« Diario de León 4月18日の記事 | トップページ | HoVワールドプレミアはカンヌで »

HoV カンヌ映画祭参加が正式決定

カンヌ映画祭の公式サイトに、コンペティションに参加する20作品が発表されました。
ヴィゴが主演の "A History of Violence"  はコンペティション参加作品のほとんどトップ(オープニング作品の次)にリストアップされています。
上映時間は1時間30分なんですね。

カンヌ映画祭は5月11日~22日。
HoVも、パルムドールを目指して、頑張ってもらいたいものです。

|

« Diario de León 4月18日の記事 | トップページ | HoVワールドプレミアはカンヌで »

History of Violence」カテゴリの記事

コメント

 日本のスポーツ紙サイトの「カンヌ映画祭コンペ作品が決定」に関するニュースでは、小林政広監督の「バッシング」と、特別上映の鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」くらいしかとりあげてなかったです。しょうがないけれど残念。

 CNNでは、しっかり取り上げられていましたが「ヴィゴ・モーテンセンとエド・ハリスが主演した」となっていました。あら? 実際のところは、わかりませんけれども。
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200504200015.html

 本家サイトをチェックしてみようとしましたが、なぜかひらかなーいので、あきらめました。

投稿: mizea | 2005.04.20 18:51

mizeaさん
CNNの記事は、私も読みました。
おお、日本語のニュースだ!って思ったんですが、エド・ハリスも主演?
原作のコミックを読む限りでは、エド・ハリスも重要な役ですが、やっぱり主演はヴィゴなんですけどね。

投稿: punkt | 2005.04.20 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Diario de León 4月18日の記事 | トップページ | HoVワールドプレミアはカンヌで »