« マリア・ベロのインタビュー記事 "A History of Violence" について | トップページ | Bladesマークに注目 »

ウナクス・ウガルテのインタビュー記事 "Alatriste" について

メキシコのニュースサイトに、メキシコを訪れたウナクス・ウガルテにインタビューした記事(1月19日付け)が掲載されましたが、その中に "Alatriste" に言及した箇所があったので、ご紹介します。
(原文のスペイン語からネットの機械翻訳で英語にしたものを読んでの抜粋&意訳ですので、とんでもない間違いがあるかもしれませんが悪しからず)

今のところ、メキシコ人のキャストは参加していないが、1~2ヶ月のうちに、ヴィゴ・モーテンセン、エレナ・アヤ、ハビエル・カマラと、ウナクス・ウガルテが参加して撮影が開始される。 ウナクスは、ヴィゴ扮するアラトリステの親友の息子である、イニーゴを演じる。

「イニーゴはアラトリステの全ての冒険に同行するんだ。物語はイニーゴの父親とアラトリステが共に戦いに参加して父親が殺されるが、死ぬ前にアラトリステに息子を託すところから始まる。
アラトリステがマドリッドに戻り、彼の名付け子、弟子となったイニーゴとの関係がはじまる。
アラトリステは暇な時には刺客のようなことをする剣士なんだ....」とウナクス

キャプテン・アラトリステは、17世紀のスペインを冒険とフィクションで描写している。撮影は4ヶ月間、マドリッド他、アンダルシアの多くの場所でロケが行われる予定。

ウナクス・ウガルテ扮するイニーゴは、アラトリステと親子のような、師匠と弟子のような、密接な関係を持つ役のようです。原作の本では、常にイニーゴの語りの形で物語は進んでいくのだとか。
ヴィゴと素晴らしいコンビを組んでくれることを期待したいと思います。

|

« マリア・ベロのインタビュー記事 "A History of Violence" について | トップページ | Bladesマークに注目 »

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

punktさん、こんにちは。ウナクス君とマリア・ベロのインタビューを、私のブログでリンクして紹介させていただきました。いつもありがとうございます。
ウナクス君が語ってくれた、アラトリステとイニーゴの関係は、何だかわくわくしますね。ヴィゴとウナクス君が画面に醸し出す雰囲気に期待します。
マリアのインタビューからは、いったいどんな作品になってるんだ〜、とドキドキです。精神的にかなり苛酷なシーンのようですが...胃が痛くなりそう。

投稿: えり子 | 2005.01.20 18:25

えり子さん
リンクで紹介してくださり、ありがとうございます。
aHoV撮影中のヴィゴは、ちょっとやつれたように見えましたが、やっぱり精神的にきつかったんでしょうかね。
観るのがつらい映画にならないことを祈ります。

投稿: punkt | 2005.01.20 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリア・ベロのインタビュー記事 "A History of Violence" について | トップページ | Bladesマークに注目 »