« "The Dark" ドイツ版トレイラー | トップページ | "A History of Violence" について気になる5つのこと »

ひねったユーモアのセンスを持つ優雅さ

viggo-works のフォーラムに Starfolkさんが掲載してくださった、PLAYBACK Magazineの記事をご紹介します。
この記事は、クローネンバーグ監督の特集記事の一部で、ヴィゴがクローネンバーグ監督について語った内容となっています。

なお、PLAYBACK Magazineのサイトにも記事が掲載されているようなのですが、ユーザー登録しないと見ることが出来ません。

2005年8月15日
デイヴィッド・クローネンバーグ:優れた才能の歴史

ひねったユーモアのセンスを持つ優雅さ
by Viggo Mortensen

ヴィゴ・モーテンセンは、デイヴィッド・クローネンバーグの新作、A History of Violence の主役、トム・ストールとして注目すべき演技を披露した。

「監督との仕事についての極めて肯定的な感じを、大衆向けの例のごとくのへつらいや、仕事の名声のキャリアを向上させるための恥知らずなおべんちゃらに聞こえないように、言葉にするのは簡単なことではない。

これまでにデイヴィッド・クローネンバーグと共同作業するチャンスを持てたことを感謝している多くの男性や女性たちの中に加われたことはとても幸せだ。最近の20年間余り、私は多くの才能ある人々と仕事をする幸運に恵まれてきた。だが、監督とこのように多くのレベルでやすやすと関係を持てると感じたことはいまだかつて無かった。私たちの最初のミーティングから、コミュニケーションの回線は、敬意を持ってかつ刺激的にいつでも開いていた。

時々、悪天候やどんな撮影にもつきものの他の障害に煩わされて、時間に追われているような時でも、デイヴィッドは決して礼儀正しさと、ひねったユーモアのセンスを失わなかった。他からのインプットや、彼の豊な想像力の謎めいた奥底からの示唆による、その時々の偶発的な出来事によって与えられるどんな瞬間にも、彼は進路を調整するためにオープンのままでいて、完全に準備ができていて几帳面である、まれに見る能力を持っているようだ。この点は、彼の鋭い知性と生まれながらの優雅さだけによるのではなく、いかに彼が彼自身心地よくいられるかと、彼の苦労して手に入れた彼の経験を穏やかに利用する能力によっている。

私は、またいつでも喜んで彼におべんちゃらを言うよ!」

ヴィゴとクローネンバーグ監督が、すっかり意気投合していた様子は、あちこちのインタビュー記事などでも繰り返し述べられていますが、本当に気持ちよく撮影ができたようですね。

|

« "The Dark" ドイツ版トレイラー | トップページ | "A History of Violence" について気になる5つのこと »

History of Violence」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "The Dark" ドイツ版トレイラー | トップページ | "A History of Violence" について気になる5つのこと »