« 鮫の噛み跡 | トップページ | 幸せそうですね »

Perceval Press 2005年冬の新作

vm_lingerPerceval Press に、この冬の新作情報が掲載されました。
その中に、ヴィゴの新作の写真集とCDの情報が出ています。

LINGER
  Viggo Mortensen

新しいヴィゴ・モーテンセンのモノクロ写真と言葉、それは喪失、変化、再生を直視する。LINGERの製作を通して、彼は、そこから彼の周りの世界を見て解釈する確固たる場所を見つけようと奮闘している。この本の中のイメージは、率直に家族、異邦人を扱い、風景は、カメラとノートを持ってただ通り過ぎる亡霊としてあわただしく見物したというより、モーテンセンが最近、余暇を過ごすことができた場所のものだ。とはいえ、時には、これらの新しいイメージの中には、彼の最近の作品を支配している混沌とした抽象も少しある。LINGER は結果としてそうなる物事への辛抱強さの証拠で、その結果として、彼の写真と文章に長らく欠けていた静けさがある。

どうやら、具象的なイメージの写真が主となる写真集&文章のようですね。
上の写真も、写っているのは「アラトリステ」のアウグスティン・ディアス・ヤネス監督。

INTELLIGENCE FAILURE
  Buckethead and Viggo Mortensen

こちらは、おなじみのバケットヘッドとのCDのようです。
他に参加者として、

Travis Dickerson, Henry Mortensen, Walter Mortensen, and Brigit.

とあるのですが、ウォルターはヴィゴの弟さんですよね? そしてブリジットは確かヴィゴの愛犬だったと思うのですが?

|

« 鮫の噛み跡 | トップページ | 幸せそうですね »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

メールへのお返事、ありがとうございました。とても、嬉しかったです。
ヴィゴの新作のCDには、ブリジットの声が入っているということで、楽しみです。我が家の太っちょワンコと似ているものですから、親しみがわくのです。弟さんの参加にも驚きました。ヴィゴはそばにいる人を巻き込むのが上手い人ですね。彼の音楽と、写真には同じ空気を感じます。
発売は何日か…、マメにチェックですね。

投稿: 乃下由稀 | 2005.09.07 06:46

乃下さん
いらっしゃいませ!
お宅のワンちゃんが、ブリジットに似てるんですか?
出版予定は2005年冬としかないので、いつになるかわかりませんが、とても楽しみですよね。
これからも、どうぞよろしく。

投稿: punkt | 2005.09.07 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鮫の噛み跡 | トップページ | 幸せそうですね »