« カディスのサッカー場のヴィゴ | トップページ | HoV カンヌ映画祭参加が正式決定 »

Diario de León 4月18日の記事

diario_leon20050418sViggo-Works の ニュースフォーラムに、Diario de León の Miguel A. Nepomucenoさんが送ってくれた4月18日の Diario de León の記事のスキャン画像がアップされています。
Viggo-Works の画像をクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。
記事に使われている写真は、"ヴィゴを探せ@タリファ" でご紹介した写真です。

Miguel A. Nepomucenoさんは、以前にご紹介した、"Diario de León 3月20日の記事"(スキャン画像についてはこちら)を書いた記者で、大のヴィゴファンだと思われます。

Viggo-Works に paddyさんが英訳してくださった記事が載りましたので、その英訳を手がかりにご紹介したいと思います。

レオンの旗と共に

ひょっとして、彼の言葉をまだ疑っている人がいるかもしれないが、ヴィゴ・モーテンセンは私たちに、いつでも、どこでも、彼のアラトリステのルーツはレオンだと思い出させることは良いことだと伝えてくれているようだ。無効にできない証拠として、この地で予定されていたシーンの撮影終了後に、撮影クルーと一緒にフランドル船ニクラスベルゲンに乗っている、このタリファの昨日の撮影時の写真がある。レオンの旗を剣の上に広げ、カディスC.F.のスカーフを先端につけて、たとえこの地から何千キロも離れているといえども、キャプテン・アラトリステは「愛国心の表明」のどんな機会も逃さない。「できる限り戻ってくるよ。」と、彼は最初の訪問の際に言っていた。そして聖金曜日(訳注:今年は3月25日)に彼は約束を守った。アストリアスに向かう前に、クルエーニョを遡り、彼の友人達に会って仲間達とワインを飲み、一緒に写真を撮るために、もう一度バルデテハに行った。

翌日の3月26日に、ヴィゴはアストリアス地方のカンガス・デ・オニスで目撃されていますから、この時の話ですね。

クルエーニョのマス

「私は、クルエーニョみたいに綺麗な川でマス釣りをするのを楽しみにしてるんだ。撮影が終わったら、行って運を試してみるよ」とアメリカ人俳優は言った。彼は今回は Barrio Húmedo で、彼の言うところの"姪っ子"と一緒に"ユダヤ人を殺した"(訳注:レオンのスラングで、お酒を禁じられている聖週間にレモネードを飲むことのようです)。このカリスマ的な俳優の性格のもっとも面白い点は、彼がレオンでレオン出身を誇るだけではないことだ。このような肩書きを誇りたがる人々の間では自慢するのに、別の場所ではそれを恥じるというのはよくあることだが、アストリアスで、マドリッドで、サラマンカでそれを誇り、エル・アラモかタリファでは、大きな文字でレオンの名前が書かれているのが見て取れる、黒いTシャツを着てサインをしているのが目撃されている。Fitur(国際観光フェア)だって、この土地にそこまではしてくれない。

LOTRを撮影していた時、彼の同僚たちは、アラゴルンの役になりきるために彼はニュージーランド中を剣を離さずに歩き回ったとコメントし、オーシャン・オブ・ファイヤーの撮影中は乗馬ブーツを脱がず「その靴を履いてみたことがない人のことは、決して理解できない」と言われることを実践した。アラトリステでは、セットの内外で見られる彼の印象的な口髭に加えて、彼が選んだ出身地のバルデルゲロスを自慢して見せている。

カディス、セビリヤ、ウベダや、他のアンダルシアの町が撮影地に選ばれている大金のかかった映画の中に、昔の王国(訳注:レオン王国のこと)を示すシーンが1つもないとはいえ、彼のここでの存在は、このような写真のおかげで、レオンの名前が五大陸のあらゆるウェブサイトに現れる大きな助けになっている。UPL(英訳注:レオンの地方主義政党)でさえ、これより優れた大使を夢見たことはなかっただろう!

確かに、この五大陸からもはずれた極東のブログでも、レオンと何回書いたことか(笑)
それもこれも、Miguelさんが素敵な記事を書いてくれて、それを親切にもヴィゴファンに提供してくださったり、paddyさんが英訳してくださるからなんですよね。

|

« カディスのサッカー場のヴィゴ | トップページ | HoV カンヌ映画祭参加が正式決定 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

Punktさん掲示板への書き込み有難うございました。
早速きました。そして…スミマセン記事を読んで初めてヴィゴが剣にレオンの旗をつけていたことを知りました。
Miguelさんの記事はヴィゴへの愛情たっぷり。
読んでいるこちらも嬉しくなってしまいます。
私のサイトでもpunktさんの訳を紹介させて下さいね。
いつも有難うございます。

投稿: Miki | 2005.04.20 21:48

Mikiさん
いらっしゃいませ。
Miguelさんは、どうやってレオンの人々にヴィゴの素晴らしさを伝えようかと、ものすごく力を入れた記事を書いてくれていますよね。
ヴィゴファンの世界的なネットワークにも気がついていて、せっせと記事を提供してくださるのも嬉しいことです。

投稿: punkt | 2005.04.21 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カディスのサッカー場のヴィゴ | トップページ | HoV カンヌ映画祭参加が正式決定 »