« いよいよ『シャープ』ですね | トップページ | デンマークの雑誌 COVER »

ヴェニスの商人

先日、『ヴェニスの商人』を見てきました。

キャストについて、アル・パチーノがシャイロック役だという程度しか知らずに見に行ったのですが、ストーリーはシェイクスピアの有名な戯曲なので、もちろんとても良く知っているお話。
通常、シェイクスピアの喜劇と分類されますが、この映画は近代的な解釈の「シャイロックの悲劇」という捉え方に近いですね。抑圧されたユダヤ人としての復讐もかなわず、押しつぶされていくシャイロックを演じる、アル・パチーノの存在感は圧倒的です。

私の頭の中のイメージでは、アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)は、バッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)と同世代の、もっと若い商人だと思っていたのですが、この映画ではぐっと年上の親友。
しかも、親友というより、なんだかバッサーニオとの関係が妖しげなのには、ちょっとびっくり。思わず、原作はそんな設定だったろうか? と考えてしまいました。

シャイロックの娘ジェシカ(ズレイカ・ロビンソン)は、ヒダルゴのジャジーラじゃないですか。威圧的な父親に逆らう娘、という役柄も似たような感じで、ジャジーラに見えてしかたがありませんでした(笑)

シェイクスピアの戯曲にかなり忠実と思われる脚本なので、現代の感覚からするとセリフが妙に装飾的だったり大げさに感じられるところもありますが、シェイクスピアの戯曲の映画化としてはオーソドックスな作品だと思います。

|

« いよいよ『シャープ』ですね | トップページ | デンマークの雑誌 COVER »

映画」カテゴリの記事

コメント

punktさん、こんにちわ。はじめまして。
私もヴィゴのファンです。いつもお世話になっています。
コメントを書くのは始めてデス。
私も7日に新宿でヴェニスの商人を見てまいりました。
アントーニオのバッサーニオを見る目つき、怪しかったですよね~~
トラックバックさせていただきました。

投稿: jester | 2005.11.08 19:00

jesterさん
こんにちは、こちらこそはじめまして。

>アントーニオのバッサーニオを見る目つき、怪しかったですよね~~
私も、思わず、えっ? えっ?
あの二人、ちょっと怪しくない?
と思ってしまいました(笑)
トラックバックもありがとうございます。

投稿: punkt | 2005.11.08 22:13

おいでいただいて、コメントまでいただいて、恐縮しだいです! 今日は「あの二人、ちょっと怪しくない?」の辺を追求してみたいと思ってます。

↑の記事ですが、ブリジット、死んじゃったんですね・・・・
お掃除の写真でも一緒に写ってたし、獣医さんに行くパパラッチ写真もありましたし・・・
悲しいです・・・・。
友人とも「ブリジットになりたい」なんてふざけていっていたぐらいので、他人事とは思えません。
ブリジット、ヴィゴに看取られて、天国に行ったでしょうね。
情報、ありがとうございました。

投稿: jester | 2005.11.09 08:54

jesterさん
「ヴェニスの商人」の続きを読みましたよ。
どうみても、父と息子、とはかなり違いますよね。
怪しい、おおいに怪しい(笑)

ブリジットとヴィゴの写真はチャーミングでしたものね。
何度か写真を見ていて、なじみのワンちゃんだっただけに、悲しいですよね。

投稿: punkt | 2005.11.10 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ『シャープ』ですね | トップページ | デンマークの雑誌 COVER »