« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の62件の記事

MOVIE STAR 11月号(Vol.129)

MS129定期購読している MOVIE STAR 11月号が、店頭に並ぶより一足早く届きました。

ヴィゴとショーン・ビーン関連の記事は、トップのトロント映画祭の特集記事にあります。

ヴィゴの記事は「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の記者会見の記事とグラビアのカラー2ページ。グラビア写真も、トロント映画祭の時のスタジオ撮影の写真ですね。

ショーンは「ノース・カントリー」の記者会見の記事(記者会見参加者の集合写真あり)の中で、二言だけ発言が(もともと記者会見でも、2回程度しか発言してませんでしたものね)
そして、あの、シャーリーズ・セロンの "You, baby" もしっかりと採録されています(笑)

それから、あの、ヴィゴとショーン2ショット写真も載ってますよ。

| | コメント (0)

合唱団の宣伝です

私が所属している、横浜オラトリオ協会合唱団の定期演奏会が、11月3日にあります。

合唱団のホームページからお申込いただくと、先着20名様をペアでご招待いたします。
ご興味のある方は、聞きにいらしてください。

横浜オラトリオ協会合唱団 第69回定期演奏会

日時:11月3日(木・文化の日) 17:00開演(16:30開場)
場所:神奈川県立音楽堂(桜木町駅より徒歩10分)
曲目:ハイドン作曲「テレジア・ミサ」
   林光作曲、立原道造詩「花と鳥と木々の歌」
指揮:中村 皇
ソロ:S 佐竹由美、A 阪口直子、T 大島博、B 田代和久
ピアノ伴奏:永川恵子

| | コメント (0)

「アイランド」のDVDは11月25日発売

B000BIX81O「アイランド」のDVDが11月25日に発売されるそうです。
現在、アマゾンで予約可能です。

アマゾンの該当ページの商品説明によると「特典映像として、裏舞台に迫るメイキング収録」だそうです。
メイキングが、マイケル・ベイ監督の映像ばかりでなく、ショーン・ビーンがいっぱい映っているといいのですが....ちょっと心配

| | コメント (0)

"North Country"のビデオクリップ

north_country_sean3Misaさんのところで教えていただきました。

Movies.comに"North Country"のトレイラーやビデオクリップがたくさんでているのですが、そのページに一番下の Hate The Hole World というクリップが全編ショーン・ビーンが出ているクリップです。

ショーンがアメリカ英語をしゃべってますよ。(ミネソタ訛りなはずなんですよね?)
いちおう、イギリス英語じゃなくて、アメリカ英語っぽく聞こえますね。

ダウンロードできるビデオクリップを作ってみましたので、こちらからどうぞ。
2.1MBあります。ダウンロード期間は1週間です。

| | コメント (2)

Daily Show

daily_show_viggo9月27日に放送された、Daily Show にヴィゴがゲスト出演たのですが、その時のビデオクリップが出てきました。

ヴィゴの出演は、わずか5分間だったそうですが、マグカップの中からなぜかありえないものが次から次へと....(笑)

まずDaily Show を放送している、Comdey Central のホームページ
こちらの下の方にある、ヴィゴの写真をクリックすると、ストリーミングビデオを見ることができます。

puterpattyさんのLJで、Daily Showのキャプチャ画像をたくさん紹介してくださっています。
そして、このページをずっと下のほうにスクロールしていくと、splatnextさんがダウンロードできるビデオクリップを用意して下さっています。(the daily show というタイトルで、雪が積もった赤いバラのアイコンが目印。サイズは32MB)

SotBK.netでもダウンロード可能なビデオクリップを用意してくださっているようですが、私がダウンロードしたファイルはなぜか解凍できないようです。

| | コメント (0)

"A History of Violence" LAプレミアレポート

9月21日におこなわれた、HoVのLAプレミアとそのアフターパーティーに参加された、Misaさん、Sachieさん、こあさんのレポートがアップされてきているので、まとめてご紹介します。

どのレポートも、臨場感が溢れていて、自分がその場にいるかのような気分を味わえます。

Misaさんのレポートは、現地からリアルタイムでたびたびアップされていたので、Misaさんのブログの9月22日の記事まで遡って、ずっと探してみてください。

Sachieさんのレポートは、Sachieさんのサイトで現在順次掲載中。
エド・ハリスの動画なんていう、貴重なものもありますよ。
下の方のLAプレミアレポ~三人天使(1)から読んでください。
最終的には、特集ページにまとめてくださるのではないかと期待しています。

こあさんのレポートは、Mikiさんのサイトに掲載されています。
真中のヴィゴの写真の下のロサンゼルスプレミア旅行記~こあ特派員~からどうぞ。
LAに出発する前からの、ドキドキするようなレポートはとってもお奨めです。

Misaさん、Sachieさん、こあさん、貴重な体験をお裾分けしてくださってありがとうございます。

| | コメント (0)

Ringers日本版の発売日は12月21日

B000BBOUE0以前にもご紹介した  "Ringers: Lord of the Fans" のDVD(US版)は、11月22日発売開始で、日本のアマゾンでも予約受付中。

でも、ピピーナさんが日本のソニー・ピクチャーズに問い合わせてくださった情報によると、日本版は12月21日に発売される予定だそうです。

ピピーナさん、わざわざ問合せてくださって、ありがとうございます。

| | コメント (0)

ヴィゴのインタビュー動画

viggo_red_crossviggo-worksで紹介されていた、2つのインタビューをダウンロードできるようにしてみました。

最初は、IESB の Exclusive Video Interview: Viggo Mortensen
ダウンロードはこちらから(10.9MB、ダウンロード期間は一週間)

最初に、インタビュアーに促されて、ヴィゴのジャケットの襟元の赤十字のピンについて、ハリケーン被災者たちに援助を支援するために、赤十字への協力を呼びかけています。インタビュー半ばはHoVについて、そして最後にまたもやアラトリステについて聞いています。

もう一つは、出典は Philadelphia PBS とのことですが、viggo-worksで紹介されていたのは、いきなりストリーミングファイルのアドレスでした。

【追記】 えり子さんに教えていただいた情報によると、出典はこちらです。
ダウンロードはこちらから(4.8MB、ダウンロード期間は1週間)

こちらは、マリア・ベロのインタビューも入っています。

| | コメント (4)

もう一つのトロント国際映画祭レポート(ショーン編)

以前にもご紹介したオハラさんのブログで、トロント国際映画祭のレッドカーペットレポートの続報がアップされています。

"North Country" のレッドカーペットに現れたショーン・ビーンが、ファンのサインに応じるため、積極的にうろうろしているビデオをアップしてくださっています。

Sean!
Sean! Sean!
Sean! Sean! Sean! ← 【追記】
Sean → Elijah ←【さらに追記:ショーンのアップ写真は必見】

2本目のビデオでは、何とショーンの声まで聞けるんです。
わくわく、ドキドキのレポートと共にご覧になってください。
オハラさん、素敵な体験を共有させてくださってありがとう!

【追記】 さらに、レポートの続きがアップされて、レッドカーペットで丁寧にインタビューに答えているショーンの動画も3本も用意してくださっています。汗を拭っていて、本当に暑そう。

ビデオは、絶対に直リンクしたり、オハラさんに無断で他所で再掲載したりしないでくださいね。

| | コメント (0)

ついに「シャープ」が放送開始

オハラさんのところや、Misaさんのところでビッグニュースが!
ついに、ショーン・ビーンの代表作、シャープシリーズが日本でも放送されるそうです。

でも、ミステリー・チャンネルなのかぁ...スカパーかケーブルTVじゃないと見れないんですね。う~ん、残念。
本放送は12月からですが、11月6日から第1話の先行放送があるそうです。

でも、日本で放送されれば、日本版のDVDが出る可能性もちょっと高くなりますよね。
私はそっちを期待しよう。

| | コメント (0)

TIME誌のインタビュー記事

time20051003TIME誌(2005年10月3日号 Vol. 166 No. 14)に、ヴィゴのインタビュー記事が出ているようです。
TIME のネット版に出ていたQ&Aが、Entertainment Weeklyの記事でもご紹介した、「おめでたいほど自分の魅力に気づいていないヴィゴ(by クローネンバーグ監督)」を表していて、ちょっと面白かったので紹介します。

Q&A ヴィゴ・モーテンセン
         By SORA SONG

あるときは詩人、独立系の発行人、写真家、画家、ミュージシャン、そしてロード・オブ・ザ・リングの王であるヴィゴ・モーテンセンが、A History of Violence で家庭的な男を演じる。

私は、あなたの共演者のマリア・ベロが最初にこの映画を見た後の反応として「吐きそうと思った。」と言っているのを読みました。あなたの反応はどうですか?

