« カンヌ映画祭公式サイト中のHoVのページ | トップページ | カンヌ映画祭いよいよ開幕 »

アラトリステの画像あれこれ

viggo-works に gellamさんがヴィゴ・アラトリステの雑誌記事のスキャン画像を投稿してくださいました。
画像をクリックすると、さらに大きな画像でご覧いただけます。

横向きですが、アラトリステに扮したヴィゴの姿の全身なので、衣装の細部も、剣の細部もよくわかります。
タリファかカディスでの撮影時のものですね。
また、この記事の文章の部分のスキャン画像は、こちらでご覧いただけます。

【追記】 さっそく、astarloaさんが英訳してくださいました。
ほとんど全部、これまでにどこかで読んだような記事ですが、ヴィゴがらみのところを訳して見ました。

「この役は、(撮影を)離れても忘れることは難しいと思うよ。」と46歳のモーテンセンははっきりと言った。キャプテン・ディエゴ・アラトリステと彼の友人の、もっとも危険な冒険は黄金を満載したガレオン船の襲撃だった。その撮影はカディスの海岸で行われた。

- ヴィゴ、どうやって17世紀のスペインの騎士の役を物にしたんですか?
「まず最初にやったことは、プラド美術館に行ったんだ。そこで黄金時代の絵を見て、どんな風に衣装を着てるかを知って、自分の役をより良く作り上げ、その時代を感じようとしたんだ。」

- スペイン語を学んだことがあったんですか?
「何年かアルゼンチンに住んでいたので、すでにスペイン語は知っていたんだ。でも、仲間のおかげで毎日新しい言葉を覚えているよ。それにこっちでサッカーのサポーターにもなったんだ。」

なぜ外国人俳優がスペイン人役に選ばれたのかという質問がされた時に、ヴィゴは少々気分を害したものの、監督が彼を弁護してコメントした「スペインにも背が高くてブロンドの男性はいました。たぶん彼みたいにハンサムじゃなかったかもしれませんが...」

さらに、これは以前にも見たような気もするのですが、viggo-works のこちらにも、アラトリステ撮影中の画像が2枚あります。やはり紙媒体からのスキャン画像のようですね。

また、Diario de AT に5月1日の記事がアップされて、そこにもヴィゴの写真が1枚掲載されています。
前にも同様な写真がありましたが、レオンのTシャツに、なぜかブーツだけがアラトリステというスタイルのものです。(記事の内容とは関係がないみたいです。)

【追記】こちらの記事の内容は、Sachieさんのサイトで紹介されていますので、そちらをお読みください。祝日なのにお仕事たいへんでしたね。

|

« カンヌ映画祭公式サイト中のHoVのページ | トップページ | カンヌ映画祭いよいよ開幕 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンヌ映画祭公式サイト中のHoVのページ | トップページ | カンヌ映画祭いよいよ開幕 »