« "North Country" LAプレミア(その2) | トップページ | 今度はマドリッドでプレミア »

ヴィゴが歌うタンゴの調べ

下のシッチェス映画祭のヴィゴのTシャツの話を追記をする時に参照した、capitan-alatriste.com の記事を英語への自動翻訳をかけて読んでみたら、どうやらヴィゴがスペインのラジオ番組に出ていたようで、サイトでこの番組が聴けるらしい。
オハラさんが教えてくださったのもこれですね。

しかも、最後にヴィゴの歌うタンゴを聞けると言うではありませんか!

ところが、FireFoxだとウンともスンとも言わない....しかたなく、IEにしたら聞くことができました。
番組そのものをダウンロード可能なファイルにしましたので、全部スペイン語ですが、興味のある方はこちらからどうぞ。(14分20秒 2.1MB)
ダウンロード期間は1週間です。

14分もスペイン語は聞いていられないけれど、ヴィゴの歌は聴きたいという方のために、歌の部分だけのファイルも作ってみました。ただし、もとの番組が歌の途中でちょん切れていますので尻切れです。(24秒 381KB)
 YouSendIt版RapidShare版 を用意しました。

YouSendIt版のダウンロード期間は1週間ですが、ダウンロード回数が規定の回数に達するとダウンロードできなくなってしまうので、その場合はRapidShare版をお使いください。

【Rapid Shareダウンロードの仕方】 上記ページの中のリンク のところをクリックして表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。次に表示される画面の下のほうで、数字がカウントダウンされていくのが 0 になるまで待つと、ダウンロードできるリンクが現れます。

【追記】 えり子さんに教えていただきました。
このヴィゴの歌 "Envidia" は、ヴィゴのCD "One Less Thing To Worry About" (現在は発売されていません)の中の1曲で、viggophile.netのこちらからMP3ファイルをダウンロードすることが可能です。

*注意* 必ずご自分のPCにダウンロードしてから曲を再生してください。
ダウンロードは、Windows系の場合はMP3(1.8Mb)とある上にマウスカーソルを置いて右クリックから「対象をファイルに保存」。 Macの場合はコントロールキーを押しながらクリック(又は数秒クリックしたまま)「リンクをディスクにダウンロード」です。

capitan-alatriste.com の記事によると、このインタビューでヴィゴがレオンに家を探しているというウワサについては否定したそうですが、いつも戻りたい町だと思っているといことは認めていたそうです。(Diario Leon のミゲル記者が喜びそうですね。)

シッチェス映画祭の写真が、Abaca Press にも出てきたので追加しておきます。

|

« "North Country" LAプレミア(その2) | トップページ | 今度はマドリッドでプレミア »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

 素敵な「タンゴ」をありがとうございます。
 思った以上に素敵でした(失礼?)。
 いや、ほんとに想像以上。ギターの音ともあって、少しハスキーで甘い声で。

投稿: mizea | 2005.10.19 06:55

punktさん、ラジオのサウンドファイルをありがとうございました。
昨日、Sachieさんのところでヴィゴがラジオに出てるらしいというのを読んで、サイトにつないでみたのですが、プラグインがないとか言われて断念していたのでした。
それから、歌"Envidia"の部分ですが、これはCD 'One Less Thing To Worry About' からのものではと思います。
viggophile.netにフルバージョンのMP3ファイルがあります。
この曲、大好きなんです♪
http://viggophile.net/downframes.html

投稿: えり子 | 2005.10.19 12:54

mizeaさん
思った以上でしたか?(笑)
もうちょっと聞きたいのに、というところで切れてしまったのが残念でしたね。

えり子さん
おお、そうだ、そうだ、どこかで聞いたことがあるような気がしてたんです(爆)
PCの中を探したら、以前にダウンロードしたファイルがしっかりとありましたよ。
情報ありがとうございました、さっそく追記しておきます。

投稿: punkt | 2005.10.19 23:09

 やっとErikoさんご紹介のサイトからダウンロードして聞きました。(実は風邪気味で、ページ確認して「後で」ということにしてたのです)

 なんて官能的な。 ギターだけの伴奏で、それがヴィゴさんの声とあっていて、ちょっとしたざらつきがあって。
 まるで素肌を彼の手がなでていくようなかんじでした。 

投稿: mizea | 2005.10.22 12:16

mizeaさん
この歌、いいですよね。
viggophile.net にも、「ヴィゴが歌えない、なんて考えている人は、これを聞きなさい!」と書かれてます(笑)

投稿: punkt | 2005.10.22 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "North Country" LAプレミア(その2) | トップページ | 今度はマドリッドでプレミア »