う~ん...私は吐きそうという風には感じなかったな。正直なところ、とても幸せだった。ある種、精根尽き果てたと思うけど、主として感じたのは幸福だね。デイヴィッド・クローネンバーグの映画の作り方は、考えられる範囲でほとんど完全に近いと私は思うよ。

あなたの大変有名なセックスシンボルとしての立場については、どう感じてますか?

それってそんなに有名? 他の人と比較して? 私はそうは思わないけど。

私はそうだと思いますけど。 私の同僚の1人は、あなたの名前にちなんで彼女の猫の名前を付けましたよ。

それはまた畏れ多い。

もっと熱心な敬意について聞いてますか?

そうだね、私が昨晩会った人は、私に赤ちゃんの写真を見せて、その子の名前をヴィゴと名付けたんだそうだ。ヴィゴはデンマークではちょっとばかり流行遅れの名前なんだよね。オズワルドとか、そういったような。とっても古いスカンジナビアの名前なんだ。少なくとも1000年は前のね。

(セックスシンボルという)風評を払拭できますか?

ああ、私は実際のところ、ただの男だよ。私は風評を払いのけているよ。それについては、私は本当に気にしてないんだ。大した問題じゃない。明白な事実は、私はこの種(人間)のオスというだけだ。

それを確認できて、多くの女性たちはきっと喜ぶと思いますよ、私が聞こうと思ってたこととは違いますけど。以前にウサギを轢いてそれから食べた、というのは本当ですか?

それは本当だよ。食べるために轢いたわけじゃないけど。私は1人だった。もう遅かったし。一日中何も食べていなかったんだ。ニュージーランドの人が住んでいないようなところをドライブしていたんだ。その時はそれは当然なことに思えたんだ。だから、皮を剥いで、綺麗にして料理したんだ。後で誰かが私に、ウサギは問題だって言ったんだ。その地域の場合、病気だとかなんだとか。でも、私はじっくりと焼いたからね。

問題は、ウサギをよく焼いたかどうかではないと思うんですけど(笑)
自分の飼い猫にヴィゴと名付けるのも流行ってるんでしょうか?(確か、熱心なヴィゴファンであるクリスチーナ・リッチの猫の名前もヴィゴでしたよね?)

| | コメント (6)

フライトプラン 日本版予告編

flightplan_j久しぶりに、日本の「フライトプラン」の公式サイトをチェックしにいったら、日本版の予告編を見ることができるようになっていました。

内容は、アメリカの公式サイトで見ることができる予告編とまったく同じもので、字幕を日本語にしたものです。
他にも、作品情報のところが付け加わっています。
日本でも、着々と公開準備が始まっているようで、嬉しいですね。

【9/30 追記】 日本版の予告編をダウンロードできるクリップにしてみました。(15.5MB。ダウンロード可能期間は1週間です。)

| | コメント (2)

BRUCE WEBER展

青山の旧紀伊国屋跡地特設ミュージアム(東京都港区北青山3-11-7)で開かれている、ブルース・ウェバー展に行ってきました。

とても小さな会場ですが、250点を越えるブルース・ウェバーの作品(モノクロ)がお洒落にレイアウトされています。
映画「トゥルーへの手紙」の公開にあわせた写真展なので、もっと犬たちの写真が中心なのかと思っていたのですが、ブルース・ウェバーのこれまでの作品を考えれば当然ですが、人間中心でした。(もちろん、犬たちも活躍していますが)
チェット・ベイカーの渋い写真の数々や、メールヌードの美しい写真が印象的です。

残念ながら、ヴィゴの写真はありませんでしたが、ハリウッドスターでは、キアヌ・リーブス(たぶん1枚だけ)、レオナルド・デカプリオ、プラッド・ピットの若い頃の写真やリバー・フェニックスの写真などがありました。サー・イアン・マッケランも1枚ありましたよ。
ブルースの写真は、やはりどれもとても被写体の表情がすばらしいですね。

入り口の壁に書かれたブルース・ウェバーの経歴紹介(英語/日本語訳)の英語部分に、ブルース・ウェバー自身がフェルトペンの手書きで、いっぱい突っ込みを書き込んであって、全部、同じように日本語訳の方にも訳文が手書きで書き込まれていたのが面白かったです。(展示スペースの壁にも、あちこち手書きで注釈が書かれています。)

犬も入って良い写真展なのですが、ブルース本人の書き込みメッセージによると、犬は喧嘩する以外なら会場内で物を食べようと飲もうと写真を撮ろうと構わないそうです(笑)(もちろん、人間はだめだと書いてありましたが)

bruceweber2 bruceweber1別棟のショップでは、写真集やTシャツなどが販売されていますが、ここに置かれていた小冊子 "A LETTER TO TRUE": A FILM JOURNAL というのが、内容的に今回の写真展と重なっている作品も多く、ヴィゴの例の写真(右の2枚)も載っていたのですが、紙質が薄手の雑誌なのに、お値段が1万円以上もしたので買うのはあきらめました。
(その後、ネットで調べたらやはり1万円ぐらいで取引されているようですね。こちらのページの下から2番目のものが該当。2003年のイタリア版VOGUE誌の付録だそうです。)

ショップの横にあるミニシアター(座席数は20席程度)では、「トゥルーへの手紙」の予告編のほか、ブルースの「The Teddy Boys of the Edwardian Society」「Backyard Movie」などの短編映画や「Let's Get Lost」からの抜粋(?)などをあわせて1回30分の上映があります。

写真展は10月30日まで。

| | コメント (2)

Charlie Rose Show

charlie_rose_viggoこちらも23日に放映された、Charlie Rose Show のビデオクリップを、SplatNextさんとSidさんがダウンロードできるように用意してくださいました。

【追記】 SotBK.net も復活したようです。
それでも、みなさんのアクセスが集中したり、ご自分のPCにダウンロードしないで、直接クリックして再生したりすると、処理能力を超えてしまいます。ファイルへの直接リンクも厳禁です。
使用マナーは必ずまもってください。

SotBK.net からダウンロードできます。
また、viggo-worksのこちらからもリンクされています。
zipで圧縮されているので、ご自分のPCにダウンロードして、解凍してからご覧ください。

前半部分は、HoVについて、いかにクローネンバーグ監督の人間性への迫り方が素晴らしいかといったような内容について話しています。
後半部分は、ブッシュ政権に対する批判などの政治的な話で、「愛国的であるということは、政府を支持することとは同じではない。」という発言が印象的です。

また、ヴィゴはHoward Zinn、Anthony Arnove 著の "Voices of a People’s History of the United States" という本を番組中でCharlie Roseにプレゼントしています。
Amazon.comの書評を見たところ、歴史の表舞台には直接出てこないいろいろな人々の、歴史のいろいろな瞬間における言葉や手紙などを編集した本のようですね。

えり子さんのブログの情報によると、10月5日にLAで開催される予定の、この本の朗読会(出演予定者の中に、マリア・ベロもいます)にヴィゴが出演するかもしれない、とのことなのですが....
また、Amazon.com には、"Readings from Voices of a People's History of the United States" というタイトルのDVDもあるようです。

| | コメント (3)

Late Show with David Letterman

letterman_viggoお待ちかね、23日に放送された Letterman の番組のビデオクリップを、SplatNextさんとSidさんが用意してくださいました。


【追記】 SotBK.net も復活したようです。
それでも、みなさんのアクセスが集中したり、ご自分のPCにダウンロードしないで、直接クリックして再生したりすると、処理能力を超えてしまいます。ファイルへの直接リンクも厳禁です。
使用マナーは必ずまもってください。

SotBK.net からダウンロードできます。
また、viggo-worksのこちらからもリンクされています。
zipで圧縮されているので、ご自分のPCにダウンロードして、解凍してからご覧ください。

今回も爆笑トークでしたね。
インタビューの半分は、HoVに関してでしたが、何といっても今回のハイライトはカモ猟の話でした。

アルゼンチンにいた頃、ヴィゴ3歳の時の話です。

お父さんとカモ猟に行ったのですが、あいにくその日はお父さんにツキがなくてあたりが薄暗くなってきたのに1羽も獲物がなかったんだそうです。
お父さんに「お前もやってみるか?」と聞かれたヴィゴは、さっそくお父さんの膝の上に座って、薄暗くてあまり良く見えない中、頭上を通り過ぎるカモの群れに向かって、お父さんが構えた猟銃の引き金を引きました。
するとなんと、1羽のカモが落ちてきたんだそうです。
3歳の子供が初めて撃った、たった一発の散弾が見事に命中したんですね。
お父さんも、本人もびっくりしたそうです(笑)

