« Comic-Conにクローネンバーグ監督が参加 | トップページ | 「ウクレスでのアラトリステとの再会」(その5) »

ハワード・ショアが、アラトリステの音楽を担当?

viggo-works のニュースフォーラムで教えてもらいました。
以前に、アラトリステの音楽を、エンニオ・モリコーネが担当するかもしれない、というニュースをご紹介しましたが、エンニオ・モリコーネの線はなくなり、今度はハワード・ショアが担当するかもしれない、とのニュースです。

BSOSpirit の6月24日のニュース英語版

英語版のニュースを元に、翻訳してご紹介します。

ハワード・ショアとキャプテン・アラトリステ

BSOSpiritの情報源は「アラトリステ」製作陣営が、このスペイン映画の音楽についてエンニオ・モリコーネとの交渉を打ち切ったことを確認した。この映画はヴィゴ・モーテンセン主演で、アルトゥーロ・ペレス・レベルテの国際的なベストセラー小説を原作としている。

その後、実際のところ映画製作側は、映画音楽のためにハワード・ショアを雇用することを交渉中であることが確認できた。モリコーネとの話し合いが不成立になって、ヴィゴ・モーテンセン(作曲家の友人)がショアの名前を推薦した。

製作側は、カナダ人作曲家が原作の小説を読み、デモ音楽を作曲して来月の半ばにはプロデューサーに披露する予定であることを認めた。

アメリカ人作曲家(実際はカナダ人だが)の選択は、この映画のポストプロダクションがスペインではなく、アメリカで行われるであろうということと直接関係している。ヴィゴ・モーテンセンに加えて、ハワード・ショアがこのプロジェクトに係わることは、この製作陣営が期待する、アメリカの映画市場に売込むための餌となるであろう。

メイクのホセさんに続いて、またもヴィゴの推薦なんですね。LOTR、HoVに続いて、ヴィゴの映画にショアが曲を作る、という関係が実現すると素敵ですね。
それにしても、ポストプロダクションがスペインではなくて、アメリカで行われるというのは初耳です。スペインの映画界の人たちは、不満に思っていないのでしょうか?

|

« Comic-Conにクローネンバーグ監督が参加 | トップページ | 「ウクレスでのアラトリステとの再会」(その5) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Comic-Conにクローネンバーグ監督が参加 | トップページ | 「ウクレスでのアラトリステとの再会」(その5) »