« WETA のプレビュークリップ ~ナルニア~ | トップページ | ショーン・ビーンの新作映画情報 »

こころ暖まる映画2本

今日は、残ってしまった年休の消化も兼ねて、午後、会社を休んで映画を2本観て来ました。
どちらも、優しい気持ちになれる映画でとっても良かったです。

まず、1本目は
「舞台よりすてきな生活」
ケネス・ブラナーが子供嫌いで皮肉屋、かつては売れっ子だったけど最近はスランプ気味のイギリス人劇作家の役を演じていますが、これがなんとも可笑しい。
映画全体に、ウィットがあふれていて、ちょっぴりシニカルな感じが素敵です。
少女エイミー役の子役がまたとっても上手。 インディアンの踊りを披露するところは、ほんとうに可愛らしいです。
あっちこっちで、クスッとさせられて、ちょっとほろ苦くて...でも、心が暖かくなりますよ。
ケネス・ブラナーは、十数年前にヘンリー5世を見たときの印象が強烈に残っています。
シェークスピアのあの長台詞も、すぐれたシェークスピア役者が滔々と述べ立てると、実に耳に心地よいものだと思ったことを覚えています。ケネス・ブラナーって、ショーン・ビーンとRADAで同期生だったんですよね、確か。

2本目は
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
オマー・シャリフが扮するイブラヒムおじさんの笑顔を眺めているだけで幸せな気分になれます。
コーランの教えに裏打ちされた、イブラヒムおじさんの素朴で暖かい人生哲学。
世の中、こんな人がもっと増えたら、民族紛争なんておきないのに、と思わされます。
Hidalgoより、こちらの映画の方が先に作られた作品なんですね。
この映画が公開されてから、急にオマーへの新作のオファーが殺到するようになったんだそうですが、納得できます。だって、本当に魅力的ですもの。

どちらの作品も、機会があったらぜひ、ご覧になってください。 お薦めです。
しかし、この2本の映画を合わせたのより、ROTK SEE版の方が、30分以上長いんですよね....

|

« WETA のプレビュークリップ ~ナルニア~ | トップページ | ショーン・ビーンの新作映画情報 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こちらには、はじめておじゃまします
宜しくお願いします

さて、KENちゃん、お誕生日ですね!
私、今ではショーン・ビーンにどっぷりですけど、昨年のKENちゃんのお誕生日には、まだショーンを知らなくて、KENちゃんオンリーでした。

さて、「舞台より素敵な生活」どんな映画だろうか、早く観たい!と思っておりました。私の所で見られる日が来るのを、首を長くして待っております。
良い映画のようで、よかった~。(^_^)

投稿: ひるで | 2004.12.16 00:45

ひるでさん、はじめまして。
まめおさんのところなどで、お目にかかっております。
ようこそいらっしゃいませ。

KENちゃんのお誕生日、過ぎたばかりでしたね。
映画のプログラムの中で、トロント映画祭の時の記者会見記事が載っていて、その中で子役の子と一緒に、年齢と将来やりたいことに返事をしてたのがお茶目です。
その時に歳を39才って返事してたので「えぇ~? さば読んでる!」と思ってしまいましたが、この映画のアメリカなどの公開は2000年だったんですね。ハリポタより前なんだ。
ひるでさんが、KENちゃんファンならば、絶対におすすめですよ。
へたれおじさんの魅力全開です(笑)
あちこちで、客席から、クスクス笑いが聞こえてくるような映画です。

これからも、よろしくお願いします。

投稿: punkt | 2004.12.16 11:01

はじめまして、鈴笙亭と申します。
勝手ながら、私のBlog「Kenneth Branagh探検隊」の企画として、
ケネス・ブラナーに関するエントリーを発掘・紹介する、
『爆撃トラックバック』の対象とさせて頂きました。
不都合等ございましたら、お知らせ下さいませ。

投稿: 鈴笙亭 | 2005.03.15 12:15

鈴笙亭さん、はじめまして
トラックバックと、ブログでの楽しい紹介ありがとうございます。
KENちゃんは、今でも気になる俳優さんの一人なんですよ。

投稿: punkt | 2005.03.15 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WETA のプレビュークリップ ~ナルニア~ | トップページ | ショーン・ビーンの新作映画情報 »