お父さんが止める間もなく、ヴィゴは首まで沼につかって「僕のカモ」を拾ってきました。
それからは、小屋で乾かすために服を脱がされて裸になっている間も「僕のカモ」を決して手放さなかったとか。
家へ帰ってお風呂に入れられるときも、もちろん「僕のカモ」も一緒。ベッドに入る時も濡れた「僕のカモ」と一緒だったそうです。

ところが、朝、目が覚めたらカモがいません。
お母さんに「僕のカモはどこ?」ときいたら、「今晩の夕食よ。」と言われたとか。
ショックだったみたいですが、羽根をむしるのはやったそうです。(爆)

ヴィゴの話し方の絶妙な間がなんとも言えずいいですよ。
ぜひ、ビデオクリップを直接ご覧になってください。

Charlie Rose Show のビデオクリップも同様にアップしてくださっています。
こちらは、これからビデオクリップを見てから、別項目でアップしますね。

| | コメント (2)

ヴィゴの新作CD 発売開始

intelligence_failure先日、Perceval Press からこの冬発売予定とご案内した、ヴィゴとバケットヘッドの新作CD「INTELLIGENCE FAILURE」が、早くも発売開始となりました。

Perceval Press のこちらから購入可能です。
このページには価格の情報が抜けているようですが、価格は$10で日本までの送料は$14となります。

これまでのバケットヘッドとヴィゴのコラボ作品と同様に、録音時の即興の要素がある作品のようです。

| | コメント (0)

ヴィゴのイタズラ

globe_and_mailGlobe and Mail のサイトに載っていたヴィゴのインタビュー記事がちょっと面白いので、冒頭部分をご紹介します。
トロント映画祭の時のヴィゴの姿を思い浮かべて読んでください。

ヴィゴ・モーテンセンはあるイタズラをする。次から次へと続くインタビューの間、彼自身を注意深くしておくためタバコの他に何かが必要な時に、彼自身を楽しませるために彼はそれを実行する。

イタズラはこうだ:彼はカナダのホッケーリーグのペンダントをしている - どのアリーナの土産物屋でも買うことができるピューター製の土産物だ。彼は胸の上のペンダントの表を向けてインタビューを始める。そして、ある時点でペンダントを裏返す。裏側にはモントリオール・カナディアンズのステッカーが貼ってある。

「まず、私はインタビュアーがホッケーファンかどうか推測しようとする。次にトロント・メープルリーフスのファンかどうか推測しようとするんだ。そして彼らが気がつくまでに、どれだけかかるかを見るために待つんだ。」と彼は言う。「ある男性はインタビューをやめて『ダメだ、ダメだ!』と言いはじめた。」...

ペンダントの裏に、モントリオール・カナディアンズのシールが貼ってあるのは気がついていたんですが、わざわざインタビュアーの反応を見るために使っていたとは(笑)

| | コメント (0)

LAプレミアインタビュー(なぜか話題はアラトリステ)

iesb_hov_interviewA History of Violence のLAプレミアの時のインタビュービデオをもう一つ紹介します。

IESB.net A History of Violence LA Premiere Video

HoVのプレミアなのに、インタビュアーもアラトリステのことばかり聞いていて、HoVの話は全くでてこないという、不思議なインタビュービデオです。
ヴィゴも、アラトリステがどんな映画なのか、一生懸命説明しています。

このビデオも、ダウンロードできるようにしてみました。(サイズは4.6MB、ダウンロード期間は1週間です。)

| | コメント (0)

ヴィゴ@NY の写真

viggo_ny_hotelviggo-works のフォーラムのパパラッチ・スレッドに、ニューヨークのホテルの前で撮影されたヴィゴの写真が何枚か上がっています。
こちらこちら

また、Viggo Dailyには、同じ写真の高解像度のものがあります。
特に後半の写真は、ヴィゴが珍しくネクタイをしていると思ったら、高解像度の写真で見ると、サン・ロレンソのエンブレムマークがちりばめられたネクタイでした(笑)

また、上の写真の高解像度のものから、ヴィゴが泊まっていたのはセントラルパークのリッツ・カールトンホテルだということも判明。

水色のビニール袋の中身はいったい何なんでしょうね?
ネクタイまでしているということは、また別のインタビューの収録でもあったのでしょうか?

| | コメント (0)

CBS The Early Show

the_early_show_0509229月22日の朝に放送された、CBS The Early Show にヴィゴが出演しました。

放送のビデオクリップは、CBSのサイトでご覧いただけます。
Windows Media Player かRear Player を選択してからヴィゴの画像をクリックすると、CMに続いてヴィゴのインタビューが始まります。

また Windows Media Player 版のビデオクリップをダウンロードできるようにしてみました。
25MBあります。ダウンロード期間は1週間です。

| | コメント (0)

HoVの新しいビデオクリップ

hov_paying_customersえり子さんに教えていただきました。

Yahoo! Movies に A History of Violence の新しいビデオクリップがアップされています。
完全に映画の中の1シーンですので、ネタバレを慎重に避けている場合はご注意ください。

Exclusive Clip: "Paying Customers"
というところをクリックするとご覧いただけます。
(ただし、えり子さんの話では、Macだとご覧になれないようですが...)

【追記】 うまくご覧になれない方は、上記のえり子さんのブログに行くと、ストリーミングに直接つながるリンク先がありますので、そちらを試してみてください。

| | コメント (2)

A chat with Sean Bean

mpr_sean"North Country" の舞台であるミネソタの Minnesota Public Radio のサイトでショーン・ビーンのラジオインタビューを聞くことができます。(右上の audio  A chat with Sean Bean)
ショーンを紹介する記事もあります。

インタビューでは、FlightplanNorth Country について話しています。

ダウンロードできるファイルをつくりましたのでこちらからどうぞ。(1.12MB、Real Playerが必要。ダウンロード期間は1週間です。)

| | コメント (0)

ヴィゴのインタビュービデオ @IGN

ign_viggoまた新しい、ヴィゴのインタビュービデオがでてきました。

IGN の A History of Violence のビデオページから、ヴィゴ、クローネンバーグ監督、アシュトン・ホルムズのインタビュービデオをダウンロードすることができます。

ダウンロードしたいタイプとサイズを選んでクリックすると、別窓が開いてCMビデオが流れますが、それが終了すると、その下の部分に Right-click here to save. というリンクが表示されますので、右クリックでファイルをダウンロードできます。

まだ、ヴィゴのインタビューしか見ていませんが、クローネンバーグ監督の人間の行動の描き方についてや、暴力シーンの描き方について話をしています。

| | コメント (2)

"A History of Violence" LAプレミア

LA050921_19月21日おこなわれた、HoVのLAプレミアの写真が続々と出てきました。

【追記】 Misaさんが、LAプレミア参加レポートをアップしてくださっています。必見!

【追記 2】 大きな写真のいくつかが、viggo-works ForumのLAプレミア専用スレッドに掲載されています。

ヴィゴの衣装はTIFFのプレミアの時と同じ白いスーツに、Letterman の収録の時にも着ていた黒いシャツが素敵です。
エド・ハリスは奥様のエイミー・マディガンを同伴。
エミー・ロッサムも来ていたようです。

Getty Images - Arrival(ウォーターマーク)LA050921_3
Globe Photos(サムネイル)
DailyCeleb.com(ヴィゴのみのリンク)(サムネイル)
Rex Features(ヴィゴのみ)(サムネイル)
Wire Image - Arrival(サムネイル)
Wire Image - Red Carpet(サムネイル)
Wire Image - After Party(サムネイル)
Abaca Press(ウォーターマーク)
 ヴィゴの画像は2ページ目
Yahoo! News(拡大画像あり)

※ 「サムネイル」は小さな画像のみ。「ウォーターマーク」は大きな画像がありますがウォーターマーク付きとなります。

LA050921_2Yahoo! News の記事をチェックしていたら、ヴィゴはとんでもないソックスをはいていたことが判明!
ヴィゴがファンであるサン・ロレンソに対するファンの証として、いつものペンダントのほかに、公式ソックスをはいて来たんだそうです。
なにも報道陣に見せなくてもいいのにね(笑)

| | コメント (2)

