« カンヌ映画祭 HoVプレスキットより(その1) | トップページ | A History of Violence プレスキットより(その2) »

ヴィゴの別の新作のウワサ

先日、ヴィゴがアビラの聖テレサの映画に参加するかもしれないというウワサをお伝えしましたが、また別の新作のウワサが出てきました。

viggo-works で教えていただきました。
comingsoon.net の5月11日の記事より

ヴィゴの参加がウワサされている作品のタイトルは "Killshot"
監督は「恋に落ちたシェイクスピア」のジョン・マッデン
他のキャストとして名前が挙がっているのは、ダイアン・レイン、ミッキー・ローク、ジャスティン・ティンバーレイク だそうです。

ストーリーは、ある女性と彼女のブルーカラーの夫が、悪者たちによって計画されていた恐喝を、偶然見つけてから、2人の殺し屋のターゲットになる、といったスリラー。

ダイアン・レインとの再共演が見られると嬉しいですね。
ストーリーは、なんだか A History of Violence にも似通ってるような気もしますが。

【追記】 Sachieさんのサイトと、えり子さんのブログで、この話の出所および背景の解説をされていますので、そちらもご覧ください。俄然、信憑性のある話になってきましたね。

|

« カンヌ映画祭 HoVプレスキットより(その1) | トップページ | A History of Violence プレスキットより(その2) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。ダイアン・レインさんとの再共演も楽しみで実現してほしいです。でもこのストーリーですと、人気のあるティンバーレイクは殺し屋の一人???。
 新作情報は、どこでどう転ぶかわからないので「クールに期待」しておくのがいいんでしょうか。


 「ナルニア」の今日12日付けの記事がありました。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200505/gt2005051203.html
>サンケイスポーツほか世界各国の主要メディアに公開された

 とあるのですが、「世界各国の主要メディア」に「サンスポ」が入ることに違和感を感じるのは・・私の偏見??

 ティルダ・スウィントンの「白い魔女」が楽しみです。「コンスタンティン」も大天使ガブリエル役の彼女目当てで見に行きました(^^)

投稿: mizea | 2005.05.12 22:16

今朝の時点では、ウワサっぽかったんですが、Sachieさんが調べられたソースによると、かなり本気にしてもいいかもという雰囲気になってきました。
そんなわけで、私もちょっと調べてみました(笑)
原作者のElmore Leonardの公式サイトにもニュースがあがりそうです。
http://www.elmoreleonard.com/

ナルニアの予告編は、もう普通にテレビで流れていますね。何といっても、先週末の土曜日、ムービープラスの番組内でフルバージョンが流れたのを見てびっくり!ネット解禁前ですよ。

投稿: えり子 | 2005.05.12 23:06

mizeaさん
ナルニア情報ありがとうございました。
やっぱり、
>サンケイスポーツほか世界各国の主要メディアに公開された
には、ちょっと苦笑してしまいますね。
まだ、誰がどの役とは書かれていないようなので、もうちょっと詳しい情報が出てくるまで、模様眺めですね。

えり子さん
おお、急に信憑性のあるニュースになってきましたね。
カンヌでの発言が出典とのことなので、映画への出資をつのるための、魅力的な配役、といった段階なのでしょうか?
ナルニアの予告編、そんなフライングがあったんですか?
まだまだ先のこととはいえ、こちらも楽しみです。

投稿: punkt | 2005.05.12 23:53

私は夜にヴィゴ関連サイトめぐりをして、いつも一番初めにあけるグーグルのニュース検索で、ばーっとカンヌ関連とこのことに関する記事がたくさん出ていて、「新作の件でも、カンヌって出ている。うむむむ」と、英語が苦手な私は自力解読をとっとと放棄し、翻訳して紹介してくださるサイトさんに走ったのでした。
 えり子さん、原作者サイトご紹介ありがとうございます。たぶん「ほぼ内定」は間違いなさそうなかんじなので、近々ニュースがあがりそうですね。

 ちょっとした話ですが。
 ネット上にフリーの翻訳サイトがあって、複数ありますが同レベルの低レベルで、以前は「viggo」は翻訳結果でも「viggo」のままだったんです。 でもこの前久しぶりにしてみたら「ヴィーゴ」と出てきました! アメリカ式発音?(石橋氏式?)だと思いますが、ちゃんとカタカナになって!
 出てくる頻度が多いとバージョンアップの時に入力されるのかなと思います。ちょっと嬉しかったのでした。
 

投稿: mizea | 2005.05.13 00:09

 のーんびり書いて返信したら、punktさんがレスされていた~。 失礼しました。
 「カンヌだからこそ、あまり不確定なことはしゃべらないだろう」と思えます。

 ナルニアは指輪とほぼ同時期に読みましたが、指輪のほうが断然好きで・・でも、もちろん映画は楽しみです。

投稿: mizea | 2005.05.13 00:17

mizeaさん
映画製作の方は、ほぼ内定(ただし資金が集まれば)だと思いますが、キャストの方はまだまだ油断がなりませんよ。
資金調達が目的で、新作プロジェクトの発表をする時は、資金が集まりそうなキャストで発表するのが常なので、まだまだ紆余曲折があると思ったほうがいいと思います。

ナルニアは、私が小学生の時の一番の愛読書でした。
指輪は中学生の時以来の一番の愛読書。
ナルニア原作は子供向けですからね、やはり大人になってからは指輪の方が断然好きですが、ナルニアはやはり思い入れのある作品です。

投稿: punkt | 2005.05.13 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンヌ映画祭 HoVプレスキットより(その1) | トップページ | A History of Violence プレスキットより(その2) »