« NOW MAGAZINE 2月2日号 | トップページ | カディスに3000人以上が押し寄せる »

ヴィゴの名前の由来についての考察

Viggo-Works-Forumに、スウェーデン人の Estelさんが、ヴィゴの名前の由来についての考察を書かれています。
Estelさんに、日本語に翻訳して紹介する許可をいただいたので、ご紹介します。
<追記> Estelさんにメールで補足してもらって、翻訳ミスに気がついたので、一部修正しました。

Gilraen さんが、HoVのスレッドに書かれた

ところで、Mortensen とか Mortenson というのは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンの名前で、Morten(戦の神のMarsから来ている)の息子という意味です。Viggoというのは、戦いという意味の言葉(vig がそうなのかな?)から由来するということを前に読みました。っていうことは、この人は、アラゴルン、そしてもちろんアラトリステを演ずるために生まれてきたようですね。
(訳注: HoVのスレッドでは、ヴィゴが演ずる、Tom Stall と 原作上の名前 Tom McKenna について、その由来や、(先祖の)出身の国がどこと考えられるか、といったことを皆さんがあれこれ考察しています。)
というのを受けての、Estelさんの詳しい解説です。


私が持っている、スウェーデンとデンマークの名前の本、などの出典によれば、Mortensen はデンマーク語/ノルウェー語で、Martin の息子になります(スウェーデン語だと、Mårtens(s)on もしくは Martins(s)on)。
Morten は中世のデンマーク語で Martin のことで、Morten も Martin も現在のデンマークでも使われます。Martin はおそらく、戦いの神である Mars に由来すると思われますが、確証はありません。
Viggo は、Saxo Grammaticus(訳注:1200年頃のデンマークの歴史学者・聖職者)がラテン語化した、古代スカンジナビア語の Vigge で、Vig-ではじまる名前の短縮形となります。Vig は戦いを意味し、現代のスウェーデン語でも、一騎打ち、決闘という意味の envig という言葉に残っています - この envig は古代では、正しい者は神がついているので必ず勝つと考えられていたので、訴訟の判決のために用いられました。
vig という言葉は、敏捷な、しなやかな、といった意味の形容詞 - 例えば体操選手を描写するのに使う - としても用いられます。スウェーデン人としての私(古い言葉および名前に夢中だって認めるのよ!)にとって、vig との関連は明白なことですが、この vig をデンマーク語でも使っているかどうかは分かりません。ヴィゴは以前にあるインタビュー(どれだったかは覚えてない)で、自分の名前がどんな意味なのかを調べるのに何年もかかったと言っていました。彼は、なにか vik(湾、フィヨルド)とか、Viking(バイキング)に関係があると思っていたようです。バイキングが彼に合ってないというわけではありませんが、彼は私が持っているのと同じ本にはたどり着いていないようですね。
最初に Viggo Mortensen という名前についてよく考えるようになってから、ずっと、どうしてこんなに戦闘的な名前なのに、ハリウッドで最初から武人・闘士としてタイプキャストされなかったのかと不思議に思っています(笑)


ファーストネームもファミリーネームも "戦い" に関係がある名前なんですね。
大変、男らしいというか... そういえば、以前に、どこかのインタビューで、ヴィゴ自身が 「Viggo というのは、現在では、ちょっと古風な名前なんだ」と言っていたのを思い出しました。
日本で言うところの、男の子には武運長久を願うような名前、という感じなんでしょうか。

|

« NOW MAGAZINE 2月2日号 | トップページ | カディスに3000人以上が押し寄せる »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

とても興味深く読ませていただきました。
(その2)とあわせてTBさせていただきました。
ありがとうございます^^

投稿: aya | 2005.02.03 17:51

ayaさん
リンクとトラックバックありがとうございました。
ヴィゴの名前の話は面白いですよね。
きっと、ヴィゴ自身もこうい話題は好きだと思いますよ。

投稿: punkt | 2005.02.03 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NOW MAGAZINE 2月2日号 | トップページ | カディスに3000人以上が押し寄せる »