ヴィゴのインタビュービデオ @MSNBC.com

msn_viggoviggo-works で教えてもらいました。

MSNBC.com で、ヴィゴとクローネンバーグ監督のインタビュービデオを見ることができます。
こちらのページにいって、下の方にあるヴィゴの顔写真をクリックするとインタビューの動画を見ることができます。

MSNなので、私が試した限り(Windows XP)では、FireFoxではだめで、IEからだと動画を見ることができました。

【追記】 yoyoさんが、これと同じビデオをダウンロードできるようにして下さいました。えり子さんのブログからダウンロードできます。(ダウンロード期間は1週間)

| | コメント (0)

Entertainment Weekly 日本語訳

EWeekly050819以前に紹介した、Entertainment Weekly(2005年8月19日号)のヴィゴのインタビュー記事を、estelさんが訳してくださいました。
yoyoさんのサイトで読むことができます。

HoV撮影時の奇妙なお魚のお守り(?)の話や、クローネンバーグ監督曰く「おめでたいほど自分の魅力に気づいていない」ヴィゴの様子が、丁寧に記事にされています。
とても良い記事なので、ぜひ皆さんも読んでみてください。
estelさん、ありがとう。

| | コメント (2)

Letterman Show 収録

昨晩、ヴィゴは23日(金)放送予定の David Letterman の番組の収録を行ったそうです。
収録会場の外で、サインに応じるヴィゴの写真を、Viggo Daily に Melissa Ann(Asspain)さんが掲載してくださっています。
黒いシャツにダークグレイのスーツで素敵です。(スタイリストがいたのかな?(笑))

同じものが、viggo-works のニュースフォーラムにも転載されています。

Letterman Show の放映(どなたかが動画クリップを作ってくださいますように!)が楽しみですね。

【追記2】 さらに Viggo Daily に KimさんJust Jenさんが撮影された写真をアップしてくださっています。どちらもとても大きくて綺麗な写真ですよ。

【追記】 また、上記の viggo-works のニュースフォーラムのすぐ下に、 カンヌのヴィゴの写真が何枚かアップされています。
これがすごく高解像度の写真なので、ぜひサムネイルをクリックしてみてください。

| | コメント (2)

Flightplan LAプレミア

flightplan_la0509199月19日に行われた、"Flightplan" のLAプレミアの画像が出てき始めました。

【追記2】 Sean Bean Daily に高解像度のとても大きな写真がたくさんアップされていますよ! ぜひチェックしてください。

とりあえず現時点で見つけたショーン・ビーンの写真を中心に、リンク先を貼っておきます。後でもっと見つけたら追記しますね。

WIRE IMAGES - Arrival
Getty Images(大きな画像はウォーターマーク付き)
Abaca Press(大きな画像はウォーターマーク付き)

【追記】
WIRE IMAGES - Red Carpet
Daily Celeb
Rex features
Yahoo! News(サムネイルをクリックすると大きな画像あり)

ジョディー姐さんに襟元を直してもらっているのが微笑ましくていいですね。
CSBにも綺麗な写真がでています。flightplan_la050919_2

ショーンは髭を伸ばしているんですかね?
トロントの時より伸びでますよね。

| | コメント (2)

STARZ On the Set "Flightplan"

Flightplan 関連の動画も次から次へと出てきますね。

今度は、Starz On the Set で放送された "Flightplan" のビデオが Sean Bean Daily からダウンロードできます。
今回は、E!の番組に比べるとショーンのインタビューシーンは少ないですが、撮影セットの様子などがよくわかります。

やはりRapid Shareのサービスを使っているので、ダウンロードの仕方は下記をご参照ください。

【ダウンロードの仕方】 上記ページの中のリンク のところをクリックして表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。次に表示される画面の下のほうで、数字がカウントダウンされていくのが 0 になるまで待つと、ダウンロードできるリンクが現れます

また、 Sean Bean Daily のこちらでは大量の画面のキャプチャ画像も用意してくださっています。

| | コメント (0)

もう一つのトロント国際映画祭レポート

Sachieさんのレポートをお楽しみいただいた方はご存知だと思いますが、オハラさんのサイト Sean fanatic! ではオハラさんのトロント国際映画祭のレポートを掲載中です。

トロント入り~ヴィゴ登場前
Viggo & Maria & Ed & Cronenberg

特に2番目の記事では、たくさんの写真とビデオをご覧いただけます。
特にビデオは、インタビューに応じていたヴィゴが、インタビュアーに促されてこっちどんどんに近づいてくるので、その場にいるみたいにドキドキしてしまいますよ。

写真やビデオは、絶対に直リンクしたり、オハラさんに無断で他所で再掲載したりしないでくださいね。

| | コメント (0)

トロント国際映画祭2005 メープルシロップ紀行

以前にもご紹介していた、Sachieさんのトロント国際映画祭レポートが、メープルシロップ紀行としてまとめられています。

今まで書かれたレポートに、さらに追加コメントの書き込みがされていて、何べん読み返しても臨場感あふれる面白いレポートです。
まだご覧になっていない方はもちろん、すでに一度読まれた方も再度チェックしてみてください。

| | コメント (0)

HoV関連-雑誌いろいろ

times_uk20050917viggo-worksに、HoV関連の雑誌などのスキャン画像がいくつも上がっています。

まずは、UKの The Times(記事そのものはネット上のサイトでも読めます)
映画の内容については周知の粗筋が簡単に紹介されている程度で、特にネタバレということはありません。LOTRで有名になってしまったことで、自由が失われて苦労しているヴィゴの様子がインタビューからうかがえます。

viggo-worksの上記のスキャンのすぐ下に、White Lies という雑誌のスキャン画像が出ています。
こちらは、重大なネタバレあり、とのことなので目は通していません。

さらに、そのすぐ下には、トロント国際映画祭のプログラムのHoVのページのスキャン画像があります。

【追記】 さらに雑誌 Film Comment のスキャン画像も viggo-works で紹介されています。
こちらの記事も、重大なネタバレがあるそうです。

| | コメント (0)

"Flightplan" E! Behiand the Scenes

flightplan_behind_seanE! Behind The Scenes で Flihghtplan が放送されたそうです。
そのビデオクリップが、Sean Bean Daily からダウンロードできます。

思いのほか、ショーン・ビーンのインタビュー部分が多くてとても良いですよ。ただし、番組が長いだけあって、今まで見たことがない映像がいろいろ出てきてネタバレです。
このシャツ、見覚えがありますね。

ファイルサイズが大きいので、現在、3つのファイルになっていますが、サービスを利用している Rapid Share は、1時間当たりでダウンロードできるファイル容量の制限があるので、1時間につき1ファイルずつダウンロードする必要があります。

【ダウンロードの仕方】 上記ページの中のリンク のところをクリックして表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。次に表示される画面の下のほうで、数字がカウントダウンされていくのが 0 になるまで待つと、ダウンロードできるリンクが現れます。

| | コメント (0)

TIFFレッドカーペット画像&ビデオ

トロント映画祭関連の画像やビデオが、まだまだ出てきますね。

まずは、Misaさんに教えていただいたフォトアルバム

ヴィゴも、ショーン・ビーンもエド・ハリスもとっても素敵です。
サムネイルをクリックすると大きな写真をご覧いただけます。
ショーンがレッドカーペットの反対側のファンのところに歩み寄る写真が何枚かあるんですが、なんと最初からサイン用のペンを持参しているみたいです。

それから、viggo-works のニュースフォーラムで教えていただいた、トロント映画祭に行かれたJudgesgirlさんと、Reinishさんがそれぞれホームビデオで録画されたビデオ。
ビデオは、SotBK.net からダウンロードできます。
ヴィゴが車から出てきた瞬間のファンの悲鳴のようなヴィゴ・コール!が臨場感たっぷりです。

Judgesgirlさん、Reinishさんに無断で、よそに再投稿することは厳禁。
もちろん、直リンクも絶対にしないでください。
必ずビデオは、ご自分のPCに保存してからご覧になってください。

| | コメント (0)

The Dark Side(HoVビデオブログ)

hov_dark_sideHoV公式サイトの、A History of Violence Blog に、また新しいビデオクリップがアップされました。

今回は、緊張感あふれる撮影風景。

The Dark Side

「この映画の中で物語的に構築された暴力のやり方、主役がふるう暴力は、みな正当化できる。」とクローネンバーグは言う。「トム・ストールの役柄は、本当に他に手段がなくて暴力を振るわざるを得ない状況になる。そしてトムの暴力行為は、妻のエディの変化を引き起こす。」

