« 東劇でのLOTR SEE版上映日程 | トップページ | ヴィゴのビデオクリップ、オーディオクリップを集めたサイト »

「LOTRから学んだこと」と「イライジャの写真」

下の「森で迷子になった話」で取り上げた、The Book LA のヴィゴのインタビュー記事からの一部抜粋訳の第2段です。

Q:"Lord Of The Rings" で論文を書き、原作本と映画についてすべてを知っている人たちがいます。 "Lord Of The Rings" は人生の偉大なメタファーを含んでいるという彼らに同意しますか?

ヴィゴ:私が気づかさせられたことの中で、最も価値あることの1つは、思いやりの重要性だ。寛容さの重要性だ。特に、あなたが理解できない、あるいはあなたとは違う人々に対してが重要だ。もっとも小さな人の問題への理解も。私達がレストランで座って、思いやりや謙遜や、偏見がどんなに悪いことかについて話していて、ウェイターが来たとしよう。そこで「あっちへ行ってくれ、今は話で忙しいんだ。君は見えないのかい?」とあなたが言ったら、そう言ったことですべては台無しになってしまう。だから、これはメリーとピピンがお互いにどう話していたかという問題であり、私がどう息子を扱うかという問題であり、私がウェイターや、すべての人とどう関わるかという問題なんだ。これは、一人一人の人の行動とどう反応するか、コミュニティーを作るもの、社会を作るものなんだ。これは分かりきったことだが、他に何があるだろう - これが、あの話が私達に語っていることだ。

多くのインタビュー記事で、ヴィゴは同様の趣旨の発言をしていますが、レストランの喩え話は、口ばかりでなくて、常日頃の態度こそ大事というヴィゴの信念が良くわかる話ですね。

Q:あなたが撮ったこの素晴らしいイライジャ・ウッドの写真ですが - これは2番目の映画の後だと思うんですけど...

ヴィゴ:モノクロの? あれは早い時期だったよ、雪の中のでしょう? これは99年の11月だった。
私たちは、お互いにまだ良く知らなかったんだ。でも今見ると、ほとんど彼はこれから何が起こるか、将来を見越しているように見えるね。

Elijahここで言及されている、ヴィゴが撮ったイライジャの写真(左の写真のことだと思われます)は、とても良い作品なのであちこちで目にしていますが、ヴィゴが撮影に参加して間もない頃の写真だったんですね。(ヴィゴが撮影に参加したのは99年の10月半ば過ぎ)

|

« 東劇でのLOTR SEE版上映日程 | トップページ | ヴィゴのビデオクリップ、オーディオクリップを集めたサイト »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東劇でのLOTR SEE版上映日程 | トップページ | ヴィゴのビデオクリップ、オーディオクリップを集めたサイト »