« フライトプラン 日本版予告編 | トップページ | ついに「シャープ」が放送開始 »

TIME誌のインタビュー記事

time20051003TIME誌(2005年10月3日号 Vol. 166 No. 14)に、ヴィゴのインタビュー記事が出ているようです。
TIME のネット版に出ていたQ&Aが、Entertainment Weeklyの記事でもご紹介した、「おめでたいほど自分の魅力に気づいていないヴィゴ(by クローネンバーグ監督)」を表していて、ちょっと面白かったので紹介します。

Q&A ヴィゴ・モーテンセン
         By SORA SONG

あるときは詩人、独立系の発行人、写真家、画家、ミュージシャン、そしてロード・オブ・ザ・リングの王であるヴィゴ・モーテンセンが、A History of Violence で家庭的な男を演じる。

私は、あなたの共演者のマリア・ベロが最初にこの映画を見た後の反応として「吐きそうと思った。」と言っているのを読みました。あなたの反応はどうですか?

う~ん...私は吐きそうという風には感じなかったな。正直なところ、とても幸せだった。ある種、精根尽き果てたと思うけど、主として感じたのは幸福だね。デイヴィッド・クローネンバーグの映画の作り方は、考えられる範囲でほとんど完全に近いと私は思うよ。

あなたの大変有名なセックスシンボルとしての立場については、どう感じてますか?

それってそんなに有名? 他の人と比較して? 私はそうは思わないけど。

私はそうだと思いますけど。 私の同僚の1人は、あなたの名前にちなんで彼女の猫の名前を付けましたよ。

それはまた畏れ多い。

もっと熱心な敬意について聞いてますか?

そうだね、私が昨晩会った人は、私に赤ちゃんの写真を見せて、その子の名前をヴィゴと名付けたんだそうだ。ヴィゴはデンマークではちょっとばかり流行遅れの名前なんだよね。オズワルドとか、そういったような。とっても古いスカンジナビアの名前なんだ。少なくとも1000年は前のね。

(セックスシンボルという)風評を払拭できますか?

ああ、私は実際のところ、ただの男だよ。私は風評を払いのけているよ。それについては、私は本当に気にしてないんだ。大した問題じゃない。明白な事実は、私はこの種(人間)のオスというだけだ。

それを確認できて、多くの女性たちはきっと喜ぶと思いますよ、私が聞こうと思ってたこととは違いますけど。以前にウサギを轢いてそれから食べた、というのは本当ですか?

それは本当だよ。食べるために轢いたわけじゃないけど。私は1人だった。もう遅かったし。一日中何も食べていなかったんだ。ニュージーランドの人が住んでいないようなところをドライブしていたんだ。その時はそれは当然なことに思えたんだ。だから、皮を剥いで、綺麗にして料理したんだ。後で誰かが私に、ウサギは問題だって言ったんだ。その地域の場合、病気だとかなんだとか。でも、私はじっくりと焼いたからね。

問題は、ウサギをよく焼いたかどうかではないと思うんですけど(笑)
自分の飼い猫にヴィゴと名付けるのも流行ってるんでしょうか?(確か、熱心なヴィゴファンであるクリスチーナ・リッチの猫の名前もヴィゴでしたよね?)

|

« フライトプラン 日本版予告編 | トップページ | ついに「シャープ」が放送開始 »

History of Violence」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

ついに『タイム』がヴィゴを取り上げてくれましたか。く〜っ、うれしい!TTTの評に抗議してヴィゴが投書したため、無視されているとばかり思っていました。(←私の勝手な思い込みです。笑)アジア版にも載っているといいのですが。
うれしい記事の紹介、ありがとうございました♪

投稿: estel | 2005.09.26 16:06

estelさん
おお、そうか!
TTTの時に、ヴィゴともめたのは『TIME』でしたね。
すっかり忘れていました。
今や、アメリカの世論もTTTの時とはずいぶん変わってきてますからね。
アジア版にはどうなのかなぁ。アジアでHoVはまだ公開されてないですものね。

投稿: punkt | 2005.09.26 17:47

 「TIME」のページのほうを見つけて格闘(つまり読むこと)したのですが、こちらにすぐにくればよかった。。。 日本語訳ありがとうございます。
 あぁTTTの時にそんなことがありましたね。
 「HoV」関連記事や評は、「TIME」も含めて、私でも知っている有名どころの複数の雑誌に掲載されていて、なんかそれだけでうれしいです。(単純)
 

投稿: mizea | 2005.09.26 18:59

mizeaさん
やはりなんといっても「TIME」はアメリカを代表する雑誌ですからね。
HoV関連の記事は、数が多すぎるし、うっかりすると重大なネタバレを読んでしまいそうで、なかなか目を通せないのが悩みのタネです。

投稿: punkt | 2005.09.26 22:23

『タイム』が届きました♪Chris Pizzelloの写真でした。ショーンとおそろいのような(笑)、青いストライプのシャツです。(もっといい写真がたくさんあるのになぁ〜。)いつもと違って、雑誌を丸めたり手垢をつけたりしないよう、大切に扱おうと思います。(笑)

投稿: estel | 2005.09.30 19:54

estelさん
私も今日「TIME」を立ち読みしてきました。
あの写真は "Hidalgo" の記者会見の時の写真ですね。

投稿: punkt | 2005.09.30 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フライトプラン 日本版予告編 | トップページ | ついに「シャープ」が放送開始 »