ストーリの展開は、ある種の暗いセクシュアルなシーンを含む。「私は、その役柄における性生活は重要だと思う。」とクローネンバーグは説明する。「それを避けていると、その役柄を探索する深みに限界がある。私は、トムが自分自身の中に深く隠された暴力性に気がつく前と後の対照的なセックス・シーンの両方で、マリアが見せる反応を理解するのが重要だと思う。」

ベロは熟考して「私たちがそれまで考えていた方法ではなかったの。それが私たち自身の中か、別の人の中か、世界の中の出来事かにかかわらず、そこにはいつも隠された側面があった。私たちが抑制しないか理解しない潜在的な何かがいつもあるの。」

いつものように、えり子さんがこのビデオクリップをダウンロードできるようにしてくださっています。 (ダウンロード期間は1週間)
えり子さん、ありがとうございます。

また、公式サイトのトップページのデザインが変わりましたね。
downloads のコーナーに、Graphic Novel という項目が加わって、ここをクリックすると原作のコミックの一部をPDFにしたものをご覧いただけますが、どうやら映画の公開にあわせて表紙のデザインをHoVのポスターの絵柄にしたものがあるようです。

| | コメント (0)

トロント国際映画祭レポート

もうみなさんお気づきかもしれませんが、Sachieさんがトロント国際映画祭に行かれた素敵なレポートをアップし始めて下さっています。

レポートの下には、レッドカーペットの写真も!
ヴィゴの写真も、ショーンのアップの写真も素敵ですよ。

これからの、レポートの続きがとっても楽しみです。

【追記】 Sachieさんのトロントレポートが完成しました!
(1)~(8)まであって、(1)は下の方になりますから、番号順にご覧になってください。
ヴィゴと町中で接近遭遇したり、レッドカーペットのショーン・ビーンを間近で(コロンの香りがするほど!)ご覧になれたりと、思わずこちらがドキドキしてしまう素敵なレポートです。
まだご覧になっていない方はぜひ!

| | コメント (0)

ヴィゴがイライジャの映画のプレミアに登場

viggo_elijah_050915NYトロント映画祭では一緒の写真はなかったイライジャとヴィゴですが、9月15日にNYでおこなわれた、イライジャの新作 "Everything is Illuminated" のNYプレミアにヴィゴが登場!

イライジャと仲の良い写真がいろいろ出てきました。
Yahoo! News の記事(写真付き)
Rex Features
Viggo Daily には大きな写真もあります。
【追記】 viggo-worksのニュースフォーラムにも大きな写真が何枚かあります。

トロントでは、ヴィゴのワードローブの中身が増えたみたいと喜んだのもつかの間、おなじみの緑のスーツとレオンのTシャツです。髪型も、まぁ適当、という感じで、やはりトロントの時はスタイリストがついていたんですかね?

| | コメント (0)

Good Morning America のショーン

gma_sean今日は忙しくて、ニュースをチェックできていないのですが、これだけは。

15日にショーン・ビーンが出演したTV番組、Good Morning America のインタビューのビデオクリップが、Sean Bean Daily でダウンロードできます。

【ダウンロードの仕方】 上記ページの中のリンク のところをクリックして表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。次に表示される画面の下のほうで、数字がカウントダウンされていくのが 0 になるまで待つと、ダウンロードできるリンクが現れます。

やはり悪役として知られているショーンが、いい人の役をやる、という紹介のされ方をしてしまうんですね。
そして、飛行機が苦手なのに、という突っ込みがやっぱり入るんですね(笑)

| | コメント (0)

マリアがヴィゴを助けたこと

A History of Violence に関するトリビアとして、ちょっと面白い記事を見つけたのでご紹介します。

contactmusic.com の記事より

映画の妻がヴィゴの訛りの完成を助けた

俳優のヴィゴ・モーテンセンは、彼の映画の中の妻役のマリア・ベロの家族と交際することで、新作映画"A History of Violence"のためのペンシルベニア州フィラデルフィアの訛りを完成させた。

ロード・オブ・ザ・リングのスターはこの映画のために訛りに取り組み、映画の撮影が始まる前に、週末毎に町を訪れて地元の人々とおしゃべりをした。

そして、"The Cooler" のスターのベロにそのことが発覚すると、彼女は彼を、強い訛りのある彼女自身のフィラデルフィアの親戚に会わせた。

モーテンセンは言う「マリアはフィラデルフィアの出身で、彼女の家族は南フィラデルフィアの出身なんだ。私は自分自身で調査のために時々そこに行っていたんだけど、私が最後にそこに行ったときに彼女が気がついて言ったんだ。『私のピートおじさんか、私の兄弟に電話するべきだわ。』
私は彼らと会って、それはとても助けになった。彼らは世間は捨てたもんじゃないと気づかせる助けになったんだ。」

なぜフィラデルフィア訛りが必要だったかを説明すると、映画のネタバレになってしまうのでこれ以上は解説しませんが、アラトリステの時といい、ヴィゴが言葉をマスターしようとするときのアプローチは、その土地に行って地元の人と話す、というのが基本なんですね。

ところで、フィラデルフィア訛りってどんな訛りか、どなたかご存知ですか?

| | コメント (3)

HoVレッドカーペットのファンレポート

viggo-works のトロント国際映画祭用特設フォーラムに、A History of Violence のレッドカーペットをご覧になったみなさんのレポートがたくさんあがってきています。
写真を提供してくださっているレポートもあるので、まとめてご紹介します。

ViggoChicさんのレポート
ViggoChicさんのフォトアルバム(文中のリンク先で、パスワード:toronto を入力。お薦めです)
Bohemian_Babeさんのレポート(最後にフォトアルバムへのリンクあり)
gingersnapさんのレポート
green Poemさんのレポート(文中に写真へのリンクあり)
Ontarioさんのレポート

みなさんのレポートに共通して書かれていたことは、レッドカーペットに到着したリムジンから降り立ったヴィゴは、集まった大勢のファンに、ちょっとたじろいだような、居心地悪そうな様子だったとか。
対照的に、同じ日のHoVより後に行われた「エリザベスタウン」のレッドカーペットでは、HoVよりもはるかに大勢の群集が集まって大変だったようですが、オーリーはそれを十分楽しんでいるように見えたそうです。
自分自身もインタビューで語っていますが、ヴィゴはやはりどうしてもこのような騒ぎは苦手で、いつまでも慣れないようですね。

みなさんのレポートを代表して、ViggoChicさんが見たヴィゴの印象を挙げておきましょう。

  • 素敵な日焼けした肌にそばかすがある。
  • おお、彼の目は鮮やかなスカイブルーで日焼けした肌に輝いている。
  • 実物はほっそりしている。小さすぎず、大きすぎず - 完璧だわ。
  • 彼のシャツの上のボタンは止めていなくて、素敵な胸毛がチラッと見える。
  • ああ、彼は美しい!!(こんなこと考えるなんて既婚女性としてはいけないことかしら?)

また、ヴィゴ同様、とても感じよく、気さくにファンへのサインに応じていたエド・ハリスについて、「まったく、邪悪な人になれるようには見えなかった」とViggoChicさんが書いていたのもちょっと面白かったです。

<おまけ> レッドカーペットのROGERS TVの映像や、写真を見たviggo-worksのみなさんから、ヴィゴのすぐ側にいたブロンドのロングヘアーの女性は何者?! という疑問が出ていましたが、彼女は映画祭主催者 側が用意した、ヴィゴ担当の広報担当者だそうです。確かに首からIDカードを下げているのがわかる写真もあります。

| | コメント (2)

Flightplan Exclusive Featurette

flightplan2IFILM Exclusive Featurette と題してキャストのインタビューをまじえたビデオクリップがご覧いただけます。

Sean Bean Daily でも、さっそく最も大きなファイルサイズの直接リンク先が紹介されていて、Quick Time のものは、そのまま右クリックでダウンロード可能です。
キャプチャ画像もいっぱいあります。
やはり、機長姿のショーン・ビーンはいいですね。

今日は、「チャーリーとチョコレート工場」を見に行ったのですが、「フライトプランの」チラシを見つけました。表側のデザインはもちろん、日本の公式サイトとほぼ同じものですが、裏には小さいですが、リッチ機長単独の写真もあって、ちょっと嬉しい。

日本の公式サイトも、ようやく、作品情報が追加されています。(ここにも小さいですが、ジョディ・フォスターと一緒に写っているショーンの写真があります。)

| | コメント (0)

