチャ画像が2枚アップされています。

ネタバレを厳重に回避されている方のために、viggo-worksでも、Click to reveal hidden content というところをクリックすると、はじめて画像が表示されるようにしてあるので、こちらに貼った画像もぐっと小さくしたものにしておきます。

渋くて素敵な写真ですよ。

【追記】 capitan-alatirste.com にもこの写真がアップされていますね。
capitan-alatriste.comのこちらによると、最近のヴィゴのアラトリステ風口髭が気になった Elfstoneさんが、アラトリステのプロデューサーに確認したところ、別にアラトリステの追加撮影の予定などはない、との返事をもらったそうです。ヴィゴが口髭を蓄えているのは、別の理由でしょう、とのことだったとか。私も、ひょっとしたら追加撮影? と思っていたのですが、そうではないようです。

| | コメント (0)

ヴィゴ来日確実?!

1月6日の The New York Times Arts & Leisure Weekend に参加された、veranoさんのLJでも写真入でレポートをアップしてくださっていますのでご紹介します。

そして何よりもビッグニュースなのは、出待ちをされたみはるさんが、ヴィゴの口から直接、ヒストリー・オブ・バイオレンスのプロモーションで来日すると聞くことができた、というお話です。

I must go to Japan.

ですって!
楽しみですね。

| | コメント (8)

全米映画批評家協会賞

第40回 全米映画批評家協会賞(40th National Society of Film Critics Awards)が1月7日発表され、デイヴィッド・クローネンバーグ監督が "A History of Violence" で監督賞を受賞したそうです。

さらに、エド・ハリスが助演男優賞を受賞しました。

作品賞はわずか1票差で惜しくも逃したようですが、ともかく、おめでとうございます。

出典:viggo-works経由 Gold Derby by Tom o'Neil

| | コメント (2)

ヴィゴが歌うタンゴの調べ(2)

adela051118以前にも、ヴィゴの歌うタンゴをご紹介したことがありますが、別のタンゴが出てきたのでこれもご紹介しましょう。(すでにご存知の方もお多いとは思いますが。)

Viggo's Celluloid Haven のこちらで、昨年の11月18日にメキシコのTVのトーク番組 Las Noticas con Adela にヴィゴが出た時のビデオクリップをダウンロードできるようにしてくださっています。
19分ほどの番組(もちろん全部スペイン語)で、ファイルサイズも60MBあまりととても大きいのですが、この番組の一番最後で、ヴィゴが聞き手のAdelaさんの懇願に負けて、ほんのちょっとだけタンゴを歌うシーンがあります。彼女の手を取って、目を見つめて甘く歌うところは必見です。

でも、そんなに大きなファイルはダウンロードできない!という方のために、viggo-worksで、ヴィゴが歌うタンゴのところだけ、オーディオファイルにしてくれています。Viggo Sings の記事の HERE のところから、ご自分のPCにダウンロードしてお聞きください。

こちらは119KBしかないですが、必ずダウンロードしてから聞いてくださいね。
ダウンロードは、Windows系の場合はアイコンの上にマウスカーソルを置いて右クリックから「対象をファイルに保存」。 Macの場合はコントロールキーを押しながらクリック(又は数秒クリックしたまま)「リンクをディスクにダウンロード」です。

また、viggo-wokrsでは「アンコール」と称して、オーデンセでの詩の朗読会の時のヴィゴの歌の部分のオーディオクリップも上げてくださっています。Silencio というところから、ご自分のPCにダウンロードしてください。

こちらはたっぷりと3分ちょっと歌ってくれているので、ファイルサイズも3.5MBほどありますが、とってもいいですよ。

| | コメント (0)

Palm Springs International Film Festival

PalmSprings0601071月7日、カリフォルニアのパームスプリングスで行われた Palm Springs International Film Festival のガラに、ヴィゴとクローネンバーグ監督が登場しました。

Yahoo! News (REUTERS提供)

クローネンバーグ監督は、このガラで Visionary Award という賞を受賞しました。ヴィゴは監督のご指名で、プレゼンターを勤めたはずです。

Getty Images にも、今のところ1枚だけヴィゴの写真が出ています。
【追記】 viggo-worksで、Gettyのウォーターマークなしの大きな画像をアップしてくださっています。

【追記2】 たくさん写真が出てきましたので、整理してみたいと思います。
Wire Image はヴィゴの写真だけのリンクにしました。ウォーターマーク付ですが、大きな画像もご覧いただけます。

Wire Image  - 到着
Wire Image  - レッドカーペット
Wire Image  - 授賞式
Wire Image  - バックステージおよびプレスルーム
Wire Image  - アフターパーティ

Getty Images こちらもウォーターマーク付の大きな写真あり
Rex Futers
Isifa.com

じきにウォーターマークなしの写真をどなたかがアップしてくださるのではないかと期待しましょう。

【追記3】 viggo-works のこちらこちらで、ウォーターマークなしの写真をアップしてくださっています。

この髭で額を出していると、マスターチーフという感じですね。

| | コメント (2)

シャープのDVD BOX2のデザイン

B000CC1DTI今年最初のショーン・ビーンの話題も....
ということで、シャープ DVD BOX 2のデザインです。

アマゾンのサイトでようやく、BOX 2 の写真も出てきたので、あらためて貼っておきます。

BOX 1のデザインが出てきた時、外箱はグリーンジャケッツ色なので、BOX 2はレッドコートか? と書いたんですが、BOX 2もグリーンジャケッツでした。

| | コメント (4)

1月6日 NYのヴィゴ

viggo_ny060106-11月6日の夕方に開催された、The New York Times Arts & Leisure Weekend の写真が出てき始めました。

Getty Images
WireImage
Yahoo! News

11月の頃の写真に比べると、ヴィゴは少しふっくらとして、アラトリステ髭で登場のようです。

viggo_ny060106-2 4人並んで写っている写真は、左からヴィゴ、ロバート・レッドフォード、フィリップ・シーモア・ホフマン、デボラ・ボイト(オペラ歌手)で、この晩の Arts & Leisure Weekend の催しに出演されたみなさんです。

また、viggo-wokrsのフォーラムに、この催しの写真およびレポート専門のボードが用意されていて、上記の写真サイトの写真の、ウォーターマークなしの大きな写真がアップされています。

どんどん追加されているようなので、ページをスクロールまたはNextで続きのページに飛んでご覧になってください。

【追記】 viggo-worksのこちらこちらに cityladynyさん提供のステージ上のヴィゴの写真が追加されました。
また、Kehuaさん提供の当日のプログラムのスキャン画像もアップされています。
どちらも、画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。

日本から参加された方も何人もいらっしゃるようなので、近いうちに日本語のレポートも期待できそうですね。

【追記2】 この催しに参加されたMisaさんが、さっそく簡単なレポートを上げてくださっていますので、ご覧になってください。Misaさんが撮られた写真もありますよ。
Misaさん、ありがとうございます。

| | コメント (4)

A Happy New Year!

あけまして おめでとうございます
2006年がみなさまにとって素晴らしい1年でありますように

昨年の暮から仕事が忙しくて、すっかり更新が滞ってしまいました。
年末年始で風邪をひくは、我が家に豆台風が2人襲来中でその相手で忙しいやらで、お正月も、おちおちネットを見ている暇もありません(苦笑)

今年は早々にヴィゴのNYでの講演や、サンタモニカでの展覧会、1月14日にはショーンの「スタンドアップ」、1月28日には「フライトプラン」の公開が控えていて、話題に事欠きませんね。

時間の許す限り、ヴィゴとショーンの話題を追って行きたいと思いますので、今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (8)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »