« カンヌ映画祭 各賞の結果 | トップページ | A History of Violence カンヌ映画祭関連 リンクリスト »

カンヌ映画祭記者会見

カンヌ映画祭が終わって、なんだか気が抜けたような感じですが、yoyoさんのサイトに、、カンヌ映画祭の公式サイトにあったビデオクリップから、A History of Violence の記者会見の訳が掲載されていますのでご紹介します。(日本語訳は estelさん)

カンヌ映画祭:記者会見 2005年5月16日

ウィリアム・ハート、マリア・ベロ、ヴィゴの三人は口をそろえて、クローネンバーグ監督が、非常に俳優を信頼し、彼らの自主性やアイディアを尊重して作品を共同で作り上げようとしてくれると言っていますね。
しかも、ただ俳優にまかせるのではなくて、ちゃんと監督としてやりたいことは確固としたものがあって、ただそれにたどりつく方法や手法は俳優たちにある程度まかせる、というスタイルのようです。
ヴィゴたちのように、非常に才能があると言われている俳優たちが、こぞって一緒に仕事をしたい監督として名前をあげるわけですね。

他にもyoyoさんのサイト Viggo Mortensen Translation Archive には、カンヌ関係の訳や、ビデオクリップがたくさん紹介されていますよ。

|

« カンヌ映画祭 各賞の結果 | トップページ | A History of Violence カンヌ映画祭関連 リンクリスト »

History of Violence」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

毎日毎日、情報UPありがとうございました。
たくさんありすぎて、追っかけるのが大変で、
うれしい悲鳴でした。
賞レースの方は、
なかなか評判どおりとはいかないようで、
残念でした。
日本での配給は決まったんでしょうか?
予告編だけでなく、本編の方も早く見たいですね。

投稿: プリムラ | 2005.05.24 02:18

プリムラさん
いつも読んでくださってありがとうございます。
今のところ、日本での公開が決まったという情報は出ていないようですね。
アメリカ公開予定が9月30日ですが、日本でも何とか年内に公開してくれると良いのですが。

投稿: punkt | 2005.05.25 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンヌ映画祭 各賞の結果 | トップページ | A History of Violence カンヌ映画祭関連 リンクリスト »