HoV関連 - 雑誌・ビデオ・ラジオ

sight_and_soundトロントの嵐が通り過ぎたら、9月23日の全米先行公開を控えて、今度は雑誌、TV、ラジオなどのメディアの情報が溢れ出し始めました。
viggo-works にアップされたスキャン画像やビデオクリップを整理してご紹介します。(なお、雑誌記事はネタバレを警戒して、私自身は読んでいません。)

◇ 雑誌 ◇

Total Film  クローネンバーグ監督のインタビュー記事
Hotdog Magazine "Violence is Golden"
Sight and Sound "GOOD GUY BAD GUY" その1その2

RivResさんによると、Sight and Sound の記事はかなりのネタバレで、特に"その2"は重大なネタバレがあるようです。

◇ ビデオ/オーディオクリップ ◇

以下でご紹介するビデオクリップ、オーディオクリップは、必ずご自分のPCダウンロードした上で利用して下さい。
ダウンロードは、Windows系の場合はリンクの上にマウスカーソルを置いて右クリックから「対象をファイルに保存」。 Macの場合はコントロールキーを押しながらクリック(又は数秒クリックしたまま)「リンクをディスクにダウンロード」です。

<HBO First Look 9月12日放送>
viggo-wroksSotBK.net からダウンロードできます。

12分程度の番組で、キャストやスタッフのインタビューをまじえながら、撮影風景や映画からのクリップ映像が紹介されます。映画からのクリップ映像の中には、いままで見たことがないものも結構あるので、ネタバレを避けている方は注意!
撮影風景では監督とふざけているヴィゴとマリアの姿も見られて、内容的にはとても面白いものです。

<The Stephanie Miller Show のラジオ番組 9月13日放送>
4分程度のヴィゴの電話インタビュー。
内容はHoVとは関係がありません。
今回のハリケーンの被害について、ブッシュ政権の不手際に抗議する話題についてです。(Perceval Press でもブッシュに抗議して立ち上がろうとヴィゴは呼びかけてましたよね。)
こちらも、viggo-wroksSotBK.net からダウンロードできます。

そして、これは嬉しいお知らせ。

9月23日(金)の Late Show with David Letterman のゲストとしてヴィゴが予定されているそうです。
Hidalgoのプロモーションの時(2004年3月)に、抱腹絶倒のインタビューがあったのを覚えていますか?

[参考] 2004年3月 Letterman Show
 ビデオクリップ(by SotBK.net)
 日本語訳(Viggo Mortensen Translation Archive)

きっと、また有志のかたがビデオクリップを作ってくださるでしょう。
また、あの時のように楽しい番組になるといいですね。

| | コメント (2)

ヴィゴの誕生日のビデオクリップ

viggo_birthdayHoV公式サイトの、A History of Violence Blog に新しいビデオクリップがアップされました。

今回は、撮影中に迎えたヴィゴの誕生日の時の映像です。

Viggo's Birthday

映画は人間の行動の、ある暗い面を掘り下げているとはいえ、撮影現場の雰囲気にはピリピリした感じはまったくなかった。クローネンバーグは、ヴィゴ・モーテンセンがそれについて重要な役割を果たしたと確信している。「ヴィゴはプロダクションの外交官のようだ。彼は信じられないくらい寛大で、すべての人を巻き込む素晴らしい効果を及ぼすんだ。」とクローネンバーグは言う。エド・ハリスも同意して「ヴィゴはちょっとばかりルネッサンス人なんだ。彼は絵を描き、詩を書き、写真を撮り、少なくとも3つの言語を話す。彼はとても寛大で、本当にこの映画に打ち込んでいたよ。」

このクリップでは、キャストとクルーがモーテンセンの誕生日に彼を驚かせている。この映画でモーテンセンの娘を演ずる、幼いハイディ・ヘイズは、彼に彼女のペットのメンフクロウのルーシーを紹介してお祝いに加わった。

アシュトン君やハイディちゃんを見る眼がほんとうに優しいパパの感じですね。
今回も、えり子さんのところでダウンロードできるクリップを用意してくださっています。(ダウンロード期間は1週間)
えり子さん、ありがとうございます。

| | コメント (0)

North Country 記者会見ビデオクリップ

nc_press_sean3ROGERS Television でストリームビデオが流れていた North County の記者会見。
まめおさんのブログの紹介記事が、あまりに面白いのでとっても見たかったんです。

今朝の8時の回は出勤途中だし、夕方5時は会社で仕事中だし、明日の夜10時まで待たなきゃだめかと思っていたら、Sean Bean Daily でダウンロードできるビデオクリップをアップしてくださいました。(40MBあります。)

【ダウンロードの仕方】 'North Country' press conference 12-Sept 05 のところをクリックして表示されるページの下の方にある、Free というボタンをクリック。次に表示される画面の下のほうで、数字がカウントダウンされていくのが 0 になるまで待つと、ダウンロードできるリンクが現れます。

また、同じ Sean Bean Daily のページから、レッドカーペットのビデオクリップもダウンロードできますし、高解像度の写真もありますよ。

ただし、時間当たりにダウンロードできるファイル容量に制限があるようなので、記者会見のビデオクリップをダウンロードしたら、時間をおく必要があるようです。

| | コメント (0)

North Country 記者会見&プレミア画像

northcountry_press_sean1HoVから息をつく暇もなく、今度は ショーン・ビーンの "North Country" です。

記者会見とプレミアの画像がどんどん出てきていますね。

まずは、記者会見の画像
WIRE IMAGE "North Country" Press Conference ショーンのみ northcountry_press_sean2
WIRE IMAGE "North Country" Press Conference 全体
Getty Images

WIRE IMAGEの画像で右の画像のキャプションが間違っているため、Sean Beanで検索しても抜けてしまうので貼り付けておきます。

northcountry_premiere_sean1続いて、プレミアの画像

WIRE IMAGE "North County" Premiere ショーンのみ
WIRE IMAGE "North County" Premiere 全体
Getty Images

WIRE IMAGEはサムネイルのみ。
Getty Imagesは大きな画像はウォーターマークがはいります。
そのうち、綺麗で大きな画像もネット上にでてくるでしょう。
このグレーのスーツははじめて見るものですよね?

【追記】 さっそく、Sean Bean Daily に高解像度の画像が出てきました。
このDailyの記述によると、プレミアの時はかなり蒸し暑かったようですね。 ショーンも汗だくです。

【追記2】 CSBにも高解像度の写真の一部と、リンク先が載っていますね。ただし、BeanBox はメンバー登録が必要だったと思います。

Yahoo News にも写真がありますよ。
こちらはクリックすると大きな写真をご覧いただけます。

sean050911昨日、アップするのを忘れていた素敵な写真があるので、こちらもリンクを載せておきます。

WIRE IMAGE 2005 Toronto Film Festival - Tastemakers Swag Loungeviggosean2

そして、もう1枚、ヴィゴとショーンの2ショットがあったのでこれも貼っておきますね。

| | コメント (0)

HoV関連ストリーム映像@ROGERS television

tiff_party_sean【追記3】 下記の2つの番組のビデオクリップを、yoyoさんが作ってくださいました。えり子さんのブログからダウンロード先に飛べます。
ダウンロード期間は1週間です。

まめおさんに教えていただいて、9時の中継を見ることができました。

ROGERS television のストリーミング中継で、Rushes というプログラムで、A History of Violence のアフター・パーティーに駆けつけたショーン・ビーンのインタビューが少しだけ流れます。「ヴィゴは good friend だ」って言ってますね。
カメラにむかっておどけるヴィゴも出てきますよ。

30分の番組のうち、だいたい22~23分が経過した頃、ようやくHoVのアフターパーティの話題になります。
同じプログラムは、日本時間の深夜1時、明日の午前6時、午前10時にも流れる予定。

追記2】 どうやら、すでに SotBK.net にダウンロード可能なクリップビデオがあるようです。 Rushes 'after party interview' というのがそうですね。

【追記】キャプチャした静止画像をアップしました。下記のサムネイルをクリックしてください。

tiff_party01stiff_party02stiff_party03stiff_party04stiff_party05stiff_party06stiff_party07stiff_party08s

reel_to_real1また、続けて流れた、 Reel to Real という番組でも HoV が取り上げられて、ヴィゴのインタビューが少し出てきます。
同じ番組は、日本時間で今日の深夜1時30分、明日の午前6時半にも再度流れる予定です。
こちらは、始まって10分少々たった頃だったでしょうか。
【追記】こちらもキャプチャした静止画像をアップしました。下記のサムネイルをクリックしてください。

reel_to_real1sreel_to_real2sreel_to_real3sreel_to_real4s

※補足※  Rogers TV を見るには、上記のリンクから開くほか、 Windows Media Player に直接、下記のアドレスを入れてご覧になる方が、軽くてトラブルが少ないと思います。 http://www.rogerstelevision.com/asx/16/TIFF.asx

| | コメント (6)

