« El Alamoの撮影現場でのヴィゴ | トップページ | ウナクス・ウガルデのインタビュー »

LOTRミュージカルのオーディションに2000人

CANOE Jam! Theatre の4月9日の記事より

トロント発 - ブロードビュー通りに面したエストニアンハウスの外の駐車場から私道に、2000名のホビット、オーク、エルフ志願者が、サウロンのゴンドール襲撃準備の大群のように列をなした。

3月26日にご紹介した、LOTRミュージカルのオーディションの続報です。

キャスティング・ディレクターのステファニー・ゴリンによれば「私たちはホビットたちを演じられる人として、素晴らしい個性があって、歌が歌えて、身長が5フィート7インチ(約168cm)以下の人たちを探しています。」とのこと。そして、ショーはとても身体的な能力を要求されるものになるので、身体的な能力も持った人である必要があるそうです。

また、容姿端麗で声の美しい男性を、レゴラスかアラゴルン役に探しているとのこと。
女性はアルウェン、ガラドリエル役として、美しい声 - 上品で澄んだヴィブラートのない声の人を探しているそうです。

ゴリンさんは、オペラ座の怪人、クレイジー・フォー・ユー、ライオン・キングなどでもオーディションの仕事をしてきたそうですが、こんなに参加者が多いのは初めてだとか。
2000名のうち450名ほどは、少し前にあったバンクーバのオーディションにも参加した人で、参加者のうちのかなりの人々が、どうやら、とてもじゃないけど無理、という人たちだったようです。

何としても、LOTRミュージカルに参加したい! とか、あわよくば何か役を、という気持ちも解るんですが、映画のエキストラと違いますからね(笑)。まだ、モントリオールのオーディションが残っているので、こちらも大変な騒ぎになるのでしょう。

|

« El Alamoの撮影現場でのヴィゴ | トップページ | ウナクス・ウガルデのインタビュー »

LOTR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« El Alamoの撮影現場でのヴィゴ | トップページ | ウナクス・ウガルデのインタビュー »