ヴィゴのスタジオ撮影写真 in トロント

tiff_portraitWIRE IMAGE に、トロントのスタジオで9月11日に撮影された、A History of Violence のキャストと監督の写真がアップされています。

WIRE IMAGE 2005 Toronto Film Festival - "A History of Violence" Portraits

【追記】 えり子さんに教えていただきました、WIRE IMAGE に上記のカテゴリとは別に、同じ衣装のヴィゴのポートレートがでてました。こちらをチェック

WIRE IMAGE は、登録メンバーでないとサムネイルしか見れませんが、ヴィゴに関する写真については、さっそく Viggo Daily に大きな画像を上げてくださっていますのでそちらもチェックしてください。
【追記】 Viggo Daily のこちらにもありますね。

ヴィゴったら、また違うデザインの、モントリオール・カナディアンズのTシャツを着ています。
トロントでこのシャツを着つづけるなんて、いい度胸ですね。

| | コメント (6)

トロント国際映画祭の画像

トロント国際映画祭(TIFF)の画像がいろいろと出てき始めました。

tiff_press_3TIFF公式サイトの Photo Gallery
記者会見の写真。クリックすると大きな画像を見ることができます。
(時間がたつと、どんどん別の画像が追加されていくと思いますので、NEXT でページを変えて写真を探して下さい。)

WIRE IMAGE 記者会見tiff_press_2
【追記】WIRE IMAGE レッドカーペット
【追記2】WIRE IMAGE アフターパーティー
サムネイルのみ。
hov_party_seanアフターパーティーにショーン・ビーンの写真があります。ヴィゴとの2ショットはないのかしら~
【追記】 と言っていたら、2ショットの写真もでてきました!
viggosean

ヴィゴとショーンの写真の大きなものが2枚、Viggo Daily のこちらに、さらに左の2ショットの高解像度のものが、やはり Viggo Daily のこちらに出ていますので、要チェック。

Yahoo! News
ヴィゴが写っているレッドカーペットと記者会見の写真。

tiff_redcarpet_01娘役のハイディちゃんを抱っこしている写真が可愛いですよ。

さらに、こちらにも記者会見の写真があります。
これも時間がたつと写真が追加されていくと思いますので、右側のサムネイルをスクロールして探してみてください。

【追記】 ようやく Getty Images にも記者会見の画像が出てきました。
【追記2】 Getty Images の大きな画像が viggo-works でご覧いただけます。また、viggo-works のこのすぐ上に、sajazzさん提供のレッドカーペット到着時のヴィゴの写真があります。

| | コメント (3)

トロント国際映画祭の記者会見中継(その2)

tiff_press_conROGERS Television のサイトでストリーミングが流された、A History of Violence の記者会見、みなさんはご覧になれましたか?
ウィリアム・ハートは参加していませんでしたね。(レッド・カーペットの写真にはウィリアム・ハートもいたようですが。)
なごやかな感じの(ちょっとエド・ハリスが脅かしてましたけど(笑))記者会見でしたね。

ROGERS Television のサイトでは、記者会見中継の映像は繰り返し流されるようですので、まだご覧になっていない方は次の時間にチャレンジしてみてください。

<A History of Violence の記者会見>
11日(日)  7:00(現地) 11日(日) 20:00(日本)
13日(火) 15:00(現地) 14日(水)  4:00(日本)
17日(土) 11:00(現地) 18日(日) 0:00(日本)

【追記】 yoyoさんが、記者会見とレッドカーペットのビデオクリップを作ってくださったそうです。えり子さんのブログからダウンロードできますよ。ダウンロード期間は1週間です。
yoyoさん、えり子さん、ありがとうございます。

【追記2】 さらにレッドカーペットのヴィゴのインタビューのストリーム映像を、CTV.ca のサイトで見ることができます。リンク先のページの一番下の方、右側の COOL VIDEO のところに、CTV News Toronto: Jacintha Wesselingh with Viggo Mortensen とあることろをクリックしてください。

【追記2の追記】 こちらも yoyoさんがクリップを作ってくださいました。えり子さんのブログからダウンロードできます。ダウンロード期間は1週間です。
yoyoさん、えり子さん、いつもありがとうざいます。

そして、ショーン・ビーンの名前もあがっている、"North Country" の記者会見中継スケジュールもありますよ。

<North Country の記者会見>

12日(月) 19:00(現地) 13日(火)  8:00(日本)
13日(火)  4:00(現地) 13日(火) 17:00(日本)
14日(水)  9:00(現地) 14日(水) 22:00(日本)

上記のスケジュールの確認は、以下のリンクからどうぞ。
11日12日13日14日17日

最後におまけとして、HoVの記者会見を見ながらキャプチャした画像を載せておきます。
下記の画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。
press_con_11spress_con_12spress_con_13spress_con_14spress_con_15spress_con_16spress_con_17spress_con_18spress_con_19spress_con_20spress_con_21spress_con_22spress_con_23spress_con_24spress_con_25s

| | コメント (4)

トロントのヴィゴ

toronto_viggo_01Viggo-Works のパパラッチのスレッドのこちらこちらに、トロントで目撃されたヴィゴの画像が何枚かアップされています。

買出しの帰りでしょうか、例のモントリオール・カナディアンズのTシャツを着ていますね。

| | コメント (0)

ショーンのインタビュー記事(Psycologies)

psychologiesSean Bean DailyPSYCHOLOGIES という雑誌に載った、ショーン・ビーンのインタビュー記事のキャプチャ画像と、記事の内容をタイプアップしたものが出ています。

このインタビュー記事は、よくあるインタビュー記事と一味違っていてとても面白いんです。
物事はくよくよ考えず、前向きに、気楽に考えるようにしているだとか、でもやっぱりちょっと癇癪持ち(子供の頃から変わってないんですね、きっと)で負けず嫌いのところなどが垣間見えます。
あれでも(失礼!)外見にはいちおう気を配っているんだそうですよ(笑)

まめおさんが前半部分を訳してくださっていますので、ぜひご覧になってください。

【追記】 まめおさんが、後半部分も訳してくださいました。
「最近付き合っている人はいるけど、結婚するわけじゃない。」
本当なんでしょうか?
そして、ショーンの野望は映画でマクベスを演じることなんだそうです。

| | コメント (0)

トロント国際映画祭の記者会見中継

viggo-works で教えていただきました。

ROGERS television のサイトで、トロント国際映画祭関連の映像を24時間ネットで配信しているようです。
9月10日午後8時(現地時間)からヴィゴ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート、マリア・ベロ、アシュトン・ホルムズ、クローネンバーグ監督が参加する記者会見の中継が予定されています。
また、午後9時からは Rushes と呼ばれるいわゆるレッド・カーペットがあります。
【追記】 午後9時(現地時間)はハイライトで、HoVのレッドカーペットの映像は、主として現地時間11:30PM(日本時間 昼の12:30)のようです。

日本との時差は夏時間のため13時間だと思いますので、日本では9月11日午前9時からになると思います。
要チェックですよ。

なお、こちらに9月10日全体のスケジュールが出ていますが、1時間前にはジョニー・デップの名前が出ていたりするので、興味のある方はチェックしてみてください。

| | コメント (2)

CTV Canada AM のビデオクリップ

ctv050909カナダのTV局CTVのテレビ番組 Canada AM にヴィゴとクローネンバーグ監督がゲスト出演しました。

ビデオクリップは、viggo-works の News 9月9日の CTV Video of Viggo and David Cronenberg From Canada AM This Morning のところから、もしくは SotBK.net のHoV関連のビデオクリップのページからダウンロードできます。
出典は CTV.ca のサイトで、Canada AM のところに David Cronenberg and Viggo Mortensen というタイトルでストリーミングビデオがあります。

【注意】 かならず、ご自分のPCにダウンロードした上でご覧下さい。
ダウンロードは、Windows系の場合は該当するリンクの上にマウスカーソルを置いて右クリックから「対象をファイルに保存」。 Macの場合はコントロールキーを押しながらクリック(又は数秒クリックしたまま)「リンクをディスクにダウンロード」です。

内容については、viggo-works の TIFFのフォーラムで Moragさん が書き起こして下さっています。
ヴィゴは、アイスホッケーチーム、モントリオール・カナディアンズ(トロント・メイプルリーフスのライバルだそうです)のTシャツをジャケットの下に着ているのですが、モントリオールの友達が、映画祭の公式Tシャツだと言ったから、などと澄まして言っています。
クローネンバーグ監督も「私たちは結婚しようと思っている」などと爆弾発言を(笑)。
二人とも本当に仲よさそうな迷コンビで、インタビュアーにも「あなたたちはスタンダップ・コメディ(ようするに漫才ですね)をやるといい」と言われています。

【追記】 さっそく、yoyoさんが日本語訳をアップしてくださってます。楽しいインタビューなのでぜひチェックしてください。

| | コメント (0)

HoVの新ビデオクリップ2本

hov_witness_protectionちょっと忙しくてネットのチェックがおろそかになっていたら、続々とHoVとTIFF(トロント国際映画祭)関連の情報が出てきているようですね。
なんとか、追いつけるようにがんばってみましょう。

まずは、A History of Violnece の新しいビデオクリップです。
IGN.com からダウンロードできます。
ダウンロードしたいサイズ・種類を選んでリンクをクリックすると、別窓が開いてCM画像が流れ、下の部分に Right-click here to save という文字が表示されますので、そこを右クリックしてビデオクリップを保存してください。

トレイラーと3種類のクリップがありますが、"Witness Protection"と"He Knows Me" は初めて見るものです。ただし、音声は左側しか入っていないようです。
"Witness Protection" はヴィゴとマリア・ベロが、"He Knows Me" にはヴィゴは出ていませんが、エド・ハリスとマリア・ベロが、既出の "False Alarm" にはヴィゴとアシュトン・ホルムズが出ています。

映画の1シーンそのものなので、ネタバレを避けている方はご注意ください。

| | コメント (0)

HoV の Video Blog に新しいビデオクリップ登場

hov_family"A History of Violence" の公式サイトの Video Blog に "Totally Normal" というタイトルで新しいビデオクリップが追加されました。

この撮影風景のクリップでは、クローネンバーグは彼のキャストたちと、ストール一家の"全く普通の"生き生きとした生活を描写しようとしている。マリア・ベロは言う。「考えや経験についてオープンな監督と仕事をすることは、とても稀だわ。デイヴィッドの脚本は本当にスリムなの。なぜなら彼は俳優たちがそれを膨らませることに興味があって、実際私たちにそうさせるのよ。」

幸せな家族の日常生活のシーンを、撮影後に家族4人と監督でなごやかにチェックしているシーンがご覧いただけます。
ビデオクリップそのものは、viggo-works のこちらからダウンロードすることもできます。
あるいは、えり子さんのところで期間限定でダウンロード可能です。
どちらもえり子さん提供ですね。ありがとうございます。

| | コメント (2)

North Country の新画像

northcountry02ジーナ・ショックから立ち直るために、North Country の新画像をどうぞ。

Sean Bean Daily に North Country の新しい画像が何枚か出ています。
この姿でアメリカ訛りの英語を話すところを早く聞きたいですね。

| | コメント (2)

幸せそうですね

sean_ginaまめおさんのブログで教えていただきました。

ショーンが新しい彼女のジョージーナ嬢と、楽しいひと時を過ごしているパパラッチ写真がいろいろと出てきています。

Sean Bean Dailyにセレクトされた何枚かがあります。
出典は PictureDeskBruno Press
どちらも、"Sean Bean" で検索をしてみてください。

キャプションを見ると、8月の末から今月初めの写真のようですが、着ているものから判断すると、何日にもわたって撮影されているみたいですね。
二人とも、しっかりとカメラに気がついていながら、ほとんど見せ付けるようにキスしたりして....

ショーンが幸せそうなのでいいんですが、でもやっぱりちょっぴりショック。

| | コメント (0)

Perceval Press 2005年冬の新作

vm_lingerPerceval Press に、この冬の新作情報が掲載されました。
その中に、ヴィゴの新作の写真集とCDの情報が出ています。

LINGER
  Viggo Mortensen

新しいヴィゴ・モーテンセンのモノクロ写真と言葉、それは喪失、変化、再生を直視する。LINGERの製作を通して、彼は、そこから彼の周りの世界を見て解釈する確固たる場所を見つけようと奮闘している。この本の中のイメージは、率直に家族、異邦人を扱い、風景は、カメラとノートを持ってただ通り過ぎる亡霊としてあわただしく見物したというより、モーテンセンが最近、余暇を過ごすことができた場所のものだ。とはいえ、時には、これらの新しいイメージの中には、彼の最近の作品を支配している混沌とした抽象も少しある。LINGER は結果としてそうなる物事への辛抱強さの証拠で、その結果として、彼の写真と文章に長らく欠けていた静けさがある。

どうやら、具象的なイメージの写真が主となる写真集&文章のようですね。
上の写真も、写っているのは「アラトリステ」のアウグスティン・ディアス・ヤネス監督。

INTELLIGENCE FAILURE
  Buckethead and Viggo Mortensen

こちらは、おなじみのバケットヘッドとのCDのようです。
他に参加者として、

Travis Dickerson, Henry Mortensen, Walter Mortensen, and Brigit.

とあるのですが、ウォルターはヴィゴの弟さんですよね? そしてブリジットは確かヴィゴの愛犬だったと思うのですが?

| | コメント (2)

鮫の噛み跡

shark-biteSean Bean Daily に掲載された、ちょっとびっくりした画像(トロイからのキャプチャ画像)です。(大きな画像は、リンク先のページの下の方にあるので、スクロールしてください。)

Laura Jackson の Sean Bean: The Biographyによれば、ショーン・ビーンは子供の時に、従兄弟たちと部屋で紙を切って遊んでいてはさみが欲しかったのに直ぐに渡してもらえなくて癇癪をおこしたのだそうです。その時、側のガラスのドアを強く叩いて壊してしまい、割れたガラスが降ってきて彼の太ももに重傷を負わせることに...
その時の傷跡を、ショーン自身は、ふざけて「Shark bite(鮫の噛み跡)」と言ったりしているとのこと。

あれだけ、たくさん肌を見せているショーンですが(笑)、こんなに大きな傷跡が残っているとは、いままで気がつきませんでした。The Biographyを読んだ時から気にはなっていたんですけどね。確かに「鮫に噛まれたんだ」と言って通りそうですね。

| | コメント (4)

Mean Magazine

mean_magazine表紙の画像だけは、しばらく前にアップされていましたが、ようやくヴィゴの記事の全ページのスキャン画像が、viggo-works のニュース・フォーラムに掲載されたのでご紹介します。

【追記】全ページのスキャン画像と書きましたが、その後テキストページのスキャン画像については、Mean Magazine 発行元からの要請により取り下げたそうです。でも写真ページを引き続き掲載することは許可してくださったとか。

Mean Magazine Vol.2.5 September-October

すごくクールな感じの写真ですね。

また、Sachieさんの情報によると、この雑誌はPayPalアカウントを持っていれば、直接発行元から購入することが可能だそうです。
送料・手数料込みで 20.95 USドル(ペイパルにてemailアドレスinfo@meanmag.netへ)
Sachieさんが、わざわざ発行元に問合せてくださったそうです。ありがとうございます。

| | コメント (0)

A History of Violence撮影風景のビデオクリップ

hov_behindsceneA History of Violence 公式サイトVideo Blog に、HoV撮影風景の新しい動画が追加されました。
"Bringing Out The Details" というタイトルの項目の中の、In this clip のところをクリックするとご覧いただけます。

携帯電話で話しながら走るヴィゴです。

このクリップで、監督と俳優は、モーテンセンの役が、彼の家族が危険にさらされようとしていることに気づく、キーとなるシーンを一緒に撮影している。「デイヴィッドは、単純なものは複雑で、複雑なものは単純であるべきだということを理解している監督だ。」とモーテンセンは言う。「彼のストーリーは本当に巧妙で、手際よく整然としている。それは私たちに、それに対処するのは居心地が悪いので、いつもは避けている私たち自身の振る舞いや感情に気づかせてくれる。」

スタートの前に、走り出す勢いをつけているのがなんだか可愛いですね。

| | コメント (0)

"North Country" トレイラー

north_country_sean2CanMag のサイトで "North Country" トレイラーが紹介されています。
実際のトレイラーがある場所はこちらのYahoo Movies
Windows Media Player版と、Quick Time版があります。

そして、Sean Bean Daily からは、このトレイラーをダウンロードすることも可能です。(Quick Time版のみ)
ファイルサイズは 33MBもあるのですが、ショーンが映るのは最後の方の一瞬で、残念ながらセリフはなしです。

| | コメント (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »